ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として船釣りメインにたまには波止にも?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

IMG_3714


盆休みである。



妻子持ちの小生は家族サービスに勤しまなければならぬ期間である。


当然のことながら釣行は自粛となるのだが、どうやったって釣りのことが頭から離れない。



なんとかならぬものか、と思案すること数日。
沖堤やベランダとは言わぬまでも、何かしら釣りが出来る可能性のあるところで妻子、特に我が娘が喜びそうな場所を探してみると見つかるものである。うってつけの場所があった。
しかも細君の実家に近く小生も家族サービスのフリができて一石三鳥と欲張りな場所である。




その名も「黒滝遊漁場」。



「漁をしながら遊ぶ場所」で「遊漁場」である。

能天気な小生は「遊んでいても漁並みに魚が獲れる場所」と解釈して憚らぬ。
これは爆釣確定であろう。



しかも
涼しくて(細君が喜ぶ)
川遊びができて(娘が喜ぶ)
BBQが出来る(皆が喜ぶ)
といった1日遊ぶことが可能な3拍子揃った非常に有難い場所なのである。




ただ神明間からは正直遠い。


住所は滋賀県甲賀市になっているが、名阪国道を使うルートだと奈良から三重方面に向かう途中のICで降りるため、感覚的には奈良?三重?滋賀?という感じである。

まぁ、その3県からは比較的行きやすい場所にあると思って頂ければ差支えなかろう。



何はともあれ到着すればまずは受付で申し込みをしBBQ場所の確保である。

IMG_3719

奥の建物が事務所になっており漁協のオババがいるのでBBQをする人数と、釣りをする場合はこの時点でその旨を伝えて料金を支払う。



この漁協のオババ、非常に正直者とみた。

小生「釣り、大人1人お願いします」
オババ「釣れないよ」



…。



これは「今日は何かしらの事情で釣り堀を休業している」の意なのか「暑すぎて魚が口を使わぬ」の意なのかどっちなのか。



小生が戸惑った顔をしていたのであろう、オババが追加の情報を述べた。

「こう暑い日が続くとねぇ…」




…。


どうやら後者らしい。

オババからの少ない情報を集約すると、暑い日が続いているから魚が釣れないかもしれないけどいいかい?ということらしい。




ちなみにここは釣り堀で放流しているアマゴやイワナ、ニジマスを釣る形式であり、川で渓流釣りという訳ではない。

渓流釣りをしたい場合は日券を購入して違う場所に入川する必要がある。しかも季節的には鮎であるから家族サービスとはかけ離れてしまう。

今回はあくまで家族サービスの一環であるし釣れないといっても基本ラインが「漁並み」である。
口を使わないと言ってもエリアトラウトよりも釣れるはずなのだから釣り堀で十分なのだ。




という訳で釣り堀への入場料を支払って釣り場へと向かった。




さて、入り口の表示になにやら注意書きが。

IMG_3727

な、なんと。

5尾までが入場料のうちで、それ以上は買い取りとな…。

確かに漁並みに爆釣できるやもしれぬが、それでは反比例的に財布が軽くなっていくではないか。


うむ…やられた…オババめ、受付時の情報量が少なすぎるぞ…。
とんだ正直者ではないか。




ともあれ5尾釣ってからどうするか考えよう、と入場した釣り堀が

IMG_3728

………。


やられた。これは厳しいぞ。



魚と言えば

IMG_3731

回遊している魚もいるにはいるがほとんどが

IMG_3729

IMG_3730

数すくない沈み石の影に隠れてしまって出てこぬ。



回遊魚は所謂「見えマス」状態なのでエサに見向きもせぬ。

石の影に沿うようにエサを流しても隠れ魚が出てくる気配もない。




ジリジリと照り付ける太陽のもと、試行錯誤すること1時間。



すまぬ、オババが正しかった。
正直者を疑った小生の負けである。
6尾以上釣った場合の懐事情を心配するどころの騒ぎではない。



1尾も入っておらぬ小生のバケツを見て娘は愕然とし、酒のアテを待っていた細君の顔は危うく憤怒の形相になるところであった…。



黒滝遊漁場…あくまで川遊びをする場所であり、釣りを推奨しているようではないようである。
で受付時のオババのようにわざわざ聞いてくれているようだ。
大誤算ではあったが他の要素は非常に満足できたので良しとしよう。


という訳で次回は釣り以外の部分のインプレである。



しかし、1尾だけでも釣りたかったなぁ…。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_3499


明日から盆休みである。



盆休みは例年家族サービスに充てるため釣行が出来ぬ。

まぁ暑い時期であるからそもそも昼間の釣りは腰が引けてしまう。
釣行は盆明けまで休むとしよう。




さて胴突き仕掛けである。




釣りをされるのであればおそらく初心者でも知っておられるであろう。

オモリを仕掛けの一番下に付け、その上の道糸に枝糸が数本出ているアレである。

オモリをカゴに変えて枝糸の針にハゲ皮などを付ければサビキ仕掛けになるので、そういった意味では胴突きは基本中の基本と言える仕掛けであろう。



私が和田防で使う胴突き仕掛けも当然同じ形をしている。

ただ、ちょっとした工夫で釣果が大きく変わってくる。

今回はそのちょっとした工夫をお伝えしたいと思う。



IMG_3704

仕掛け自体は特になんの変哲もない市販仕掛けである。

変哲があるとすればメバル専用ということと値段ぐらいか。



メバル専用ということだけありネムリの入った針がセットされている。
胴突きの場合は針が根掛かりすることが少ないので特にネムリを必要としないが、まぁあった方がよいであろう。
それよりも重要なのは針の大きさである。



以前の記事↓で「胴突きは手返しが悪い」と書いた。






なれば手返しがよくなるように工夫するのみである。

その工夫のひとつが針の大きさ。



手返しが悪くなる原因の2大要因が「針を飲まれる」「リリースサイズが掛かる」である。



針を飲まれれば当然ラジオペンチや針はずしで魚の喉を「オエッ」としなければならないし、何よりもリリースが不可能になってしまう。
小型が掛かったら掛かったでリリースするために一旦竿を置く必要が出るだろう。

手返し=水中にエサを滞空させる時間を長くする、であるから竿を置く時間はなるべく削りたいのである。



この両方を回避するためにチンタ針、カサゴ針、ムツ針などであれば10号以上をお勧めする。

置き竿にしない限り10号あればほぼ飲まれることはないし、小型も掛かりにくい。

実際に先日の通し釣りではジグヘッドで1尾飲まれたのにも関わらず、胴突き10号針では1尾も飲まれていなかった。
20cmクラスのガシラでも飲まれないので、メバルやグレでも飲まれる可能性が低い。



あとは値段の問題。



上記画像の仕掛けは値札の通りであれば3本針3セットで236円。
1セット約78円、1針約26円である。
うむ、安い。

実はヤフオクで大量に落札したのだが、実際は40袋で2,000円程度だった。
1袋50円、1セット約16円、1針約5.5円…。
ヤフオク万歳である。


上記のような内容であれば特にメバル専用にこだわる必要がないため

IMG_3706

このような仕掛けでも代用可能である。

こちらは2セット入りで160円だから若干割高か。


Amazonであれば


このあたりが妥当か。

値段よりも便利さを優先されるのであればAmazon利用も有効である。




さて、仕掛けで手返しの工夫をするのであれば竿や小物でも工夫したい。あいや待たれい。
実はエサでも工夫できるのである。
順を追って説明していこう。



・竿

IMG_3709

ノベ竿である。

沖堤での胴突きの探り釣りであればノベ竿をオススメしたい。


あくまで手返し優先の観点からであるが、
・ライントラブルが磯竿に比べて非常に少ない。
・仕掛けが非常にシンプル。
・探れる範囲が限られるため見切りをつけやすい。
等のメリットがある。


特に3番目のメリットは以外とデカい。


磯竿で探ると広範囲に探れてしまうため、次に移動するのが億劫になるのだ。



和田防は長い。

ある程度の範囲を探ってアタリがなければ次のポイントに移動すればよい。
その見切りを竿がつけてくれるのである。

小生のような優柔不断な釣り人には頼もしい相棒である。



小生は

IMG_3711

このように竿先が白くなったメバル竿を愛用している。

長さ違いで2本所有しており、

・硬中硬5.4m(18尺)…潮位が低い時間帯を狙う場合
・硬調7.1m(24尺)…潮位が高い時間帯を狙う場合

と使い分けている。


メバル、グレ以外にガシラも狙うため、底付近を探れる長さが必要なのだ。


ちなみに和田防では上記の長さがあれば十分である。
ただし上記より短い竿しかない場合は素直に磯竿を使おう。

硬さは適当である。
上記の硬さでオモリ2~3号が十分使えている。



・小物
ウキ釣りであれば電気ウキを付ければ仕掛けの場所を視認できるが、胴突きはそうはいかない。
そこで

IMG_3708

このような物を使う。

左は皆さまご存知ケミホタルである。


右は貧乏アングラー御用達、ダイソーのケミカルライト。


これも小生は使いわけておる。


さすがルミカのケミホタルは非常に明るい。反対にダイソーは少々弱弱しい明るさである。

道糸の出来るだけ竿側、リリアンとの結合部分近くに設置する関係上、水面近くにこのケミ~が接近することになる。


魚というのは水中で発せられた光には興味を持つのに、水面近くに急に出来た明かりは非常に警戒する。ヘッドライトで水面を照らすのは厳禁だが同じ理由であろう。


つまり
・月明りが明るい夜…ケミホタル
・月明りが弱い、もしくは闇夜…ケミカルライト
と使い分けている。

なお、ダイソーの商品の方が発光時間は短い。通し釣りだと3回は交換するので多めに持参されたし。



・エサ
これも手返しがよくなる付け方がある。

ちなみに月明りの明るい夜はたいして意味がない。

月が細い、もしくは曇りがちな夜のみ有効な方法である。



一部では有名な話しかもしれぬが、3本針であれば上2本に虫エサを付け、一番下針にはイカの短冊を付けるのだ。


ガシラはイカが大好きなのだろう。非常によく掛かってくる。
しかも当然白いので闇夜でも以外と視認できるのだ。



これで波止上に仕掛けを上げた時、どこに仕掛けの下部があるか判断できる。
いちいちヘッドライトを付けずとも確認できるので非常に便利で早いのだ。


ちなみに、なぜか大物はイカを付けた針の一つ上の虫エサに食いつくことが多い。
こればかりは理由が分からぬ。
どなたか理屈がお分かりであればご教授願いたい。




ジグヘッドよりもどうしても手返しが悪くなる胴突きであるが、工夫次第で効率を上げることはできる。

場合によっては結果的にジグヘッドよりも釣果が上がる場合もあるので、お土産対策のためにもお試しあれ。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_3641


平日である。釣りには行けぬが頭の中は釣りのことばかり。

これでよく会社員が務まるなと自分でも思うが、浜崎伝助の例もあるからきっと大丈夫であろう。




さて、以前の記事で和田防の穴釣りは「穴」ではなく「ケーソン」を狙うと書いた。

「表題に穴と書いておるではないか!」とお叱りを受けそうであるが、穴釣りの記事である以上、「穴」と表記しないと誰も読んでくれないのである。


「釣れる穴」と「釣れるケーソン」


うん、やっぱり「穴」の方が分かりよい。


ただ、実際は「ケーソン」の話である。ご容赦くだされ。




さて、そのケーソン。以前の記事↓が少々不親切であったと思うので追加で情報をお伝えしておこう。







実は和田防ケーソンの構造は二重になっているらしく、簡単に言えば豆腐1丁の上に豆腐半丁が2つ乗っている形になっている。

もしくは豆腐2丁が重なっており、上の豆腐が半分に割れていると書いた方が分かりよいか。



釣り人は普段歩いている場所はこの半丁の部分で、

IMG_3689


例外を除き、これこのとおりしっかりと合わさっている。隙間から仕掛けを入れる余地はない。

例外とは和田防中央の通称「出っ張り」のようにケーソン同士のサイズの違う場所や、赤灯すぐのケーソンのように地震か何かでズレたと思われる場所のみ比較的隙間が開いている。

が、ガシラの20cmクラスを引き上げられるほどの隙間はないため、掛かった後のことを考えて狙うのはよした方がよろしかろう。




ではどこを狙えばよいのか。




実は下部の豆腐1丁同士はきっちりと合わさっておらず隙間(スリット)が出来ている。

わざと開けているのかどうかは分からぬが、大型のガシラを引っ張りだすのには十分なスリットである。

ここに根魚が入り込んでいるのだ。




では、どの継ぎ目にスリットがあるかの判別方法だが、

IMG_3690

これがスリットのある継ぎ目で

IMG_3689

これがスリットのない継ぎ目である。



うむ、分からぬな。上から見ただけでは小生も分からぬ。




では少しテトラ際に寄って見てみよう。



IMG_3691

これがスリットありの継ぎ目で、

IMG_3692

これがスリットなしの継ぎ目。



お分かりだろうか。


上の画像は一段下にスリットが見え、下の画像はスリットが見えない。




釣れる継ぎ目は上の継ぎ目なのだ。




上部の継ぎ目だけを見て仕掛けを落としても釣れる確率は半分に減ってしまう。

この「スリットのある継ぎ目」を狙って仕掛けを落とすのが釣果を伸ばすコツなのだ。




このスリットは継ぎ目1本おきにある。

中には木やロープが詰まって釣るに釣れないスリットもあるが、大概は波が出入りしており、どのスリットも慣れれば仕掛けの投入が可能である。



和田防はこういったケーソンが東西約1.2kmの長さで設置されている。

数を数えたことはないが、かなりの数があるはずである。

テトラに乗って危険な穴釣りをするよりもよっぽど安全で効率的なので一度お試しあれ。



なお、沖堤によってケーソンの形状は様々なので、ご自分の通われている沖堤があれば一度ご確認を。

もしかしたら自分だけの秘密のスリットを見つけられるやもしれぬ。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ