ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

IMG_4961


先日のタコ狙いで集寄の効果は実証済み。

なんせ、集寄を付けた途端にタコが釣れ出したんだから。





前回は中古のくたびれた集寄を使用して9匹も釣りあげたんだから、新品を使えば釣果倍増と信じて疑わぬ。
当然新しい集寄を手に入れようと画策するのであるが…1つ400円前後と意外とお高い…。


ん?待てよ…そういえば小生が乱雑に仕掛けなんかを放り込んでいる「なんだかよく分からない仕掛けBOX」の中に集寄っぽいのがあったような…。


探してみると果たしてあった。

IMG_5059
例のごとくいつから存在している物か分からんが、おそらくヤフオクでジャンク品をまとめて落札した時の一部であろう。


だが、130cmは少々長い。

小生が使用している竿が165cmである。
せめて50cmほどには収めたいところ。


となれば…自作しかあるまい。

参考にする集寄は

これは全長30cmだからかなり使いやすい長さ。


単価目標は1つ400円。
上記のヤマシタやOWNERの集寄が400円ちょい。それ以下に抑えるのだ。



まずは100均にレッツゴー!!


とりあえず使えそうな物をピックアップしていく。

IMG_5032
まずはビーズ。
うん?意外に量が少ないな…足りるかしらん?
保険で色違いをもう2袋購入。


このようにビーズ単体で販売しているものももちろん使えるが、ヘアバンドに使われているビーズも流用できる。

大きめなビーズがついたヘアバンドも購入したのだが、写真を撮る前に娘によって分解され目ぼしいビーズは奪われてしまった…。

ともあれビーズは十分な量を確保。



こちらは
IMG_5057
その名も「ホログラムちよがみ」。

こいつも娘が非常に欲しがったので、赤だけ小生が使うことにして残りは娘用とした。


材質は紙ではない。出してみるとよく集寄に使われているヒラヒラと同じ材質である。
つまり水に浸かっても破れたりしないということ。

ちなみにこのちよがみ、まともに折れない。
う~ん、本来の機能を果たしてないような気がするが大丈夫か?
果たして娘が「お父様…これは折り紙ではありません…」と悲しそうな顔をしている。

「すまんな。これは折り紙ではなくタコヨセヒラヒラという大人が使う物なのだよ」と訳の分からんことを教えてやったら、神妙な顔をして頷いておった。
小3なりに何かを理解したのであろう。


あとは釣具コーナーに置いてあるバス用の「スピナーベイト」からブレードのみを流用。



お次は釣具屋にて
IMG_5053
こいつを購入。パニックベイトというのが正式名称らしい。ちなみにタチウオ用である。




こいつ達を
IMG_5060
ナイロンラインに通す。
ちなみに集寄をリーダー代わりに使用するつもりなのでジギング用のショックリーダーを使用してみた。


で完成形がこちら。

IMG_5061
下が水深10m前後の浅場用で全長40cmほど。
光が届いているレベルの水深で使う想定なのでキラキラひかるような視覚に訴えるパーツを多めに使用している。


上が水深30m以上の深場用。
全長60cmほどで光が届かないレベルの水深バージョン。
キラキラよりも音や振動でタコを寄せる効果を狙っているのだが、同時に潮が速い時にも使用するつもり。


実は前回の釣行時、後半になるにつれ少しずつ潮が速くなっていったのだが、集寄が潮に引っ張られる感覚があった。
おそらくヒラヒラが抵抗になっていたのであろう。

という訳でできるだけ抵抗が少ない集寄を作ったつもりである。
これでもラインが引っ張られるようであればブレードを外すか、そもそも集寄を付けないかであろう。
そこらへんは状況により判断したい。


ちなみに上記の理屈が合っているのかどうかはタコさんしか知らぬ。
釣れないからといって苦情はいれないように。




さて気になる制作経費であるが…

上記2点で
・ビーズ108円×3
・スピナベブレード108円×2
・ちよがみ108円
・パニックベイト424円
合計1,072円。
1つ平均536円…。

ありゃ、割高になったぞ….本末転倒ではないか。


う~ん、集寄ばかりは市販品の方がコスパ的に良いかもなぁ。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5017

先日のタコエギ初挑戦で大いに味を占めた。


どれぐらい味を占めたかというと、6月までで空いている日全てにタコ狙いの予約を入れてしまったほど。



現状で3回の釣行が確定しているので、この全てを現在保持している3つのエギで攻略するのは困難と判断し、新たなエギを導入することにした。

無論、新卒エギ採用できる資金力がある訳はなく、全て中途エギ採用である。


リクナビならぬヤフオクで採用をかけたところ、中古エギ35点セットを格安で採用できた。

なんでも漁師網に絡まっていたエギだそうで、そういう意味では実績ありのエギ達であろう。


まさしくキャリア採用である。


ただ、数々のタコどもと戦ってきたと思しきエギ達であるゆえ、ある者は錆びつき、ある者の針は曲がり、またある者はアイすら失っておる。



この壊れかけの勇者たちを再び戦えるようにするのが今回のミッションである。



さて、届いた荷物を開封。

IMG_5016
う~ん、予想以上にクタビレ感が強い…。

よほどブラックな環境にさらされていたのであろう。




ひとつひとつ点検して

IMG_5022
左の6点がそのまま使用出来ると判断、右の4点はボディに割れなどがあり修繕不可能と判断した物である。


残念ながら右の4点は不採用通知を出し、左の6点については正社員雇用を行うことにした。


さて、残りの25点であるが…
IMG_5020
こちらの17点がフック及びアイの修理のみで使用可能な物、


IMG_5021
こちらの8点がフックの錆びを取れば使えそうな物達である。

合わせて25点については修理次第なので今のところ研修社員登用である。

修理し試用期間を経たうえで採否の判定をしようと思う。




さてここからが本題。


まずはこちら。
IMG_5027
一見すぐに使えそうなエギであるが…ペンチでフックをひねると簡単に

IMG_5028
こんな状態に。

これではせっかくタコが掛かってもフックごとバイバイしてしまう。


ちなみにシンカー部分に「SUMIZOKU」と印字されたエギはほぼこの症状。



墨族さんはアオリ用のエギでも非常に有名かつ優秀なメーカーさんなので、フック部分の強度テストなど当然やられているはずである。

であれば海底に沈んでいたという事実が接続部の劣化を引き起こしているのか。

まぁ、普通は根掛かりしたエギを再利用するなんて想定はしていないはずなので、墨族さんに否がある訳ではない。



さてこのフック部分、
IMG_5030
ゴミをとって

IMG_5029
100均のエポキシボンドを

IMG_5031
塗り塗り。

IMG_5037
元通り差し込んで、継ぎ目にもボンドを山盛り塗って

IMG_5051
硬化させればこの通り。

立派に使えるエギへと復活である。




IMG_5035
お次はアイの修復。


100均を探した限りでは
IMG_5033
こいつに入っていた

IMG_5034
このヒートンが最小であった。

エギのアイにするにはかなり大きなヒートンなのであるが、タコ相手に限ればアオリのように細かい部分を気にしなくても良いと思うのでこれをブチ込むこみ、同じようにエポキシを塗ったくって終了。



さて、問題はこいつらである。

IMG_5038

IMG_5039
フック自体が折れていたり、動いてしまう物が少なからず…。


こちらは圧着シートをめくって

IMG_5049
半田ごてで再構築することにする。


と思っていたのだが…コツが全くつかめず断念。

どうしても3本同時にハンダを付けることが出来ぬのだ。


IMG_5050
しょうがないのでダブルフックにしてお茶を濁すことに…。

中には2本針のエギもあるので大丈夫であろう。



最後はフックの錆び取りである。

これはロードバイクの錆び取り経験がいかされよう。

ロードバイクの錆び取りの場合、サンポールにドブ付けするという荒っぽい手段を取るのであるが、今回は繊細なフックであるのでもうちょっと優しい錆び取りを行うことにする。


なんだかもったいつけているが非常に簡単。
IMG_5024
お酢に漬けるだけである。

なんだか皆で温泉に入っているようで楽しそうじゃないか。



意外に効果絶大でわずか1時間ほど漬けただけで

IMG_5025
これが

IMG_5026
ここまでぐらいにはなる。


小生の場合、一晩漬けておいたがまぁまぁ綺麗になった。
一晩漬けて落ちない錆びはそもそも侵食が激しいので研修社員登用ではなく補欠採用ぐらいの立ち位置で頑張ってもらおう。

ちなみに、お酢の欠点は匂い。
部屋で一晩漬けておくと家族はもとより己の鼻までもげてしまうので外で漬けておくことを強く勧める。



という訳で初めから不採用としていた4つを除き、
IMG_5052
31個を何とか使えるレベルまで直すことができた。


元から持っていた3つと合わせて総計34個。

とりあえずはこれで戦いに挑むとしよう。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_4978


前日のマダコ釣りで思いがけず9匹も釣ってしまった小生、



帰って娘に自慢しておったら「私も釣りたいのです!!」などと言い始めた。


と言われてもなぁ。


船タコのようなパワーゲームは小3の女の子には厳しかろうし、何よりも2人で13,000円の釣代が小生の財布の中にない。


「タコは力がいるから、海岸から投げる釣りにしようか。もう暑いぐらいだから足ぐらいは海に入れるぞ」と言葉巧みに目先を変えることに成功。


かくして2019年5月12日、キスが釣れているという須磨・千守突堤への釣行とあいなった。

IMG_4996
この突堤、JR須磨駅から歩いてすぐだし、北側線路沿いから行けばエサ屋さんもあるので非常に便利なのである。


しかも整備が進んでおり、旧和田防赤灯台のそばには

IMG_5003
非常に綺麗なトイレが新設されており、子供や女性にも優しい釣り場へと変貌しておる。
※画像右が赤灯、真ん中の茶色の建物が旧トイレ、左のフェンスに囲まれているような白い建物が新トイレ。




という訳で朝9時頃に到着、冒頭の画像のようにまるで夏のような光景である。

河口突堤のすぐ東側では
IMG_4979
地引網のイベントが行われており、


そのイベントが終了した途端に
IMG_4986
なんだかスゴいアクティビティが始まる。


須磨一文字と海岸の間をジェットスキーが走り回り、ジェットスキーに引っ張られたバナナボートから黄色い歓声があがる。

なんだ、ここはどこぞのリゾートか。



昼に近づくにつれ海岸に人が増えていき、ビキニはいないものの上半身裸のマッチョが多数出没。

なぜ裸?
なぜマッチョ!?

先ほどの新設トイレの隣のベンチ付近には特に多数のマッチョが群れておった。

マッチョ好きなご婦人は是非堪能されたし。

残念ながら小生は黒焦げマッチョに毛ほどの興味もない。
どちらかというとグラマービキニギャルを群れさせて欲しいものである。



もう海開きしたか、と思われるような千守、小生と娘はイソイソと釣りの準備…と思いきや、
IMG_4980
河口を覗き込んでいた娘が

「お父様、貝殻拾いをしてよろしいか」

とのたまう。



なんだ、君が釣りをしたいと行ったから来たんだぞ、という言葉を飲み込んで

「いいよ~。ズボンは濡らさないようにね~」

などと優しい返事をする。

小生だって娘には嫌われたくないのだ。


娘と一緒になって河口付近を覗きこんでいると
IMG_4991
ん? こんな季節にハクか?
いや違う。なんと、キスの群れである。

しかも結構デカい。



急いで仕掛けを作り近場にちょい投げ。

河口付近は藻場が形成されているので、そのフチをゆっくりサビいてくると



プルプル


ン!?もしや…

IMG_4989
そうは簡単にはいかねぇやな。



IMG_4994
その後のアタリはことごとくコイツでキスはさっぱり。


細君を迎えに行く都合で14時頃に納竿としたが、フグとハオコゼばかりでまともな釣果はゼロであった。



釣果はお寒いものであったが、
IMG_5006
人出はご覧のとおり。



初夏の陽気がそうさせるのか笑顔があちらこちらでこぼれており、まぁ釣れなくてもこんなゆったりした気分になれるのならそれもアリだな、と思える1日だった。


ちなみに我が娘、釣りそっちのけで河口付近で遊びまくり、なんとカニをゲットしておった。

釣りはほとんどしなかったものの、本人は非常に満足できたらしい。


うん、パパもうれしいぞ!!




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ