IMG_4161


いやぁ、ここまで急に寒くなると釣りに行くのも一苦労である。

寒いならまだしも風が強いと場所選定を慎重に行う必要があり、余計に釣果から離れてしまうのが悲しいところ。


「だったらやめればいいじゃない」などと細君は言うが、これしきの寒さで家に閉じこもっていてはボーズの神様に申し訳が立たぬのである。



という訳で12/8(土)、昼から西風10mという強風の中、娘と一緒に出陣。



今回は西風を避けられる場所でそこそこ釣果が出ており、娘でも楽しめそうなポイントということで須磨浦漁港一択となった。


ここは西側に大きな堤防を備えているため西風には滅法強い。
案の定、駅から漁港に着くまでは道具を吹き飛ばされそうなほどの強風だったが、堤防内側に入った途端に静かなものである。


沖側(テトラ側)を見てみると白波が立っておるが港内は鏡のよう。
むむ、小生のポイント選択眼は超一級ということが証明されたではないか。
これには普段冷たい娘も尊敬のまなざしを持って…



すぐにテントに籠られてしまった。

IMG_4163

「寒い寒い」と言いながら持参したテントに潜り込み出てこぬ。
どうやら父への尊敬の念より暖かいテントへの愛情の方が強いらしい。




須磨浦の一級ポイント、西側の桟橋付近はすでに常連さんが座っておられたので南西角付近に釣座を構えることに。
吉川釣具で購入したイシゴカイを天秤につけてチョイ投げで様子を探る。



風は冷たいものの水温は高めで水位しており、水深5m付近で18度ほど。


平年より高めで推移しており、まだまだ釣れる水温である。



事前情報では投げサビキでアジが釣れるとあったが、それは港内ではなく浜から出た突堤か外向きに投げた場合であろう。

IMG_4162

何人か狙っておられる方がおられたが全く釣れていなかった。



予想に反して小生の天秤もチャリコやハゼが掛かるもののポツポツと言った釣果。

しょうがないので伝家の宝刀、ノベ竿で際探りである。


するとここでも裏切らないガシラさん。
要所要所でグレとともにきっちりと顔を見せてくれた。



ちなみに写真は撮っておらん。
だって和田防でさんざん撮ってるし寒いのなんので…。

ガシラを5匹ほど釣ったところで日暮れを迎え納竿。
なんともお寒い1日であった。



探り釣りでガシラやグレが出たポイントは和田防と同じである。
つまりケーソンの切れ目。
沖側と狭い隙間で繋がっているのであろうか、仕掛けが吸い込まれる継ぎ目が複数あった。
もしかしたら沖側のテトラよりも有望なポイントやもしれぬ。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサードリンク