IMG_4140


そろそろ半夜も厳しい気温になってきた。

夜釣りを満喫するのであれば今のうち、とばかりにこの週末も和田防に上陸である。



何を狙うか。



タチウオに玉砕されてばかりの小生にとってこの時期の狙い物はメバル一択。

ここは以前の垂水一文字同様、メバル仕掛けのみで臨んでみた。

しかもワームのみのお手軽仕様。所謂メバリングである。



なぜにメバリングなのか。


この時期のメバルを狙うのであればシラサエビのウキ釣りが常套手段であろうが、仕事の関係で半夜でしか渡れなかった小生にとって時間効率と費用対効果が悪いと判断した。

メバリングならば竿1本とジグヘッドとワームのみである。
最悪、釣れなかった時の言い訳にもなり細君からの釣行禁止令布告を防ぐための釈明材料にもなるであろう。



さて和田防。



行きの船中で知り合った御仁と真ん中の通称「出っ張り」に上がり、小生は赤灯側へ、御仁は白灯側へ攻め歩いていくことにした。
この御仁、メバル狙い専門とのことで名人の雰囲気がプンプンである。
これは負けてはおられぬ。



当日は北の風8m。内向きに1g程度のジグヘッドを投げるのは到底無理な風速であり、まずはテトラ側へのエントリーである。


出っ張りからわずか10mほど西よりで早速アタリ。

IMG_4137

20cm弱の可愛いサイズではあるが正真正銘のメバルがヒットである。


うむうむ、これは幸先がよろしい。もしかして名人より先に釣ったのではあるまいか。



浮かれ気分でどんどん赤灯側に釣り進んでいく。



が、その後、ウンともスンとも言わなくなった。

いや、正確にはガシラからの返答は随所である。
底から表層までガシラだらけ。

所謂「どこでもガシラマンション」が出現しておった。


もうこうなったらお手上げ。メバルを探そうにもガシラが先に食ってくるものだからパターンが見つけられないのである。


ならば内向きか、と普通は考えるのであるが、この日ばかりは北風が強すぎて無理。



う~ん、これはいかんともしがたい…。




諦めて大型ガシラ狙いに切り替えようと考え始めた頃、北風が緩んだ。



チャンスである。


早速沖堤本体にあがりカウント3ぐらいで表層を引いてくる。

アタリラッシュである。


ただ型が小さいのか針に乗ってこない。

いつもなら0.3gほどの極小ジグヘッドに変更して潮に流す「潮ドリフト」を行うのだが、風が緩んだとはいえ0.3gが飛ぶほどには緩んでおらぬ。


仕方なく1gで探るもやはり乗ってこない。



そこへ船中で知り合った御仁がやってきた。



「いやぁ、外は無理やけど内向きは釣れますなぁ」



は、はい?今、釣れるとおっしゃったような。



「今日はガシラが1匹も掛からないからメバル天国やねぇ」



え、今、メバル天国と…。


い、いったいどうやって釣っておられるのですか。




「あれ、釣れてないんですか?この風じゃ前に飛ばんでしょ。ダメもとで前に投げたらジグがちょうど際に着水してそこから流したら入れ食いです」


なんと、そんな技が。



「どうやら風に押されてメバルが際に寄ってるみたいですね」


とのこと。
う~ん、さすが名人。小生などは足元にも及ばんようである。


ここは素直に名人に従うも、「風の強さを計算して際に着水させる」という芸当が非常に難しい。
どうしても際どころかさらに手前に戻ってしまい、堤防の上に着陸してしまうのである。


際に着水するのは10回に1回程度。そうこうしているうちに迎えの時間になってしもうた…。


やはり名人芸、習得するには今しばらくかかりそうである。



IMG_4138


結果はご覧のとおりガシラばかり。ほとんどリリースしたので数えてはおらぬが、なんとかオカズは確保できたので良しとしようか…。


それにしてもまだまだ遠きメバル道。爆釣できるようになるのはいつのことやら。





スポンサードリンク