ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として船釣りメインにたまには波止にも?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

IMG_6956
今年の冬はジギングもタチウオも調子が悪い。

昨年や一昨年の好調ぶりの方がおかしいのではあるが、やはり冬でも何か釣りたい。
そこで小生でも釣れそうな狙い物を4つピックアップ。

①ショウサイフグのカットウ釣り
②ヒラメの泳がせorルアー
③意地でもジギングで青物
④まさかのトンボ(ビンチョウマグロ)ジギング



④は三重・志摩沖の釣り物で、黒潮が蛇行している年限定。
ここ数年がちょうどその蛇行している年にあたっているそうだが、なんせ片道4時間、交通費も含めると2諭吉さん以上が飛んでいくお金持ちな釣り。
貧乏な小生としては最後の選択肢となる。


という訳で1月某日、比較的お手軽な①ショウサイフグのカットウ釣りへ。
小生の記憶が正しければ、東京方面の金沢八景だとか浦安だとかの沖で人気の釣りなはずである。
それが関西でも人気に火が付き始めているそうな。
もちろんそんなミーハーな人気に乗るわけがない小生、しっかり人気にあやかって明石の某丸に予約。

IMG_6958
真冬というのに鏡のような海。
ここまで波がないのはきっと小生の日頃の行いが良いせいである。


淡路の西、かなり南まで下ったポイントで釣り開始。

釣り方の仕組みは単純。
真ん中の大き目の針にエビなどのエサを刺して釣るのだが、魚を掛けるのはこの針ではなくその下にある掛け針。

ハゲ掛けの変形バージョンと言えば分かりやすいか。

IMG_6955
ちょっと見にくいが上針に刺したエサで誘い、下に吊るした掛け針でフグを掛ける。
ちなみに上部のオモリみたいなのはタイラバのシンカー。
竿やリールはカワハギ用を使うので、他の釣りから流用してくれば比較的安上がりなのも魅力。

だがしかし、かなりテクニカルな釣りで釣り人の経験とワザの差が顕著に出る釣りと言えよう。


IMG_6960
はい、予想通りそんな経験やワザがある訳なく、たった2匹で終了…。

船を降りたあと、調理師免許を持った方が皮や内臓をとってくれて食べられる部位のみを渡してくれる。

家に帰って、一応テッサ風に…
IMG_6963
パン皿に盛ってこれだけ…嗚呼さびしい…。



さすがにこれでは家族に申し開きができぬ。

2月某日に今度は②のヒラメの泳がせ釣りへ。
IMG_6969
まだ夜も明けきらぬ午前5時頃、相生周辺から出船。

IMG_6972
朝陽が昇る、これまた鏡のように凪いだ海。
よっぽど日頃の行いがいいんだろうなぁ。
鏡のごとき水面を走ること2時間。

IMG_6982
着いたのはなんと小豆島周辺。ああ遠いなぁ。

泳がせるエサは
IMG_6979
なんと銀兵。
アジやイワシではないんだねぇ。


無風で非常に釣りやすい中、今か今かとアタリを待つこと8時間、15時頃まで頑張って…まさかの…完全ボーズ…。

帰りも2時間かけて相生へ…そこから車で2時間かけて家へ…。
ボーズだと疲れが一層身に沁みますなぁ…。



もう家族の視線が痛すぎて細君の顔をまともに見れぬが、小生だって一家の大黒柱である。
元々無いに等しい威厳を取り戻すため、2月某日、今度は③のジギングへ。

明石周辺は壊滅的な状況なので、長駆して友が島の南へ。
なんと冬の美味、クログチも一緒に狙うそうである。

この日もポイントまで片道2時間なので、明石港を5時に出船。
IMG_6991
冬の明石は幻想的ですな。

IMG_6992
月明りの中を走りに走って
IMG_6993
友が島水道の南へ。

IMG_6995
この日も見事な凪。

真冬だというのに海況だけはいつもいいんだよなぁ…。



で…釣果は…


…まさかの完全ボーズ…。



2連続釣果なし…。




いやぁ、冬とは言え、ここまで厳しいとは思わなんだよ…。



残りの選択肢はまさかの④トンジギ(トンボジギング)…。

2万円以上かけてボーズだったら…いや、無理だ、細君が恐ろしすぎる…。

今年の冬は船を諦めて、大人しく波止釣りにしておこう…。






にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

yahuoku
言わずとしれたオークションサイトの草分けである。

小生も数々の釣具をこのサイト経由で購入しておるが、どれぐらいお得なのか実際に購入した物で比較してみよう。



今回、小生が狙ったのはタチパターンでつかうオフショア用のメタルジグ。
所謂「シルバーロングジグ」というやつだ。


正月の福袋で

 250gまでのジグはゲットして満足していたのだが、よくよく考えてみると明石海峡の激流アタックでは300g以上が必要になる場合もある。
300gのジグとなると1本2,000円以上もするのでそうそう何本も買えるものではない。


という訳でヤフオクをチェック。

ちなみに「メタルジグ」とか「ロングジグ」などのキーワードだと無数にヒットしてしまう。
なので「シルバーロングジグ」とかなるべく詳細なキーワードで検索するのがミソ。

あと、釣具などの小物は単品で落札すると送料がバカにならない。
ジグ1本落札して500円の送料を取られるよりも、10本セットで出品されているものを落札して800円ぐらいの送料を払った方が相対的にお得なのだ。

IMG_6928 (2)

すると、だいたい3~5本ほどまとめての出品物がヒットしてくる。
例えばこの中で狙うとすれば3段目の商品あたり。
重さにもよるが3本で1,000円、送料無料ならば全然アリなのだ。

ただ、ヤフオクはメルカリなどとは違い「オークション」形式である。
欲しい人が複数いれば値は釣りあがるので注意が必要。


で、小生が見つけたのがこちら。
IMG_6927 (2)
なんとシルバーロングジグ200~330gの13本セット。
これが1円スタートで出品されておった。
問題はこれがどこまで値上がりするのか…。


概算だがamazonで新品を購入すると
ナガマサ330g×2本…5,280円

ナガマサ280g×1本…2,420円
ナガマサ250g×1本…2,255円
ナガマサ230g×1本…1,749円
ナガマサ200g×1本…1,672円
フラットソウリー300g×1本…1,000円
フラットソウリー250g×1本…1,000円
→amazon取り扱いなし…エイトでだいたいこれぐらいの価格。
ルンゴ300g×2本…2,400円
ルンゴ270g×1本…1,200円
ルンゴ250g×1本…1,200円
→amazon取り扱いなし…マックスでだいたいこれぐらいの価格。
ジグパラヴァーチカル200g×1本…1,045円


全て合計すると21,221円。
あら、結構なお値段じゃないですか。

ヤフオクでは新品も出品されてはいるが、今回のは中古メインのお品。

物や程度にもよるが、半値の10,000円くらいであればお得と言えるのではないだろうか。


ちなみにちなみに…
これを小生がいくらで落札したかというと…
IMG_6930 (2)
まさかの6,500円。
税金と送料900円を合わせても8,050円…。


中古とはいえ、なんと約62%引きでゲットである。
考え方ではあるがナガマサの300g前後3本分の値段で200g以上のジグを13本購入できたことになる。
重さを考えず平均化すれば1本620円ほど。
う~ん、ヤフオクマジック!!


ちなみに中古の度合いであるが、届いた商品は
IMG_6923
こちら。

パッケージに入っているものは無論新品であるが…中古品も十分使えるレベル。

明石海峡の激流アタックで使うのであれば、これらのジグは「消耗品」扱い。
なんせ、ひと流し目、第1投着底の瞬間に根掛かりも珍しくない。
海の中に入れていたのは数秒間で2,000円前後がさようなら…。

であればできるだけお安く手に入れるのがベターであろう。


ちなみにちなみに。


今回の落札価格は小生の経験上、かなりお得な落札価格である。
おそらくこのウエイト・カラーを10本以上セットで落札するのは限定された地域のアングラーであろうし、かつ今はシーズンオフと言える状況。なので競合が非常に少なかったと想定される。

逆に言えば、ニッチな商品をシーズンオフに購入しておくのがヤフオクの正しい使い方と言えよう。


今がシーズンオフと言えば…
タコエギなどを探してみれば意外とお安く手に入れられるかもしれぬぞ。






にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_6917
前回、極寒にも関わらず釣果を出せて味を占めた小生、

調子に乗って1/17に再挑戦してきた。


何故って…前回の1/10以降、名田屋さんのノマセが好調で竿頭5~6匹程度が連日続いていたからである。
ここまで好調であれば小生だって5匹ぐらいは釣れると信じて疑わぬ。
年末にジギングで痛い目にあってることなんてすっかり忘れている小生、我ながら能天気なもんである。




さてさて1/17当日…
IMG_6913
うわぁ…極寒のうえに暴風だよ…。
おかしいなぁ…日頃の行いはブッタやキリスト並みに良いはずなんだけどなぁ。
なぜか波は低いものの、船が走ってない状態でも帽子を飛ばされそうな勢い。


IMG_6912 (2)
この日は中潮で動きはまずまず。

ただ…
IMG_6911 (2)
水温は11度を若干下回って厳しい状況は継続中。


とはいえ、11度で安定しているので釣行中に極端に下がらない限りは相手をしてくれるメジロさんもいるはず。


IMG_6919 (2)
ノマセのエサはご覧のとおりのアジ。
名田屋さんではアジが釣れなくなる季節になるとサビキで釣りに行かずに出船前に販売してくれる。
前回も今回もアジ釣りはせずにノマセに行けたのだ。
小生はアジを釣る時間がもったいないと思う方なので、このシステムはありがたい限り。


この日の潮は南東から北西に向けて流れる潮。
対して風は北西から南東に向けて暴風状態。
つまり、船と仕掛けは真逆に流れていくことになる。
本来は潮と仕掛けが同調して流れていくのが望ましいのであるが、同調どころか全く反対向きに流れて行ってしまうのだ。

水深30~40mでオモリは70号、落としてすぐは底がとれるのだが、根掛かりを避けるために少しでもオモリを浮かせるとアッという間に底を見失ってしまう。
次に着底させようと竿先をさげても底がとれない。

こりゃ困ったぞ。
青物釣りは底を頻繁にとりなおして初めて成立する。
底がとれないと青物に全くアプローチできないのだ。

試しにオマツリに用心しつつ少しずつラインを出して行くと、なんと15m先で底が確認できた。
1回底をとって、1mほど底を切り、再度着底させるまでに15m流されるのである。
1度底を切ってしまうと仕掛けがどれぐらい浮いているのか確信がもてなくなる。
これは乗合船では厳しい。

トモもしくはミヨシ側からポイントに入っていく場合だと15mなんてラインを出せる訳もなく、きっちり底をトレースできるのはドテラで払い出し気味に流されている時だけということになる。



こういう場合はどうするか…
無理にラインを出せばオマツリ必死(実際に底がとれてない方はオマツリだらけだった)、底をとらなければアタリは拾えない…。

もう風が弱まるのを祈るのみである。


海の状態は
IMG_6917
ああ、とうとう白波が立ち始めたよ…。



でもでも、1日中暴風が吹き荒れるなら船止めになっているはず、とプラス思考で考えてみる。
若干でも風が緩む瞬間があるのであればそのタイミングで全集中…
と思っていたら9時前にその瞬間がやってきた。

全く風が無くなる訳ではないが、なんとか底がとれるレベルに。


ヘタクソなりに底をトレースしていると…
IMG_6915
ああ、やっと出た。

なんとかボーズ回避である。


その後も風がおさまる瞬間を狙って
IMG_6921
メジロサイズばかりを3匹確保。

やっぱり底をとってナンボなんだねぇ。



この日はミヨシの方が釣果がよかった。
それもそのはず、ミヨシであれば潮下に釣り人がいないのでいくらラインを出してもオマツリする気配はない(風向きが変わって船をたてなおしたりしたら一瞬でマツるけどね)。

今までは頑なに「トモ有利」と思っていたが…ノマセに関してはミヨシの方が有利なのかしらん。


次回はミヨシで頑張ってみようと思った小生であった。


ちなみに、この日のメジロも
IMG_6922
激ウマ!!

刺身、しゃぶしゃぶ、ヅケ、全てが旨かった!!!!!






にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ