ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として船釣りメインにたまには波止にも?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

IMG_3697

さて、徹夜戦の開始である。



17時から21時までの間、花火と警戒艇とレジャーボート軍団に阻止され、アコウどころかガシラからも見放されたことは前回述べた通り。
決して小生の腕が悪い訳ではない。花火が悪いのである。



朝の迎えは5時。時間は十分ある。気を取り直して再開しようではないか。




花火が終わり湾内の喧騒もおさまっているのでそろそろお魚様方も寝ぐらから出てくるころである。
先ほどまでは全くアタリのなかったジグヘッドが炸裂してもおかしくないのだ。




と思ったら根掛かりである。沖提では横に動ける関係上、ナナメにキャストした場合は反対側から引っ張ると根掛かりが外れる場合が多い。

今回もその対処で根掛かりしたポイントを中心として90度動いた場所から引っ張ってみた。




ズズッ。




む、動く。根掛かりが外れたのではない。引っ張れば引っ張った分だけ「動く」のである。



この動きは経験上間違いなく「ヤツ」である。

IMG_3677

そう、タコだ!!




なんと通しでの釣果1発目は500gほどのタコ。しかもジグヘッド+ワームでの釣果である。

ただ、「釣った」ではなく「釣れた」のだから面白くない。

面白くはないがもちろん持って帰る。500gをリリースするほど人間が出来ておらぬ。




釣った当初はマダコと思っておったが、帰って茹でる段になって気づいた。

手長ダコである。あまりにも足が長いのでおかしいとは思ったのだ。

しかし、このタコも美味である。なんでも韓国では高級な部類になるそうだ。
さすが小生である。わざわざ高級タコを選んで釣るなんてなかなかできる技ではなかろう。



すまん、たまたまである。




さて、ここからがスゴかった。




ガシラの入れ当たりである。

ジグヘッドを駆け上がりの肩から少し沖側に着底させて、シャクる時にはもう掛かっておる。

おそらく初めのフォールですでに食ってきておるのであろう。

それはもう面白いように釣れた。
途中から面倒になって数えなんだが、潮どまりの1時くらいまでにおそらく50尾ほどは釣りあげたと思う。




が、写真はない。




小さいのである。「出っ張り」と赤灯の真ん中ぐらいから白灯まで投げながら釣っていったが、およそ1kmほど釣り歩いてキープしたのはたった1尾。

ちなみに小生、18cm以下はリリースという自己ルールを引いておる。針を飲まれて仕方なくキープする以外はリリースである。

つまり、キープした1尾も針を飲まれた1尾であって15cmほどしかなかった…。




お土産がタコ1杯と15cmのガシラ1尾…。

これは細君より次回以降の釣行に制限をかけられるに十分な成績である。




我が細君は非常に人間が出来ており、小生が週末ごとに釣りに出掛けても文句ひとつ言わぬ。




が、何事にも裏はある。




ウワバミのように酒が飲める細君は、小生が釣りに出掛けることにより酒のアテが確保できるのだ。

つまりWinWinの関係なのである。




ということは酒のアテが確保できないとなればこの関係は破綻である。

釣れぬ以上は釣行する度にお小言を頂くこと必定である。

非常にマズい…。
なんとしてでもお土産を増やさねばならぬ。




仕方がない、手返しが悪いので出番が少ないのだが、最終兵器を登場させねばなるまい。




なんのことはない、ただの胴突きである。

市販のメバル3本針胴突き仕掛けを使うだけであるが、これが効果テキメンであった。

IMG_3684

撮り方が悪くて分かりにくいが、20cm前後ばかりが掛かってくる。

それこそ2~3ブロックごとに1尾の割合で当たりがあった。

1か所で釣れるのは大概1尾もしくは釣れてもサイズダウンするのが普通なのだが、この日は1か所で3尾釣れて、しかも後のほうが大型という珍しい現象が2か所であった。

やはり花火の影響で魚もおかしな具合になっていたのであろう。




最終的に白灯から赤灯まで探り歩いて22尾確保できた。

IMG_3699

ガシラ15~22cm23尾+タコ。

お土産としては十分であろう。

これで細君とのWinWinな関係をなんとかキープできた。
嬉しい限りである。



IMG_3702

ガシラとタコは細君の手によりしっかりアテになり

IMG_3703

我がワンコにもお裾分けできて嬉しい限りである。




さて、件の胴突き、少々工夫がある。

今回は長くなるので割愛するが、そのうち紹介させていただこう。

簡単な工夫なので誰にでもできる。



ちなみに、アコウは釣れなんだ。

仕方がない。次回まで釣り部長のアコウ自慢に付き合うとしよう。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_3662


例によってどうせ釣行しておらぬのであろう、という声が聞こえてきそうであるが、ご安心を、ちゃ~んと釣行記事である。



毎年8月の第一土曜日はみなとこうべの花火大会である。
なんでも今年は市政150周年ということで、例年1万発のところ大盤振る舞いの1万5千発だったそうだ。



打ち上げ場所がモザイク・オリエンタルホテル・和田防に囲まれた海上ということであったから、この日ばかりは和田防への渡船はないであろうと諦めておった。


前回アコウを釣った釣り部長から、事あるごとにアコウ自慢をされていたものだから小生もアコウを釣りたいとウズウズしておったのだが和田防に渡れぬのであれば仕方がない。

とはいえ聞いてみねば分からぬと河内渡船に電話してみると、なんと出るというではないか。

ただ、人が多い場合は帰りを2便に分けるから迎えの船が22時を回るかもしれない、との回答であった。



なおさら好都合である。



通常であれば21時の迎えであるから神戸駅に着いた時には丁度花火客の帰宅ラッシュにかち合ってしまう。

浴衣で着飾ったギャル達にまじって魚臭い釣り道具を持ったオヤジがただでさえ狭い肩身をさらに狭くして満員電車に揺られている図を想像するだけでも悲しくなってくる。

22時の迎えであれば神戸駅到着が23時前、神戸駅の混雑もいくぶん緩和されているであろう。




という訳で当日、17時の渡船に乗るべく16時頃に河内渡船の店舗に到着。オヤジに話しを聞くと、なんと通し釣りもできるとのこと。なんでも他にも通しの客がいるそうだ。

前回通し釣りを諦めていたこともあるしこの時点で急遽通し釣りに変更。朝の5時までのロングラン釣行となった。ついでに浴衣ギャルに迷惑をかける心配もなくなったのである。



渡船場所に向かうとすでに乗船客が15人ほど。いつもの17時の渡船に比べるとかなり多い数である。
中にはカメラと三脚しか持っておらぬ御仁もおり、完全に花火目的の方もおるようだ。



定時の17時に出船。

船着き場そばの跳ね橋がなぜかあがっておった。
上がっておるところを見たことがないので思わずパチリ。

IMG_3637

花火のための通行規制の一環であろうか。


出船後、すぐのモザイク観覧車そばも

IMG_3638

ご覧の人出である。

17時の時点でこれであるから、花火開始の19時半にはもっとすごいことになっておったのではあるまいか。

波止の上もこのような人出ならば釣りどころではないな、と思いながらも和田防へと向かう。



いつもどおり西の赤灯で降ろしてもらおうと思ったのだが、すでに人でいっぱい。明らかに花火見物の客でテントまで張っておる。

船長判断で赤灯を断念し、真ん中の梯子、通称「出っ張り」で降ろしてもらった。ここで降りたのは3人のみ。他の方々は全員白灯もしくは新波止、ポーアイの赤灯ということになろう。



一緒におりた2人はすぐに白灯方面に向かわれた。小生はもとより赤灯で釣るつもりであったので赤灯方面に釣りながら歩いていくつもりで準備を始める。
今回の目的はアコウであるので穴釣りは封印。いきなり沖を探ることにした。



と左右を見てみると…

IMG_3642

赤灯側も

IMG_3641

白灯側も見渡す限り人がおらぬ。
花火客は広さのある灯台下に集中しており、少々危険な波止上には来なかったということか。

先ほどの2人組も白灯寄りに釣座を構えられたのであろう。
長い和田防を独占状態にできた訳である。

これは探り放題釣り放題、パラダイスと同義である。
花火万歳である。



喜々として以前より試してみようと考えていた秘密兵器を投入する。




ひとつテンヤ。
結果を勘案して画像は公開せぬ。作られたメーカーさんに申し訳なさすぎるのだ。




波止からのキャストになるので少し軽めの3号テンヤを使用した。

エサは

IMG_3646

甘エビとキビナゴである。



本来のテンヤであればウタセエビを使うのであろうが、MAXに売っていたのがこのエビだったので代打出場をお願いした。
キビナゴは手元にあったので試しに使ってみただけである。



早速テンヤにエビをセットして沖にキャストを繰りかえす。

底についたら少しシャクってテンションフォール、着地して数秒待ってからシャクッてテンションフォールを繰り返せば、いつかはアコウが応えてくれるはず。



ただ、誤算であった…持っていったシーバスロッドでは固すぎてテンヤが飛ばぬのである。

少し先のかけあがり途中までしか飛ばぬ上にテンヤの形状が根掛かりしてくれと言わんばかりなので根掛かり大爆発…6キャスト4ロストで心が折れてしまった…。

手前の駆け上がりで根掛かり必至である以上、3号程度のテンヤで駆け上がりの向こうまで投げて駆け上がりに沿って一定速度で巻き上げてくるか、重めのテンヤで大遠投して手前の駆け上がりを諦める必要がある。

次回はもう少し柔らかいエギングロッドもしくは長めの磯竿で駆け上がり攻略をしてみよう。




夕暮れまではアコウ狙いの予定だったため穴釣りの用意をしておらぬ。仕方なく夕暮れ用に用意していたジグヘッド+ワームで駆け上がりを狙うことにした。

前回は大当たりだったジグヘッドであるが、今回は全くアタリがない。



それもそのはずである。



日暮れが迫るにつれ和田防の両端から大量のボートが港内に入ってくる。警備艇が「港内はスローで」と叫びまくっているにも関わらず、すごいスピードでの進入である。フェリーや観光船が警笛を鳴らしまくっておりすごい騒動であった。

そりゃお魚様たちも警戒してしまって目の前に落ちてくる釣りエサを吟味する気にもならんのであろう。

おまけに日が落ちたら落ちたで警戒艇がサーチライトで海面を照らすものだから釣れる魚も全く釣れんようになってしもうた。

こりゃ日が悪かったとしか思えぬ。

誰だ花火万歳とか言っておったのは。

仕方がない。気を取り直して花火見物と洒落こもうではないか。


IMG_3648
IMG_3654
IMG_3668


これを独り占めである。
たまには釣りを頭から外して風情を楽しむのも一興。

目の届く範囲に誰もおらぬのであるから「玉屋~鍵屋~!!」と叫び放題であった。



それにしても何という穴場であろうか。
釣りではなく花火見物のみであればこれ以上ない場所である。
花火の上から下まで、左から右まで全て見渡せる非常によい見物であった。
(帰宅後、細君に自慢したら「自分ばっかり」と拗ねられた。ヤブヘビであった)



さて、ここまでの釣果であるが、なんと丸ボーズである。

21時までで引き上げておったらエラいことになっておった。

アコウどころかガシラも釣れておらぬのだ。



花火も終わってプレジャーボート群が続々と港外へと去る中、こちらは気合を入れなおして徹夜戦へと突入である。


と、少々長すぎなので本日はここまで。

通し釣りの模様は次回のご報告としよう。

しばしお待ちあれい。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



IMG_3601


連日の投稿である。


例によって釣行できている訳ではない。
書きたいことが山ほどあるので今のところブログのネタには困らぬが、早く釣行したいものである。
試してみたい釣り方がいくつかあるのだが、いつになったら試せるのやら。
おいおい出てくると思われるので懲りずにお付き合いいただければ幸いである。




という訳で今回はクーラーについて考えてみよう。




ルアーしかやらぬ御仁の中にはキャッチ&リリースを旨とされており、クーラーなどいらん、という方もいらっしゃると思うが、釣り人であればほとんどの方が必要とされるはずである。
それほど身近なツールであるのにクーラーについて所見を述べられたブログをあまり見かけぬ。



であれば小生のクーラー考を披露いたそう。
初めてクーラーを購入されようとしている人の検討の一助となれば幸いである。
ただしあくまで小生の考えである。
間違ってもこれが世間一般の常識と勘違いされぬよう。




小生が考えるクーラー選びの優先順位は

①価格
②使用用途
③大きさ
④保冷性能
⑤使いやすさ

の順になる。



あいや、分かっておる。クーラーである以上、保冷能力が最優先であろう、それが4番目とはいかなことか!! という御意見はもっともである。



しかし、それは釣りに対して無尽蔵に投資できる大釣り天狗か家計を顧みないほど達観しておられる太公望かのどちらかであろう。



通常の釣り人であれば、ブリクラスを入れられるクーラーでも出来れば2万円台、小物釣りであれば数千円レベルで抑えたいはずである。



「あわよくば100均の簡易クーラーで…」という御仁もおられるかと思うが、残念ながらあれはクーラーではない。スーパーで買ったアイスを家に持って帰るくらいは出来ようが、朝釣った魚を夜まで保冷できるような能力はもちろんない。




②③の使用用途・大きさであるが、これは小生だからこその選択肢やもしれん。
電車もしくは自転車での釣行を主眼とするならば、必然的に小さなクーラーしか無理なのである。
特に自転車の場合はキャリアに乗せられる大きさとなるとかなり制限されてしまう。


④⑤は一般の釣り人の優先順位通りであろう。



さて、①~⑤までを満たすクーラーだが、現在のところ2種確保している。

ともにIgloo製であるが非常に使いやすい。


ひとつめは




この15ℓのクーラーである。

IMG_3617

小生の所持しているものとAmazonで販売しているのとは細部が異なっているが、おそらく同系列の商品のはずである。


このクーラー、2ℓのペットボトルが2本横向きにきっちり収まる。
2ℓの水のペットボトルをキンキンに氷らせて2本寝かせて入れ、その上に新聞紙を置いて、あとのスペースに獲物を入れていく寸法である。

IMG_3618

フタ部分に保冷能力はないし、スライドする構造上、密閉はできない。
にも関わらず、前回の和田防釣行から帰って翌日の夕方まで氷は完全に溶けていなかった。
どうやって冷気を保持しているのか分からぬが大した保冷力である。
ただ、密閉できない以上、氷締め等はできない。あくまで凍らせたペットボトルや保冷剤を使用する前提である。
こちらは主に自転車釣行に活用している。荷台に乗せるのにぴったりの大きさなのだ。



さて、お次は電車釣行。


電車の場合はクーラーをキャリアに乗せて運ぶか、クーラー自体にホイールが付いている必要がある。



これである。

先日のプライムセールで購入したので、小生は4,000円台で購入した。

IMG_3620

実は前回の和田防釣行に持っていくべく前日到着するよう注文しておいたのだが、21時を回っても到着せぬ。
Amazonに確認の電話を入れると、注文が殺到して配送が1日遅れになったそうだ。
豪雨災害もあったから致し方ないので前回の釣行は赤い方のクーラーを持参した。
なのでこのクーラーは未使用である。



赤いIglooよりも一回りほど大きいので自転車釣行には向かぬが、

IMG_3621
IMG_3623

スーツケースのごとく、ゴトゴトと引いていけるのは非常にありがたい。
電車釣行時の荷物運びの悩みが解決するというものである。

IMG_3622

中身は2ℓペットボトルを縦に入れられる大きさ。
通常の沖堤釣行であれば必要十分な大きさである。
ちなみに保冷力は前述の赤いクーラーに引けを取らぬとのうわさ。
次回釣行にて真偽を確かめてみよう。



さてさて、それでは沖堤で間違ってブリが釣れてしまった場合どうするか。



ブリとはメジロの80cmオーバーを指すことが多い。つまり頭と尾を落としても50~60cmほどは必要になる。
あいや待たれい。あわよくば80cmオーバーのまま持ち帰りたいのが人情であろう。



そういう時のためのニッチな商品があった。



ルミカのおさかなパックLLである。



この商品、内寸910mmのジッパーがついた袋である。若干の保冷機能のついた大きなジップロックと思っていただければほぼ正解である。


つまりだ。これを携行しておけば90cmまでのブリを持ち帰ることができるということになる。


ブリが釣れることを夢みて常に携行しているのであるが、ただただ残念ながらついぞ使用したことがない。この夢が叶う時が来ればよいのだが、そもそも釣れる仕掛けを投げていないのでやはり夢で終わってしまいそうである。




【番外編】


自転車や電車に縛られない釣行も稀にある。

小生の場合は家島の釣り堀に釣行する場合であるが、その場合は車載になるので当然ブリが入る特大クーラーを持参する。



このデカクーラーである。
ブリでも10尾ぐらいは余裕である。大ダイだろうが冬場のクエだろうがドンとこいである。
惜しむらくはクーラーの半分も釣ったことがないことだけが残念である。


とはいえ、このクーラー非常に大きい。
IMG_3602

フタに刻んであるメモリでも75cmまである。実際の内寸は80cmを超えるであろう。
保冷力も折り紙つきで、キャンプでも使用するのだが、赤いクーラー同様、2ℓの凍らせたペットボトル2本で翌日まで保冷可能である。


容量も100ℓを超えるので室内では置けず、ウッドデッキに置きっぱなしである。
なので当然、

IMG_3604

このように物置代わりになっておる。

当面の目標はこいつが閉まりきらないほどの獲物を持って帰ることなのだが、いつになることやら。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ