ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

IMG_4363

2019年2月2日(土)、フィッシングショー開催初日は混雑必至なのでわざと2日目に行くことにして、空いた体を持て余す訳もなく当然のように半夜の沖堤へと出勤である。


2月は河内渡船が休業に入っているので和田防ではなくポーアイ東側の神戸沖堤群への出動とあいなった。
利用渡船は前回同様さつま渡船改め松村渡船さん。




前回は7防で潮どまりの憂き目にあい、あえなく撃沈となってしまったが、今回はそのリベンジも兼ねておる。
狙いは当然のごとくガシラ。和田防のようにメバリングメインの組み立てではないのだ。あくまでガシラ一筋に攻める男らしい釣行なのである。



さてさて、和田防とポーアイ東側の違いを考えるとおのずと攻め方が変わるのであるが、違いとは何か。

「駆け上がり」の有無である。


和田防に行かれたことがある方はお分かりと思うが、外も内も5~7m沖に急激な駆け上がりを備えている。この駆け上がりが魚をストックする絶好のストラクチャーになっており、必然的にジグヘッドを使うのであれば「縦の釣り」で魚を拾っていくことになる。

底が取れない=秒殺で根掛かり=ジグヘッドのロストがハンパない…というガシラハンター泣かせのやっかいなポイントなのである。

ウキ釣りや探り釣りであればこの駆け上がりのラインに沿って釣る「横の釣り」もしくは「点の釣り」になろう。


対してポーアイ東側の沖堤については全てがそうとは言い切れないが、比較的起伏が少ないもしくは緩やかな海底状況であると想像できる。

海底をズル引きしようものなら瞬殺で根掛かりする和田防とは違い、ポーアイ東側の場合はたまに障害物に当たるくらいで滅多に根掛かりなどしないからである。

ということはほぼ「面の釣り」になり、いかにジグを浮き上がらせずに横に動かすか、が釣果を分けることになる。
うん、お財布に優しい素晴らしい釣り場である。


その面の釣りに対応すべく投入したのがこちら。

IMG_4369

バリバリのバスロッドである「GlassWay makimono」。
かなりマニアックではあるが非常に優秀な竿である。

IMG_4368

1/12~1/3OZ対応であるのでだいたい2~9gぐらいのジグヘッドに対応できる。

以前の和田防でのトラウトロッド投入に続き、異種釣具からの参戦とあいなった。






当日は大潮前日の急激な下げのタイミングだったので想定されるジグヘッドの重さは5g、おそらく竿を設計された方が一番想定した重さのはず。


さらに名前のとおりグラスロッドで巻物(=クランクやバイブレーション)をする場合の専用ロッドであるので、少々使い方は違うが広く面を探るには適切なロッドなはずなのである。

難点を言えばそもそも底をとる竿ではないので小さな「コツン」という着底の感触を感じにくい。
でも周りは根掛かりリスクの少ない海底である。全く問題ないはずなのだ。



という訳で8防へと上陸。8防を選んだ理由は特にない。前回は7防でなぜか潮が止まり悲惨だったのと、フラットな場所で360度投げてみたかっただけである。

IMG_4366

水道側は2人が陣取られていたので、南側へと目を向けると

IMG_4365

ちょっと分かりにくいのだが先端が水没しており、途中から立入禁止になっておる。

果て、10年前はこんな感じじゃなかったはずだが…小生の記憶違いであろうか…。



記憶を手繰っていても埒があかんので早速調査開始である。

15時便で渡って満潮の潮どまりは16時半。そこから迎えの時間までずっと下げっぱなしである。
渡ってすぐは潮止まりゆえ、ゆっくりと道具をセッティング。
まずは5gのジグヘッドに適当なワームをつけて投入。
底をとってからゆっくりとスイミングさせてくる。

和田防の場合は底を取った瞬間に根掛かり防止のためすぐに跳ね上げるのであるが、ここでは着底後竿先を下げてゆっくりリーリングが正解のはずなのである。


時折コツコツと石かなにかに当たるが、それ以外はほぼ障害物なし。しかもわりかしフラットな海底状況とみた。



潮が動き始めて暫くした頃、ようやく当たりである。

IMG_4371

ちっちぇぇ…
10cmにも満たないガシラ様…
よくグラスロッドでアタリを拾えたものである。


さてここからが本番。潮が大きく動き出すタイミングと夕マズメが重なる最高のコンディション。
ここで釣ってもボーズの神様も怒りはしないのである。


さてさて、和田防のように入れ当たりと行きましょうか。



……
………



ピクリともしねぇ!!!!



何をどうしてもアタリがない…。


面だ縦だとそんなゴタクは横に置いといて、和田防並みの着底即しゃくり上げでも当たらぬ。

必殺「潮に任せてゴロゴロ」作戦も効き目なし。





迎えの20時半まで……

完全ノーバイトである…。


先ほどのチビラが無ければノーヒットノーラン…。



同時に8防に上がられていたエビ撒きの方やイソメでスリットを狙われていた方もノーヒットの様子であったから、これは小生の腕のせいではないのである。
きっと潮が悪かっただけなのである。
きっと…。


それにしても前回の7防に続き今回の8防…リベンジできるのはいつになるのであろうか…。




1535759804829_1




さて、真冬の祭典と言えば「フィッシングショー」である。仮に冬季オリンピックが開催される年であったとしても当然「フィッシングショー」の方が格上なのである。


関西の太公望であれば脱兎のごとくインテックス大阪に馳せ参じるべきなのであり、1年の行動計画を立てるにしても、このフィッシングショーの日程を確認することから始まると言っても過言ではない。



小生も毎年のように馳せ参じておるのであるが、娘が小学校にあがった昨年からは同道させている。むろん将来の釣りガール育成のためである。
娘をダシにしてコンパニオンのお姉さんに近づこう、あわよくば児島さんや秋丸さんと握手してもらおうなどという下心などまるでないのである。
「フィッシングショー」とは純粋にメーカーの最新技術を堪能するためと将来の業界を担う子供達のためにあるのだ。



とは言え、娘を連れて行くのであれば娘が楽しめるプランを考えねばなるまい。
今年楽しませないと「来年は行かない」などと言い出し、「お姉さま接近大作戦」のダシに使えなくなってしまうのである。

それでは2018年のフィッシングショーを振り返りつつ、今年のプランを練ってみたいと思う。



まず子供を楽しませるイベントだが、大きく分けて3つある。
①イベントホールのお子様向けイベント
②メーカーが子供向けに特別に用意しているイベント
③子供向けではないが子供も楽しめるイベント
である。


①はマス釣りなど4号館で行われる大型イベントだ。おそらく毎年あまり変わらないので他のブロガー様の記事を参考にされたし。

②はダイワやがまかつに代表される大型メーカーが将来の太公望育成のために行っているイベントである。これは出展者が毎年変わることや出展内容の変化もあり、その年によって大分様相が変わる。
また魚拓体験やエビ釣りも主催者が違うことを考えればこちらのカテゴリーか。

③主にステッカー集めと各種じゃんけん大会である。


小生の場合、①のマス釣りは初めから放棄しておる。
開場前から並び、走って整理券を取りに行ってやっと確保したら15時からの開始分だった、などと苦労のわりに報われないからである。
普通にアジュールや大蔵海岸でメバルやガシラを釣らせた方がマシである。


という訳で小生と娘は②と③主体で行動することになろう。



現時点での回る順番の想定であるが、


①6号館Aにて救命胴衣の点検依頼。


なんと無料である。娘のライジャケは是非ともチェックしてもらわねばならん。
まだ未経験なのだが、おそらく預けることになるのではないかと思い一番始めに行くことにした。


②6号館Aにて魚拓教室の申し込み。


昨年は教室の存在を知らず、申し込みが終了してしまっていた。
娘が非常に残念がっていたので今年は早めの申し込みを行う魂胆である。


③6号館Aにて各種ブース徘徊
昨年はあったのだが今年もやるかどうかは行ってみねば分からんイベントのチェックと単純に小生の興味のあるブース周りである。
特に6号館Aは「PROX」が出展されているが、昨年はUFOキャッチャーがあった。
子供だけが参加できるゲームだが、娘は残念ながらハズレ賞。
他にも「フィッシュマン」「中央漁具」「東レ」あたりが気になるところ。



④6号館Bにて日釣振の釣りゲームに参加。

これも存在を知らず、昨年はタッチの差で参加を締め切られてしまった。
子供が好きそうな景品が当たることもあり、是非とも参加せねばなるまい。

2016fs_2_2

こんな感じで結構盛況である。


⑤6号館B・シマノにてキャップ・ステッカーをゲット
これは比較的簡単である。子供がコンパニオンのお姉さまに「帽子ちょうだい」と言えばゲットできてしまう。時間があえば色だって選べちゃうのだ。
さすが世界のシマノ、大盤振る舞いである。
小生は昨年ゲットできておらぬのだが、何やら新製品コーナーではステッカーを配っていたという情報も…。



⑥6号館B・ジャッカルにてキッズスペース
昨年はなんとルアーの制作体験をやっており、その体験をするとルアーをもらえてしかも結構立派なバルーンまでもらえた。
果たして今回はどんな内容なのであろうか。




⑦6号館Bの注目ブースめぐり
ここでの注目は「GAN CRAFT」である。昨年は入り口すぐのブースでデッカい魚と一緒に写真をとってアップするとステッカーがもらえた。果たして今年はどうであろうか。他、「mazume」「TICT」「バレーヒル」なども狙い目か。地味に「ヤンマー」ではロッドベルトがもらえたりもした。


⑧3号館・ダイワ「D.Y.F.C」ブース

login_logo

3号館は子供イベント目白押しなのであるが、その中でもダイワは今回のメインである。なんせ娘が「D.Y.F.C」の会員であるため、ルアーを無料でもらえるのである。しかも事前に届いたDMによるとビッグピーナッツの色塗り体験もあるとか。こちらは整理券が必要なので参加できぬかもしれぬが、できることなら是非体験させたいものだ。
昨年の場合は会員でなくともその場で会員になればキャップをもらえた。今年はどうであろうか。



⑨3号館・「マルキュー」「がまかつ」「ルミカ」ブース




子供イベントの3強が3号館に集結である。

マルキューはすでにイベント内容を発表しており、今年も楽しませてくれそうだが、がまかつは情報を見つけられなかった。昨年は「うきまろ」を前面に押し出したクイズラリーを行っていただけに今年の内容が気になるところである。ルミカは上記リンクを見てのとおり。何をしたかは忘れたが、何か条件をクリアすると「攻めの赤」というタオルをもらえた。しかも子供にはお菓子を配る気配りまで。


⑩3号館の注目ブースめぐり
ここでは「ヤリエ」「魚矢」「ヤマシタ」あたりが注目か。


⑪4号館で子供ゲーム
さて最後に行きつくは4号館の子供参加型ゲームである。
冒頭で「マス釣り」は放棄、と書いたが、すさまじい人気振りなのでハナから見ないフリ。
子供が面白がったのは「バトルフィッシング」「キャラクターすくい」であった。
全てのゲームが有料ではあるが必ず景品をもらえるとあって損をした感はない。
小生の目的はサンライズ・イチバン・アングラーズの即売会である。
物によってはAmazonの方が安い場合もあるので見極めが必要だが、大概の物は破格値である。特にライン関係は毎年1年分を買いだめしておくほど。PEラインが安くて助かるのだ。


さてさて、まずは小生のめぐるルートを紹介したが、今年不参加で残念なのが「モーリス」。
「VARIVAS」ブランドのステッカーや試供品を山のようにもらえ、しかも会員になればタオルと小さなタックルボックスももらえたのに。
大昔は「道楽」などといった一味ちがったメーカーも出展していたのだが、いつのころからか姿を見なくなった。「道楽」のステッカーは格好良くて好きだったのだが…。
新しい出展者がいる一方で消えていく出展者がいるのも業界の常か。


という訳で昨年の娘の様子を少々。

IMG_3347
プロックスにて親父にUFOキャッチャーの順番待ちをさせている間に自分はリールをいじる。


IMG_3354
がまかつにて熟練者とおぼしき男性と鮎竿をめぐって小競り合い。


IMG_3353
親父がラインの説明を受けている横でちゃっかり遊ばせてもらう。


IMG_3348

IMG_3356
最後は子供らしく色々遊んで終了。


各種イベントを効率よく回れば子供も十分楽しめるショーにしてくれていると思う。

毎年大変とは思うが、各メーカーさん、日釣振さんともどもずっと続けて欲しいと思う次第である。


さてさて、インフルエンザにでもならない限りは今年も行って、参加した感想は別日に報告させていただくとしよう。



IMG_4339

意外にも使えることが判明したトラウトロッド、調査日が小潮でしかも時間帯的には潮が極端に緩い状況の中での調査であった。




むむ、潮が緩けりゃそりゃ底もとりやすいだろう、潮が速い日にも調査を行ってこその実験ではあるまいか、などという理由をつけ、2019年1月19日も和田防へ渡堤である。
実験にかこつけて釣行したいだけ、と細君に揶揄されようが実地検証あってこそなのである。
なお、当日は月齢カレンダーでは中潮とあるが大潮直前であり、17時過ぎの満潮から一気に下げに転じる動きは調査対象としては不足なしの状況であった。


17時便で渡り、とり急ぎトラウトロッドに1gのジグヘッドを付けて投入。
ふむふむ、まだ潮が下げ始めたばかりの時間なので余裕で底が取れる。

1投目で15cmほどのガシラ、2投目でも同等のガシラである。
トラウトロッドの感度が良すぎて小さなアタリもかなり大きく感じてしまい、どれほど大きな魚が掛かったのか、とビックリしてしまう。

3投目でクンッとものすごく小さなアタリ。
やや、トラウトロッドでもこんなに小さなアタリだとよほど小さな魚だろう、と合わせてビックリ、いきなり竿の根本から曲がる。

IMG_4341

あいや、メバルであった。

IMG_4349

22.8cmだから和田防ではまずまず良い型だ。

これぐらいのメバルがかかるとトラウトロッドではパワー負けしてしまうのだが、そこがまた面白い。足場の高い沖堤でこその楽しみ方だと思われる。



さて、ここからが難儀だった。

本格的に潮が流れ始めると1gのジグヘッドでは底が取れないのである。
おそらく潮に押されて若干流されてしまい、底に軟着陸しているため着底の瞬間が分からないのであろう。
プラス、どうやら底に海苔が付き始めているようだ。何度か針に引っかかってきたが、これがクッションの役割をして余計に着底のショックを和らげているように思われる。


1gで底が取れないのであれば致し方ない、1.5g、1.8gと重さを上げていきやっと2gで底が分かるようになった。



こうなるとトラウトロッドでは厳しい…0.5~2gが適正負荷のロッドであるので2gのジグヘッドはMAXである。
ここにワームの重量と潮がラインやリグを押す力が掛かるので正直スペックオーバーな負荷がかかることになる。
着底してジグヘッドをダートさせるにしても途中でスイミングさせるにしても竿の胴が曲がりすぎてしまい、アタリもくそも分からなくなってしまった…。


これは釣りにならぬので、いつも使用しているメバリングロッドに変更すると…あら不思議、使い心地満点である。
底は取れるし、ダートはできるしスイミングも思いのまま。


こうなってくると正直なもので、

IMG_4343

IMG_4346

IMG_4348

ぽぽぽぽ~ん、と良型を上げることができた。


圧巻はこちら

IMG_4344

何やらいつもよりイカついお顔のこちら、

IMG_4347

なななんと27.7cmである。

いやぁ、久方ぶりの25cmアップ。引きごたえも抜群であった。



という訳で終わってみればメバル1尾とガシラ35尾の計36尾。
ガシラチャレンジを行った産卵前には及ばないが、1月にしては楽しめた釣行となった。





さてトラウトロッドの最終的な評価だが、潮が緩い日もしくは潮どまりの時間帯に細かいアタリを拾っていくロッドとしては非常に優秀である。
2g以上のジグヘッドを使うには厳しいので必然的に1g前後の軽いジグヘッドになり、その関係で潮が緩い時にしか使えない、という方が正しいやもしれん。

逆にメバリングロッドは胴に張りがある先調子なため潮が速くてもジグヘッドを重くして対応できる。
あまりに軽いジグヘッドをキャストするのは難しいため、潮が緩い日には持て余すスペックになってしまっている。

つまり、
潮が緩い→トラウトロッド
潮が速い→メバリングロッド
で使い分ければ、ガシラとメバルに関してはかなり面白い釣りを展開できるのではあるまいか。


当初の「メバリング入門者がとりあえずトラウトロッドを使用しても大丈夫か」という疑問については、「ある条件下では非常に有効だが、別の条件下では全く使えない」との回答になった。


さて、トラウトロッドの結果はでた。お次は……




ところで、和田防に渡って早速違和感。

IMG_4337

何かの調査施設が和田防の目の前に3つ立っているのである。
1/14に渡った時には無かったはず。
わずか1週間足らずで3つも調査施設!?



調べてみると気になる記事が…


うわぁ、和田防の白灯より少し西側の真上を通るじゃないか!!


あくまで概略図なので実際はどこを通るのかわからんが、和田防の間近を通すことは間違いなさそうである。

問題は橋脚の形と和田防周辺の環境の変化。


春のチヌ、夏~秋のタチウオ、秋の青物、冬のメバル、周年通してガシラと何を釣っても面白かった和田防、今後の魚の動きの変化が気になるところである…。





このページのトップヘ