ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車・自転車釣行をメインとしたブログです。でも最近は船釣りメインに移行気味!?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

IMG_4978


前日のマダコ釣りで思いがけず9匹も釣ってしまった小生、



帰って娘に自慢しておったら「私も釣りたいのです!!」などと言い始めた。


と言われてもなぁ。


船タコのようなパワーゲームは小3の女の子には厳しかろうし、何よりも2人で13,000円の釣代が小生の財布の中にない。


「タコは力がいるから、海岸から投げる釣りにしようか。もう暑いぐらいだから足ぐらいは海に入れるぞ」と言葉巧みに目先を変えることに成功。


かくして2019年5月12日、キスが釣れているという須磨・千守突堤への釣行とあいなった。

IMG_4996
この突堤、JR須磨駅から歩いてすぐだし、北側線路沿いから行けばエサ屋さんもあるので非常に便利なのである。


しかも整備が進んでおり、旧和田防赤灯台のそばには

IMG_5003
非常に綺麗なトイレが新設されており、子供や女性にも優しい釣り場へと変貌しておる。
※画像右が赤灯、真ん中の茶色の建物が旧トイレ、左のフェンスに囲まれているような白い建物が新トイレ。




という訳で朝9時頃に到着、冒頭の画像のようにまるで夏のような光景である。

河口突堤のすぐ東側では
IMG_4979
地引網のイベントが行われており、


そのイベントが終了した途端に
IMG_4986
なんだかスゴいアクティビティが始まる。


須磨一文字と海岸の間をジェットスキーが走り回り、ジェットスキーに引っ張られたバナナボートから黄色い歓声があがる。

なんだ、ここはどこぞのリゾートか。



昼に近づくにつれ海岸に人が増えていき、ビキニはいないものの上半身裸のマッチョが多数出没。

なぜ裸?
なぜマッチョ!?

先ほどの新設トイレの隣のベンチ付近には特に多数のマッチョが群れておった。

マッチョ好きなご婦人は是非堪能されたし。

残念ながら小生は黒焦げマッチョに毛ほどの興味もない。
どちらかというとグラマービキニギャルを群れさせて欲しいものである。



もう海開きしたか、と思われるような千守、小生と娘はイソイソと釣りの準備…と思いきや、
IMG_4980
河口を覗き込んでいた娘が

「お父様、貝殻拾いをしてよろしいか」

とのたまう。



なんだ、君が釣りをしたいと行ったから来たんだぞ、という言葉を飲み込んで

「いいよ~。ズボンは濡らさないようにね~」

などと優しい返事をする。

小生だって娘には嫌われたくないのだ。


娘と一緒になって河口付近を覗きこんでいると
IMG_4991
ん? こんな季節にハクか?
いや違う。なんと、キスの群れである。

しかも結構デカい。



急いで仕掛けを作り近場にちょい投げ。

河口付近は藻場が形成されているので、そのフチをゆっくりサビいてくると



プルプル


ン!?もしや…

IMG_4989
そうは簡単にはいかねぇやな。



IMG_4994
その後のアタリはことごとくコイツでキスはさっぱり。


細君を迎えに行く都合で14時頃に納竿としたが、フグとハオコゼばかりでまともな釣果はゼロであった。



釣果はお寒いものであったが、
IMG_5006
人出はご覧のとおり。



初夏の陽気がそうさせるのか笑顔があちらこちらでこぼれており、まぁ釣れなくてもこんなゆったりした気分になれるのならそれもアリだな、と思える1日だった。


ちなみに我が娘、釣りそっちのけで河口付近で遊びまくり、なんとカニをゲットしておった。

釣りはほとんどしなかったものの、本人は非常に満足できたらしい。


うん、パパもうれしいぞ!!




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_4976


という訳で前回の道具調達編に続き実釣編である。




釣行日は2019年5月11日、特に意識はしていなかったのだが潮はタコの釣りやすい小潮周り。
しかも快晴微風で波もほぼなし。

タコエギ初体験としては絶好の日和である。



4月中旬から予約していたこともあり、呼び出しは3番目、1番船の大ドモをゲットすることができた。
ただタコ釣りでトモが良いのかどうかは分からぬ。

単にガシラと同じようにトモから流していくのであればトモ寄りが有利だろうと思ったのだが、よく考えてみたら、昔の手釣りの時は波の影響を受けにくい胴の間が有利だったような気がする。

どうも記憶が薄いので、まぁ席の優劣は気にしないようにしよう。


IMG_4957
という訳で朝日が昇る明石海峡を疾走する。
嗚呼、いつ見ても大ドモからの景色は爽快じゃ。


ガシラ狙いであれば淡路島の松帆沖水深50~60mあたりを狙うのだが、今回は西寄りに走り、淡路島と本州の真ん中あたりの海域でストップ。

水深はわずかに20mほどである。


IMG_4965
早速エギ2個とスッテを付け、エギにはテンヤ用に配られた豚の背油を括りつける贅沢仕様で投入する。


この仕様、お隣の常連さんの真似をしただけである。
違うのはエギの値段と色だけであろうから、これで釣れなければエギのせいにしよう。
腕の差はこの際無視することにする。



水深20mだから底は容易にとれる。
しかもガシラ狙いのような岩礁ではなく凹凸の少ない地形のようで、そこまで根掛かりにシビアにならなくてもよさそうである。



ただ誘い方が分からぬ。
なんせタコをエギで狙うなどという最先端の釣りなどやるとは思わなんだから、前知識が全くないのだ。


手釣りの場合は出来るだけ底からテンヤを離さなぬように「トントントン」と動かし、重みが掛かったら若干送り込んで一気に引き上げる、と言った動きが標準であった。


横の常連さんを見ていると手釣りと竿の違いはあれど、おそらく同じような誘い方なので小生も真似してやってみる。


手釣りのようなダイレクトな感触はないが、なんとなくオモリを立たせたり寝かしたりすることは出来ているような気がする。
気がするだけで実際にどんな動きをしているかは皆目分からん。

おそらくは昔のテンヤのような動きをエギがやっているはずである。



果たして「トントントン」が「トントングーッ」と動かなくなった。

むむむっ、これはもしや「アタリ」というやつではないか!!



テンヤはここで慌てて合わせるとバレてしまう。
「アタリ」というやつはタコが足でテンヤを触っているだけなので、完全に乗ってくるまで待つ必要があるのだ。


問題はテンヤにはエサが巻いてあるが、エギはエサではないということ。

とはいえ背油を巻いてあることだしとりあえずテンヤと同じ合わせ方をしてみる。



ググーッと竿先を持っていかれるままに追従し、水面近くまで竿先が下がってから大きく合わあわせると、ヌーッと重みが加わってリールを巻きあげることが出来る。

おお、根掛かりではない。
ということはタコだッ!!



アヒャアヒャしながら巻き上げてくると……
マジか…海藻の根っこと岩じゃねぇか……

いや、いくらPE3号だからって岩を釣りあげちゃダメでしょ…



とこんなことを繰り返すこと5回ほど…



う~ん、またか。

隣の常連さんはかれこれ7匹ほどは釣りあげている。


この差はなんだ?
エギの差か?


よく見てみると常連さん、集寄を付けているではないか。


むむ、それなら小生も中古だけど買ってあるぞ。

という訳で早速装着。

IMG_4961
ありゃ、中古だけあってボロボロじゃねぇか。


まあいいか、無いよりマシであろう。



再度投入して答えはすぐに!!


トントングーッ!!


2呼吸ほどおいて大きく合わせるとヌーンと上がってくる。

こんどこそタコであってくれ!!

IMG_4964
タコだーっ!!!!!!!!!


なんとタコエギ初体験で前知識ゼロのミソッカスが1人で乗合船に乗ってタコを釣る快挙!!!!!



そんなこんなで勢いに乗って底をトントンしまくる小生。

IMG_4970
最終的に…なんと9匹!!!!!!!!!!

もう1匹でツ抜けである。

「泣き尺」ならぬ「泣き抜け」とか訳の分からん独り言を言いながら大喜びである。


周りの常連さんはツ抜けはもちろん30匹超えもいらっしゃったので腕の差は明らかであるが、初心者でもこれだけ釣れるのである。
これは非常に面白い釣りであろう。
今夏はタコ狙いも釣行パターンに加えること確定である。


さてタコと言えば重さも重要。

IMG_4974
家に帰って測ってみると9匹で4kg。

ということは1匹平均450gほど。
う~ん…キロにはほど遠いな。


でも大きいのは600gほどあったので良しとしよう。



ともあれ、これからがマダコの絶好期。
小生にも釣れたぐらいだからこれから始めようとしている諸兄も今年はチャンスですぞ!!!




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_4965


長かったGWもやっと明け、子守から解放されて大手を振って釣りにいける。

GW中は釣行できぬことは分かっていたので(実際は行ったけど…)、GW明け1発目の土曜日は何があっても釣りに行ってやろうと、4月中旬頃から名田屋さんにガシラ狙いの予約を入れていた。


釣行日は5/11だが、その1か月も前からの予約なので乗船順はかなり早いはず。
あわよくば大ドモも可能かも!!などと心の中でウハウハしておったら……
釣行3日前に名田屋さんから何やら電話が…


「すみません、ガシラ狙いが終わっちゃって……タコなら出るんですが…」


ガーンッ!! まさかのガシラシーズン終了!!!
前回貧果で終わったリベンジを果たしたかったのに…。


う~ん…キャンセルすべきか…な~んてことは微塵も考えず、瞬殺でマダコ狙いにチェンジである。



でチェンジしてから頭を抱えた。


小生、マダコ狙いは15年以上前に何度か手釣りでやったっきりである。
それこそ名田屋さんにも何度かお世話になったが全て手釣り。

昨今は竿釣り客ばかりとは聞いていたので行くならばイチからタックルを揃えねばならん。



むむ、最悪レンタルタックルを借りねばならんか、と思いつつもネットで調べるとジギングタックルでもいける、とあるではないか。
しかも昔ながらのテンヤではなく、なにやらエギを使った釣法も流行っているそうな。


ならば!!


タコエギ初体験者が1人で乗合船に乗ってタコは釣れるのか!? を我が身をもって実験するとしようではないか。


この記事がタコ釣りを始めようとしている諸兄の参考になれば、小生のドM気質も大満足というものである。



とりあえずであるが竿とリールは昔使っていたジギング用を流用することにした。

IMG_5007
かなり古いタックルになるが
ソルティガ コーストラル 55B-3/4+ソルティガZ20である。

もちろん現行機ではないので、スペックが近いものを紹介すると


うわぁ、当時は結婚してなかったから買えたものの、今買ったら間違いなく細君から離縁状を叩きつけられる金額である。


ラインは朧気であるが確かPE3号を巻いてあったのでとりあえずこのまま使うことにしたが何せ10年以上使っていないリールなのでラインも当然10年以上前のままである。高切れした場合や使い物にならない場合のことを考えて、

IMG_5009
こちらも持っていくことにした。



プロトラストの激安リールであるが、中古用品店の2ndストリートで竿付きで1,800円という超破格値で買った品。
買った時に巻いてあったPEそのままであるが、おそらく2号程度と思われる。


嗚呼、独身貴族の時とは買い物のレベルが違いすぎるぞ…




あとはエギであるが、2回目があるかどうか分からんのでタックルベリーでお安くまとめることにした。

タコエギ Let's Ride(レッツライド)


確かこのエギであったと思うのだがイエローとオレンジを買い、その横にあった1まわりお高いエギも購入、ついでに

タコ抱くスッテ 2本セット


これのタイプ2を買った。


もひとつついでに中古の集寄を購入。

タコ抱くスッテと集寄については完全に「なんとな~く」である。



オモリは60号とのことだったが、テンヤの号数であろうと思うので、エギのオモリ分を引いてガシラ用の50号を流用。一応、家にあった60号も数個持っていくことにしよう。

むむ、なんとこれで道具は揃ったのではあるまいか。


新しく購入した物の総額はタックルベリー価格で2,000円ほど。
意外や意外、新しい釣りを始めるには非常に安い投資となったぞ。



という訳で長くなりそうなので実釣編は次回にて!!




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ