ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

釣りに行けない週末は雨が降っていることがほとんどなので、必然的に屋内に籠ることになる小生。

何をやっているかと言えば、だいたいの場合が仕掛け作りか釣具の修理である。


釣具が壊れた場合、ほとんどの方が思い浮かべるのが「壊れた」→「直せない」→「新しいのが買えるぞ!!」→「うれしい!!」のパターンであろうが、小生小遣いが少なく「壊れた」→「直す」→「悲しい…」の選択肢しかないのである。


で、今回の患者であるが
IMG_3527
穴釣りロッドである。
ヤフオクで2,000円もしなかった代物であるが、そう易々と廃棄はせぬ。
直せるものはトコトン直すのである。

長さ130cmだった竿だがテトラにぶつけてしまい、すでにトップガイドが消失。
2番ガイドがトップ代わりになっているので120cmほどになってしまっている。
調子はやや硬くなったものの、特に支障がなかったためそのまま使用していた。

ところがだ。

気が付けばガイドの数がえらく少ない。よくみると2~4番を残して5番と6番のガイドが無くなっていたのである。

上から無くなるのなら分かるが、なぜに元竿側が?しかも2つも…。


なぜかは分からぬが無いものはしょうがない。ついでだから1つガイドを増やしてしまおう。


さて、ここで修理に必要な物だが、当然ガイドが必要である。
エイト玉津に行ってみたらすぐに見つかった。
IMG_3524
10個ほど入って154円である。安すぎて逆に心配になる価格である。
エイトさん、毎度ありがとうございます!!
今回3個使ったのであと7個残っている。あと2回は修理できる計算である。
こころおきなくテトラにブツけられるというものだ。


で、直してみた。
IMG_3529
我ながら完璧である。
もうロッドビルダーとして生きていけるレベルである。
調子に乗って会社を辞めて妻子が路頭に迷うパターンである。

いきなり完成図を見せられても読者諸兄も戸惑うことであろうから、順を追って作業を見ていただこう。なお、完全に独自のやり方である。これを真似て竿が壊れたり大物を逃がしたりしても小生にクレームを入れないように。


IMG_3537
まずはガイドを置きたいところに瞬間接着剤を塗布。
あくまで仮止めなので少量でOK。

IMG_3538
すばやくガイドを置く。
ここでガイドの位置が本決まりするので注意のこと。

IMG_3539
あやっ!!ピンぼけだ…
糸でガイドのフット部分を巻いていく。
釣具店で専用の糸を売っているが、ガイドより高かったりするので小生は細君の裁縫箱から拝借した。
糸のうえから瞬間接着剤を塗布するだけでもOKかと思うが、小生はもうひと手間かける。

IMG_3540
必殺!グルーガンの登場である。
グルーガンとはなんぞやという諸兄はググッてくれたまえ。
ああ、ゴロが良くて小生は満足である。
これでグルーを糸の上に塗布するとさらに強度が高まる。

ちょっと真面目に書くと、瞬間接着剤は硬化するため曲がりに弱い。
竿は曲がってなんぼなので必然的に割れに繋がってしまうのである。
反面、グルーは硬化すると言ってもやや柔らかさが残る。
竿の曲がりに追従できるレベルの柔らかさのため、保護材料としてうってつけなのだ。

とりあえずだが修理は終了。あとは実釣で試すのみだ。
今週末は晴れそうなので早速使ってみよう。


※穴釣りロッドのような安価な竿での話しです。
 磯竿や船竿、ルアーロッドなどはちゃんと専門店に修理を相談してくださいね~。





今回の大雨、思った以上にひどいことになってしまいました。
被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

知り合い家族が広島にいまして、そのご家族は無事だったんですが送られてきた画像をみると…見るも無残な街が写っておりました…。
車も水没したそうで、なんともはや言葉のかけようもありませんでした。

神明間は被災地のような状況ではありませんでしたが、JRと山陽が止まってしまい帰宅困難者が続出しました。
須磨~舞子間を雨の中歩く人の多さにびっくりしました。しかも風も強かったため傘が壊れてズブ濡れの若い女性がいたり、途中2か所ほど水が溢れて膝下まで濡れながら歩いたり…。

高速も通行止めだったようで国道2号線が大渋滞で車も元町~垂水間の長い距離で大渋滞。
帰宅に5時間以上かかった人もいたのではないでしょうか。

今回の件、とても大きな教訓になりました。

特に私たち釣り人は雨を甘く見ないようにしないと。

皆さま初めまして!!


まずは自分の備忘録代わりに最近の釣行結果です。

来年の自分よ、これを見て参考にするように!!




2018年6月17日(日)
場所:和田防 西の赤灯
時間:10時~21時(半夜)
釣果:ガシラ+ムラソイ合わせて50尾ほど(20尾くらいリリース)
釣法:穴釣り→JH
水温:20度前後
天候:晴れで昼間は風強し、夕暮れから無風に
IMG_3484




2018年6月24日(日)
場所:和田防 西の赤灯
時間:10時~21時(半夜)
釣果:メバル2尾、アナゴ1尾、ガシラ+ムラソイ合わせて30尾ほど(10尾くらいリリース)
釣法:穴釣り→JH→胴突き
水温:20度前後
天候:晴れで昼間は風強し、夕暮れから無風に
IMG_3509




2018年6月30日(土)
場所:和田防 西の赤灯
時間:17時~21時(半夜)
釣果:グレ1尾、ガシラ20尾ほど(5尾くらいリリース)
釣法:穴釣り→JH→胴突き
水温:20度前後
天候:夕立直後、ほぼ無風、20時半くらいから再び雨
IMG_3515

沖向きテトラで穴釣りをすると8割くらいの確率でムラソイが来ます。
夕方ぐらいから内向き5m先くらいの駆け上がりをJHで狙うと
ほぼ100%の確率でガシラ。
なんでなんでしょうね~。沖と内で住み分けてるんかな。
この5m先のラインを浮き釣りで流しておられる常連さんは入れ食い状態です。


僕のこの時期の和田防半夜パターンは
10時~夕暮れ…ひたすらテトラ穴釣りで数稼ぎ
夕暮れ~日暮れ…内向き駆け上がりをJHでガシラのサイズ狙い
日暮れ~21時…胴突きでメバル、グレ狙い(のはずがガシラ多し…)
です。
17時便でしか渡れない時は穴釣りを省略(暗くて穴が見えないし)。

和田防のガシラは船釣りで釣ったみたいにすごい綺麗な赤色をしてるので大好きです。
ガシラは青イソメの胴突きでもOK。ゆっくり落としていくとメバルやグレが混じります。
この「ゆっくり落とす」が肝心なので、5.4mのメバル用ノベ竿+2号おもりを使っています。

梅雨真っただ中、すんごい雨が降っているので今週末の釣行はお休み…。
梅雨が終わると水温がぐんぐん上がるのでメバル、ガシラは減ってくるかなぁ…。
タチウオシーズンまでタコでも狙うかな。
ああ、釣りに行きてぇなぁ…。

このページのトップヘ