ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

2018年07月



IMG_3601


連日の投稿である。


例によって釣行できている訳ではない。
書きたいことが山ほどあるので今のところブログのネタには困らぬが、早く釣行したいものである。
試してみたい釣り方がいくつかあるのだが、いつになったら試せるのやら。
おいおい出てくると思われるので懲りずにお付き合いいただければ幸いである。




という訳で今回はクーラーについて考えてみよう。




ルアーしかやらぬ御仁の中にはキャッチ&リリースを旨とされており、クーラーなどいらん、という方もいらっしゃると思うが、釣り人であればほとんどの方が必要とされるはずである。
それほど身近なツールであるのにクーラーについて所見を述べられたブログをあまり見かけぬ。



であれば小生のクーラー考を披露いたそう。
初めてクーラーを購入されようとしている人の検討の一助となれば幸いである。
ただしあくまで小生の考えである。
間違ってもこれが世間一般の常識と勘違いされぬよう。




小生が考えるクーラー選びの優先順位は

①価格
②使用用途
③大きさ
④保冷性能
⑤使いやすさ

の順になる。



あいや、分かっておる。クーラーである以上、保冷能力が最優先であろう、それが4番目とはいかなことか!! という御意見はもっともである。



しかし、それは釣りに対して無尽蔵に投資できる大釣り天狗か家計を顧みないほど達観しておられる太公望かのどちらかであろう。



通常の釣り人であれば、ブリクラスを入れられるクーラーでも出来れば2万円台、小物釣りであれば数千円レベルで抑えたいはずである。



「あわよくば100均の簡易クーラーで…」という御仁もおられるかと思うが、残念ながらあれはクーラーではない。スーパーで買ったアイスを家に持って帰るくらいは出来ようが、朝釣った魚を夜まで保冷できるような能力はもちろんない。




②③の使用用途・大きさであるが、これは小生だからこその選択肢やもしれん。
電車もしくは自転車での釣行を主眼とするならば、必然的に小さなクーラーしか無理なのである。
特に自転車の場合はキャリアに乗せられる大きさとなるとかなり制限されてしまう。


④⑤は一般の釣り人の優先順位通りであろう。



さて、①~⑤までを満たすクーラーだが、現在のところ2種確保している。

ともにIgloo製であるが非常に使いやすい。


ひとつめは




この15ℓのクーラーである。

IMG_3617

小生の所持しているものとAmazonで販売しているのとは細部が異なっているが、おそらく同系列の商品のはずである。


このクーラー、2ℓのペットボトルが2本横向きにきっちり収まる。
2ℓの水のペットボトルをキンキンに氷らせて2本寝かせて入れ、その上に新聞紙を置いて、あとのスペースに獲物を入れていく寸法である。

IMG_3618

フタ部分に保冷能力はないし、スライドする構造上、密閉はできない。
にも関わらず、前回の和田防釣行から帰って翌日の夕方まで氷は完全に溶けていなかった。
どうやって冷気を保持しているのか分からぬが大した保冷力である。
ただ、密閉できない以上、氷締め等はできない。あくまで凍らせたペットボトルや保冷剤を使用する前提である。
こちらは主に自転車釣行に活用している。荷台に乗せるのにぴったりの大きさなのだ。



さて、お次は電車釣行。


電車の場合はクーラーをキャリアに乗せて運ぶか、クーラー自体にホイールが付いている必要がある。



これである。

先日のプライムセールで購入したので、小生は4,000円台で購入した。

IMG_3620

実は前回の和田防釣行に持っていくべく前日到着するよう注文しておいたのだが、21時を回っても到着せぬ。
Amazonに確認の電話を入れると、注文が殺到して配送が1日遅れになったそうだ。
豪雨災害もあったから致し方ないので前回の釣行は赤い方のクーラーを持参した。
なのでこのクーラーは未使用である。



赤いIglooよりも一回りほど大きいので自転車釣行には向かぬが、

IMG_3621
IMG_3623

スーツケースのごとく、ゴトゴトと引いていけるのは非常にありがたい。
電車釣行時の荷物運びの悩みが解決するというものである。

IMG_3622

中身は2ℓペットボトルを縦に入れられる大きさ。
通常の沖堤釣行であれば必要十分な大きさである。
ちなみに保冷力は前述の赤いクーラーに引けを取らぬとのうわさ。
次回釣行にて真偽を確かめてみよう。



さてさて、それでは沖堤で間違ってブリが釣れてしまった場合どうするか。



ブリとはメジロの80cmオーバーを指すことが多い。つまり頭と尾を落としても50~60cmほどは必要になる。
あいや待たれい。あわよくば80cmオーバーのまま持ち帰りたいのが人情であろう。



そういう時のためのニッチな商品があった。



ルミカのおさかなパックLLである。



この商品、内寸910mmのジッパーがついた袋である。若干の保冷機能のついた大きなジップロックと思っていただければほぼ正解である。


つまりだ。これを携行しておけば90cmまでのブリを持ち帰ることができるということになる。


ブリが釣れることを夢みて常に携行しているのであるが、ただただ残念ながらついぞ使用したことがない。この夢が叶う時が来ればよいのだが、そもそも釣れる仕掛けを投げていないのでやはり夢で終わってしまいそうである。




【番外編】


自転車や電車に縛られない釣行も稀にある。

小生の場合は家島の釣り堀に釣行する場合であるが、その場合は車載になるので当然ブリが入る特大クーラーを持参する。



このデカクーラーである。
ブリでも10尾ぐらいは余裕である。大ダイだろうが冬場のクエだろうがドンとこいである。
惜しむらくはクーラーの半分も釣ったことがないことだけが残念である。


とはいえ、このクーラー非常に大きい。
IMG_3602

フタに刻んであるメモリでも75cmまである。実際の内寸は80cmを超えるであろう。
保冷力も折り紙つきで、キャンプでも使用するのだが、赤いクーラー同様、2ℓの凍らせたペットボトル2本で翌日まで保冷可能である。


容量も100ℓを超えるので室内では置けず、ウッドデッキに置きっぱなしである。
なので当然、

IMG_3604

このように物置代わりになっておる。

当面の目標はこいつが閉まりきらないほどの獲物を持って帰ることなのだが、いつになることやら。



IMG_3612



例によって釣りに行けておらぬ。



台風で被災された方や先日の大雨による二次災害を心配されていた方々には非常に恐縮なのだが、こう週末を狙ったかのように天候が悪いと釣りに行けないストレスをどこで発散したらいいのやら…。



釣りに行っておらぬ逃げ口上はこれぐらいにして、今回は私の使っている仕掛けの紹介でお茶を濁させていただこう。
とは言っても、和田防で私が最適だと考える穴釣り仕掛けを紹介するだけのことである。
穴釣り大好きな諸兄のみ読み進めていただければそれでよい。


さて、穴釣りといえばブラクリである。
本記事冒頭に代表的なブラクリ画像を載せておるが、これは実際に小生が所持しているものだ。
ただ所持しているだけで全く使っておらぬ。使う気配もない。いずれどこかで使うだろうとタックルボックスに忍ばせてはおるが、おそらく後10年は眠るものと思われる。
というか、この記事を書くためにタックルボックスをひっくり返すまで存在すら失念しておった。



というほど和田防ではブラクリを使う必要性を感じない。
というよりも、ブラクリを使うのがもったいない、という方が正しいか。
もっと簡単で割安な仕掛けで釣れてしまうので、どうしてもブラクリの出番がないのである。



和田防のテトラであるが、

IMG_3461

まぁ、誰もが想像する標準的なテトラである。



初見の釣り人は間違いなくテトラの上に乗り、テトラとテトラの間にできた穴に仕掛けを落とすであろう。かくいう小生もその1人であった。



ところがだ。



和田防に限らず言えることであろうが、沖堤に関して言えばテトラ同士の穴よりもケーソンの継ぎ目の隙間の方が魚影が濃い。しかもその隙間の出来るだけ奥の方が大型の出現率は高い。
「なぜ?」と聞かれれば理由は分からぬ。経験則でそうとしか言えないのである。
ただし、あくまでケーソンの隙間にある程度の水深がある場合に限る。
垂水一文字の東側のように干潮時になると敷石が水面から出てしまうような場所だとテトラ同士の穴の方が魚影は多くなる。



さて、和田防。



上記のようにテトラの上に乗る必要はない。ケーソンの上から継ぎ目に仕掛けを落とすだけでよいのだ。



ただ少々テクニックはいる。
ケーソンの真上はゴムだか何だか分からぬが何かしらの素材で隙間を埋められている。真上からケーソンの奥に仕掛けを投入することは不可能なのだ。
従ってケーソン側面から仕掛けを投入していくことになる。



かのニュートン大先生が発見された万有引力の法則どおり、物は真下に落ちることはあっても真横に自然落下することはない。
しかるに横に物体を動かす場合は、その初動において必ず何かしらの力を加わえる必要があるはずである。物理のテストで赤点をとったことのある小生が言うのだから間違いない。



ところがだ。釣り道具というものはほとんどの物が前方に仕掛けを投入するのを前提に開発されているはずである。そもそもであるが釣り人の足よりも下側後方へ投げ入れるようにはできておらぬのだ。



ではどうするか。



海というものは時に便利なもので「波」というものが発生する。そのエネルギーたるや大変なものでテトラの隙間を縫い、ケーソンの際にまできっちりと到達する。
要はその「波」を利用するのだ。

もし沖堤に上がる機会があれば観察して欲しいのだが、ケーソンの継ぎ目をのぞき込むと必ず海水が出入りしている。これは波の満ち引きに連動して出入りしているのであるがこの満ち引きに仕掛けを乗せて転がせてやれば奥へと運ばれる寸法である。


あとは波に乗せやすい仕掛けにすればいいだけの話である。
「落とす」ではなく「波で転がす」を念頭におけば、おのずと下記のような仕掛けになろう。

IMG_3624

すまぬ、小生イラレやフォトショといった高級なソフトを持ち合わしていない。持ち合わせておったところで使いこなす技術も持っておらん。
で娘に借りた伝言ボードに描いたイラストでお許し願いたい。
いや、適当に描いてはおらぬ。本気で描いてこのレベルなのだ。
字の汚さは遺伝である。小生のせいではない。



イラストだけ見ると何の変哲もない仕立てと思われようが、この組み合わせで販売されている仕掛けをついぞ見たことがない。見たことがない以上自分で作るのみだが、非常に簡単なので蘊蓄とともに披露しようと思う。
なお、あくまで小生が思うベストであろう仕掛けである。もっと効率のよい仕掛けを教えていただければ喜んでそちらを使おう。


①道糸

IMG_3606

フロロである。
穴釣りの特性上、どうしても根擦れ(この場合はケーソン擦れか)が起こるので擦れに強いフロロ一択になる。
PEは貝に掛かるとすぐに切れるし根掛かり時に無理に引っ張ると竿の方が負けてしまう。ナイロンは擦れに弱い。
太さは3号(約12lb)で十分であろうが、小生は手元にあった3.5号(14lb)で間に合わせておる。まぁ大差はない。

画像は昔小生がよく利用していた「POPEYE」オリジナルのフロロラインである。50m換算約300円という非常にコスパのよい商品であった。
再度購入したいと思っているのだが京都店も尼崎店も琵琶湖店も閉店しておりどこで購入できるのか分からぬ。
仕方なく

IMG_3605

こういった商品を購入しておるが、70mで672円…まぁ、これでもコスパはよい方であろう。



②オモリ

IMG_3608

これが今回の核心である。
丸オモリであらねば成立しないのだ。

先述のとおり、波の波動に乗せて仕掛けを「転がして」いくイメージである。なのでブラクリによくある瓢箪型オモリでもナツメでもナス型でもなく「丸」である必要がある。
しかも出来るだけ奥に届けるには軽い方がよい。
図や上記の画像は2号になっておるが、手にはいるのであれば1.5号の方が望ましい。
それ以下になると今度は仕掛けが落ち着かぬので1.5号が下限と思っていただければよかろう。

画像はAmazonで購入できる格安オモリである。
2018年7月30日現在、1kg入りで2号が2,033円、1.5号が1,972円である。


一応、該当ページを載せてみるが、これで見ていただけるのだろうか。
ちなみにプライム会員であれば送料無料になるが、在庫や時期によって価格は変動する。

画像で1/3ほど使った状態である。なので購入時は見た目1.5倍ほど入っておる。週イチの釣行であれば半期は持ちそうな量である。

なお、オモリはツマヨウジで固定した方が釣果はよい。


③サルカン
画像すらない。サルカンであればなんでもよろし。


④ハリス

IMG_3607

これはナイロンで道糸よりも号数の低いものになる。
画像はたまたま手元にあったものであるが、こんなに高いハリスを使う必要はない。
安売りの1~1.5号程度で十分である。
フロロでもよいのだが、ハリスは根に擦れる機会が少ないためより安いナイロンにしているだけである。

なぜ道糸よりも細いラインを使うかだが、根掛かりには2種類あり、オモリが引っかかる場合と針のみ引っかかる場合がある。
オモリが引っかかった場合は緩めたり放置したりしておくと外れる場合が多い。ただ針が引っかかるとどうやっても外れぬ。切るしかないのである。
ただ切るにしてもオモリは回収したい。ではどうするか。
オモリの上ではなく下で切ればよいのである。
ハリスを細くする理由は「切れやすく」するためなのだ。
メーカーが切れにくいラインの開発に躍起になっているというのに「切れやすさ」を求めるなんてとんだへそ曲がりである。


⑤蛍光玉

IMG_3613

ヤフオクで大量に手に入れたものである。
100円と記載されておるが、単価はおそらく20円を切るほどの安さであった。

画像はハードタイプであるが、クッション性のあるソフトタイプでも一向に構わぬ。

理由は分からぬが付けている方が間違いなく釣果はよい。


⑥針

これはこだわりがある。

IMG_3609

好んでグレ針を使っておるが、カサゴ針にしろ必ず「ネムリ」が入っている針を選ぶ。
根掛かり率を各段に減らすことができるのだ。
ネムリが入っている以上フッキング率が下がるように思われようが、下の画像のように

IMG_3611

ああ、またもやピンボケ。スマホでうまく撮影できぬ自分が悔しい…。

返しのない所謂バーブレスフックを使用すれば解決される。
こと穴釣りに関して言えばフッキングしてしまえば力業で巻き上げるのみであり、返しを必要としない。
実際、フッキングしたあとでバラしたことはない(ガシラのエラロックでラインブレイクは何度もある…)。

ネムリがあって返しがない、こんな針が存在するのかと思ったらあった。
がまかつの「あわせちゃダメジナ」である。


がまかつさんにしては思い切ったネーミングであろう。もはやネーミングのせいで売り上げを落としているのではないかと心配になるほどである。
ちなみに私の画像にあるパッケージは非常に古いものなので値段もかなり前の価格である。全く参考にならないのでAmazonの価格を参考にされたし。


この針、非常に太軸だが見た目に反して刺さりはすこぶるよい。穴釣りだけに関していえば今後もこの針を使い続けるであろう。


上記の仕掛け中、サルカンより下を事前に用意しておき

IMG_3614
IMG_3615
IMG_3616

これこのように多数用意しておくと現場での手返しがとてもよくなる。

単価換算すれば市販仕掛けよりも随分と安いはずであろうから一度お試しあれ。










IMG_3461

暑い!!


なんでも命に関わるようなレベルの気温だそうだ。


そんな日に朝から沖堤なんてとんでもない話である。
いくら釣れていても命あっての物種。
ここは我が身優先に涼しい時間を狙っての釣行がよかろう。



という訳でようやく和田防の記事が書ける。



ブログを立ち上げてからというもの、記録的大雨やキャンプなどで暫く本来の釣りが出来ておらなんだ。
だが、ようやくホームグラウンドに上がれると思ったらこの猛暑。

「水分を細目に」とか「塩分をとるように」とかいうレベルではない。雲ひとつない青空はうれしいものだが、真夏の釣行日ばかりはうらめしいばかりだ。

いつもなら朝10時から21時の半夜で行くのであるが、致し方ない、17時の渡船で超短縮版の半夜釣りと洒落こもうではないか。

なんせ快適に釣りができればそれで良いのである。




閑話休題。



小生の「本来の釣り」であるが、ブログの副題にもあるとおり、神明間の釣り場を自転車もしくは電車で釣行することを旨としておる。
従って前回のような車を使ったキャンプ釣行のような釣りは例外なのである。


電車で釣行する場合、駅から釣り場までのアクセスの良さが条件のひとつとなる。
小生は沖堤が好きなのだが、「電車」というキーワードを絡めた途端釣り場は限られる。


神明間で考えた場合、「和田防」もしくは「垂水一文字」が候補として挙がってくる。
駅から徒歩圏内の渡船店で絞れば、神戸沖堤は河内渡船に限られてしまう。


七防やポーアイ沖堤にも上がってみたいが、それは贅沢というものであろう。
まずは和田防を極めることに専念したい。



本題に戻ろう。



という訳で17時便で和田防にあがった。
今回は珍しく会社の釣り部長とI隊員が一緒だった。
釣り部長と小生はあわよくば通しで朝までやるつもりの渡堤である。I隊員はうら若き女性なので門限がありハナから21時強制送還の予定だ。


河内渡船で2人だけ通しの旨を告げると1番と2番の番号札。通しは通常の番号札と違うため、番号を見れば何人が通し予定か分かる。どうやら通しは小生たちだけのようである。
21時までのI隊員は通常札だが、なんと2番の札。どうやら17時以前の便で渡ったのは1人だけのようだ。
これはほぼ貸し切り状態であることを示している。
そりゃ「生命の危機レベル」という暑さであれば影もない沖堤に昼から渡るもの好きはおらんであろう。



IMG_3458

いやぁ、涼しい!!


神戸駅から河内渡船の店舗経由で渡船場所まで歩くのは地獄のような暑さであったが、船のうえは非常に気持ちが良い。
海上は風が強かったので多少の揺れはあったが、風に吹かれる気分のよさは極上である。
生命の危機どころか命の洗濯ができるほどの心地よさであった。



と思ったが、波止のうえは強風であった…。
ロッドケースが飛ばされないか心配なほどの風である。



とりあえずまだ日が高いので1時間ほど穴釣りでお茶を濁そうとしたが…

IMG_3581

ちょっと分かりにくいと思うが、穴という穴がゴミだらけ…。
穴釣りマニアはお分かりだろうが、上の画像の水面が見える部分はポイントになりえず、ゴミが浮いているあたりが一級ポイントなのだ。


どうやら先日の豪雨で流されたゴミが海上を漂い、最終的に沖堤のテトラの奥まで流れついてしまったようである。


まぁ見事に穴が塞がれてしまっておる。西の赤灯から真ん中のハシゴ付近までしか見ておらぬが、この調子だと白灯まで延々ゴミだらけなのではあるまいか。



おそらくゴミは浮いているだけであろうから、その下に仕掛けを届けることができたら通常の釣りができたであろうが、こういう事態は想定してなかったので通常の仕掛けしか持参しておらぬ。


仕方がないのでゴミが動いた瞬間を狙って隙間に仕掛けを落としていく。

IMG_3578

でなんとかガシラ3尾とムラソイ3尾を確保できた。


通常ならば穴釣りだけでこの3倍は確保できていたが、やはりこのゴミの多さでは手返しが悪くなってしまう。



この時点でI隊員はガシラ1尾、釣り部長に至ってはアタリすらないボーズだ。
I隊員は可哀そうに思うが釣り部長はザマァミロである。



18時を回ってくるとそろそろ夕暮れ。
小生はこの時間帯からジグヘッドでのボトムワインドにスイッチすることにしている。
「ボトムワインド」なんて恰好の良いことを書いておるが、ようはジグヘッドを底まで沈めてチョンチョンとシャクッてテンションフォールを繰り返すだけである。


肝は最後の「テンションフォール」。ここで当たってくることがほとんどだ。
フリーフォールさせているとまずは取れないアタリなので、必ずテンションフォールさせることが肝要である。


これが面白いように当たった。19時半頃までほぼ入れアタリである。
ただ残念ながらほぼリリースサイズ。5尾釣って1尾キープできるぐらいの確率か。
やはり水温が23度近くまであがってくると大型は沖へと沈んでしまうのかもしれん。



とか色々貧果の言い訳を考えておったら、小生より赤灯よりで同じくジグヘッドを投げておった釣り部長が「釣れん」とボヤきながら歩いてくる。
さすがに哀れになり「底に着いたらチョンチョンっす」とヒントだけ教える。
テンションフォールの肝要な部分は教えぬ。


「チョンチョンか…」と解せぬ表情で離れていく部長。可哀そうだがパターンを見つけるのが釣りの面白さ。全部教えてもらってはそれは「釣」ではなく「漁」であろう。



暫くすると釣り部長が元の場所で何やら騒いでおる。
どうせ釣れぬから癇癪を起しておるのであろう、と無視しておった。



なおも騒ぐので五月蠅いなぁ、とそちらの方を見てみると、喜々とした表情でこちらに近づいてくる。

「これはアコウではないのか。魚の棚で4,000円ほどで売っているあれではないのか」とのたまう。



実は小生、この和田防でアコウを釣ったことはおろか、釣れたところも見たことがない。
どうせベラかなにかを間違えておるのであろう、と思いきや…

IMG_3599

なんと、正真正銘のアコウであった。



ア、アコウ!!!!



丹後の船釣りでは何度も見たが…波止でアコウとはなんとうらやましいっ!!


という顔を小生がしておったのであろう。釣り部長、急に態度が大きくなる。



「え、キミは何を釣っておるんかね? ガシラ? ふ~ん、ワシはアコウを狙っておるんだがね。ほれ、狙い通り。え、キミ、ガシラだけ?へ~」


なんてシラジラシイ!!!



さっきまでの立場が完全に逆転し、釣り部長はアコウの釣り方の教授までしてくれる。


「チョンチョン? 違う違う。ズル引き。駆け上がりの根掛かりポイントをかわしてくるのがポイント」
なんて一人前のような口調で自論を展開してくる。



ほっといてくれぃ。小生は小生の釣り方があるのである。あくまでチョンチョンでと拘っている間に20時半になってしまった。



ここでI隊員は21時の迎えに乗るため片付け開始である。
釣り部長と小生のここまでの釣果をI隊員にお土産として持たせ、仕切り直しで朝まで釣り続けるのだ。


ここまでのキープ分であるが

IMG_3597

3人分ごっちゃにしてしまったので誰が何匹釣ったか分からぬようになってしもうた。

一番うえに自分の釣ったアコウを並べるところが釣り部長のイヤラしいところである。
これで管理職だというのだから我が社の行く末が案じられよう。



さて、日も完全に暮れたので胴突きに切り替えようとした時、何気なく六甲山方面を見ると…

何やら怪しい雲がかかっておる。
六甲山頂付近は間違いなく雨であろう、というような雲だ。


そういえば河内渡船のオヤジが「雷雨になったら引き揚げますんで」でおっしゃっておった。
天気図的に六甲の雲がこちらにくることはなかろうが、万が一雨に打たれて朝まで待つのはイヤである。


釣り部長をみるとアコウを釣って満足したと見え、すでに帰る準備を始めている。
河内渡船では1人での通し釣りはできないため、部長が帰るのであれば小生も強制送還である。
どちらにせよ帰る方向性に傾いていたので、ここは気持ちよく納竿とした。



朝まで通しは次回までのお預けとなったが、何はともあれ涼しく気持ちの良い釣行であった。

真夏の昼間に汗だく・意識朦朧で釣りをするぐらいならば沖堤の半夜で涼しく釣りをするのがベストと思えた1日だった。


【使用タックル】
穴釣り竿…穴釣り専用ロッド(ヤフオク落札価格2,000円ほど)
穴釣りリール…RYOBI ALLERT mini70(ヤフオク落札価格300円ほど)
穴釣り仕掛け…自作 丸オモリ2号+ハリス1.5号+カサゴ針10号
ボトムワインド
竿:メジャークラフト エアライツ(ヤフオク落札価格2,000円ほど)
リール:ダイワ エンブレム(10年以上前のリールなので価格不明)
ライン:PE0.6号+リーダー1.5号1ヒロ
ワーム:メバリング用を適当に


【経費】
渡船料:2,000円
交通費:定期の範囲内なので無料
エサ:キビナゴ、青イソメ、石ゴカイ合わせて3人で2,000円分ほど。
   ただし21時で切り上げたので全く使用せず。もったいない…。


※涼しいとはいえ、沖提でも無風の日もある。時間に関係なく水分と塩分補給ができるものは必要以上に用意されたし。
※本記事の1枚目と2枚目の画像は別日撮影の画像である。記事の進行上分かりやすさ、見やすさを優先した。ご了承を。他の画像は全て当日のものである。





IMG_3569

平日は仕事があり釣りに行けぬ。


いや、言いたいことは分かる。
「翌日仕事でも夜釣りに出るのが漢である」と。


20代の頃はそれでも大丈夫であったが、オッサンと呼ばれる年齢になってくると翌日の仕事は使い物にならないクズと化してしまう。
一応これでも会社員であるので、愛する妻子のためにも平日の釣行は控えるのが賢明であろう。


すまん…眠いだけである。




という訳で先日のキャンプのインプレでお茶を濁す。
釣りとは全く関係ない内容なので、興味のない諸兄は読み飛ばしてくれい。



さて、弁天浜キャンプ場である。


前回のブログで書いたとおり、キャンプ+釣りという観点では非常に優秀なキャンプ場であった。
細君と財布の中身が許してくれるなら来年と言わず、今シーズン中にもう一度行きたいくらいである。


ではキャンプのみという観点で見た場合の「弁天浜キャンプ場」はどうであろうか。


全くの私見ではあるがインプレを試みたい。



【アクセス】★☆☆☆☆
正直遠い。
神明間からだと通るルートにもよるが2時間半~3時間ほどはかかる。
できるだけ高速は使わぬ小生の場合は175号線を北上ルートで4時間ほどかかった。


【料金】★★☆☆☆
ちょっと変わった料金体系である。
今回は砂浜区画サイトを利用したのだが、サイト料金6,000円だけかと思いきや、大人のみ1人当たり1,000円を徴収された。
代わりにテント代やタープ代を取られることはなかった。
メンバー構成にもよるが10,000円コースは覚悟した方がよかろう。
ちなみに子供とペットは無料であった。


【サイト】★★☆☆☆
IMG_3557

今回の砂浜区画サイトは必要十分な広さであった。
10人用テントと中型タープでスペースはまだ余ったので、2家族2テントスタイルでも十分だと思われる。
ではなぜ★2つなのか…。
オートサイトではないのだ。海岸の入り口に管理棟があり、その横の荷下ろしスペースから大八車のようなキャリアでサイトまで荷物を運ぶ必要がある。
今回のサイトは「砂浜」区画サイトである。
サイトに行くまで砂浜である。
大八車の車輪が砂に埋まる…。
大昔の奴隷とはかくも苦しい労働を強いられていたのか、と思わず涙ぐむほどのつらさである。
これを炎天下の中、行き帰りやることになる。
釣りができなきゃ二度と行きたくないサイトである。

ただ、着いてしまえば天国。
風はここちよくそよぎ、背後の山がうまく日を遮ってくれる。
虫が多いという情報だったが、当日は蚊すら気にならなんだ。
高原キャンプで「ブユ」の恐怖に怯えることを考えると快適この上ない環境である。


【アクティビティ】★★★★★
IMG_3568

お分かりであろうか、水中の岩礁がくっきりと見えるのである。
この水質だけでも★5つものであろうと思うが、なんとホバーボード、ジェットパック、フライボードなども体験でき釣り以外のアクティビティも十分すぎるほどに揃っている。

子供たちは

IMG_3556

このように磯遊びもでき、泳ぐことに飽きても魚を探すことに夢中になり、一向に海から上がってくる気配がない。

よくあるキャンプ場のように子供が時間を持て余す心配は全くない。
まったり過ごしたいキャンパーには向かぬが、アクティブキャンパーにはうってつけのキャンプ場と言えよう。
行き帰りの大八車強制労働もこの環境であれば我慢できるというものだ。


【安全面】★★★★☆
オートサイトではない反面、場内に車が走っていないというのは非常に安全性が高いと言える。
しかも管理棟で入場を申し込んだ客しか入れぬ地区であるため、非常識な連中はあらかじめ排除されていると考えてよかろう。
しかも入江になっており沖の波止もあるため波らしい波はない。
遊泳エリアも小ぢんまりしているうえに砂浜区画サイトやフリーサイトからは海が丸見えなため、子供がどこにいるかすぐに確認できる。
水深も浅く沈み岩礁の角も丸いため、子供たちが怪我をしたり事故にあう確率も低いと思われる。

ただ1点難点が。
海水浴場には必ずいる監視員がいないのだ。
いたのかもしれないが少なくとも小生の視界には入ってこなかった。
「海水浴場」ではなく「キャンプ場」だからだろうか。
小さな子供がいる家族は常に視界の片隅に子供を入れておいた方が良かろう。


【その他】
須磨海岸のように目の保養にはならぬ。
ビキニは隣の竹野浜にウヨウヨしているのでそちら方面を期待している御仁は竹野浜に向かうべし。

チェックアウト後も海水浴を楽しみたい場合は竹野浜への移動が必要だが、ペット連れはさらに東にある「青井浜」がおすすめである。
弁天浜がキャンパーのみであれば、青井浜は「ワンコ連れ」のみの珍しい海水浴場なのだ。
駐車場入り口でしっかりとワンコ連れかどうかを確認されるので間違いない。
必然的に客は少なく弁天浜なみにゆったりと海水浴ができる。
ただビキニはいない。

さらに
IMG_3571
ワンコ温泉付き。しかも温泉は無料ときたもんだ。

海に放り込まれて上がってきたら温泉に入れられる我がワンコの非常に迷惑そうな表情が印象的であった。


【総合判定】★★★☆☆
+釣りのことを考えれば★5つでもよいがキャンプ場だけの評価であればどうしても下がってしまう。
大八車強制労働さえなければ★5つに限りなく近い★4つでもよいのだが…。
なかなかうまくいかぬものである。


IMG_3557

キャンプである。


「また釣りの話じゃねぇのか」と思われようが、しばし待たれい。


この時期、集中的にキャンプに出掛ける小生だが、キャンプに出掛けると必然的に1泊2日になるため釣りに行く時間が削られるというジレンマに陥っておった。


「じゃあ海沿いのキャンプ場でキャンプしながら釣りすればいいんじゃね」という賢明なる諸兄のお言葉が聞こえてきそうだが…。
夏キャンプ、しかも3連休になってくるといくら「釣りもできちゃう」なんて魅惑的な言葉で中年アングラーを騙そ…虜にしているキャンプ場でも、激混みになり遊泳客によって巻き上げられた土ぼこりで釣りどころの騒ぎではないのである。
ビキニのお姉さん達を目の端にしっかりとらえながら細君の愚痴を肴に酒を飲むしかなくなるのだ。
中年アングラー達を待っていたお魚さんたちもよい迷惑であろう。


ところがだ。


ある情報筋によると水質が異常に綺麗で、しかもキャンプサイトが限られているために遊泳客も少なく、ハイシーズンでも釣りが成立するキャンプ場がある、というではないか。



名を「弁天浜キャンプ場」という。



はて、聞いたことがないキャンプ場だな、という諸兄も多かろうと思うが、城崎温泉の海側、竹野海岸のすぐ西隣りと言えば分かりやすいか。
海水浴場という名ではない。キャンプもしくはBBQの客しか入場させない、いわばプライベートビーチ的なキャンプ場なのである。
日中はそれなりに遊泳客がいるため必然的に釣りはできぬが、夕方になると

IMG_3563

これこのとおり遊泳域隣すぐの波止に釣り人が現れるのである。


BBQの客は撤収後なのでここで釣りをするのはキャンプの客のみということになる。


子供たちがバシャバシャやった後ではあるが比較的水は澄んだままであり、豆アジなどが悠々と泳いでいるのが目視できる。


これは期待ができそうである。
小さな波止なので今から行ってもスペースがないであろうから、彼らが撤収してから行ってやろう、としばらくはキャンプサイトで家族サービスに徹しておった。


期待通りの裏目である。


寝てしもうた…。


目が覚めたのは4時半、うっすらと夜が明けてきているころである。
テントを飛び出し、サイトから件の波止を見てみると薄暗いので確証はないが誰もいないようだ。


すぐにライジャケと竿とクーラーを持って飛び出した。
ちなみに各種道具はライジャケのポケットに全て入れてあるので身軽なものである。


波止まで波打ち際を小走りすること5分、しめたっ、誰もいない。
いそいそとエギングロッドに仕掛けをセットし石ゴカイをつけて第一投。

IMG_3565
釣れてしもうた。


なんとまさかのカレイである。



海水浴を数時間前までやっていた砂浜の小さな波止でカレイ…。
これを奇跡と呼ばずして何といおうか。



ただ、奇跡とは往々にして誇張されるもので、このカレイ…わずか10cmほどの子供であった。
もちろん写真を撮ってすぐにリリースである。


この釣り場、さすが水質がよいビーチのすぐ隣だけあって、波止からみると藻や水中岩、砂地がくっきりと見える。
偏光グラスなどなくともしっかりと区別できるのだ。これはスゴい。波止寄りであれば藻から出入りする小魚すら見えるのである。


その藻や水中岩と砂地の境目をゆっくりとサビいてくるとほぼ100%の確率でアタリがある。
ほとんどはグーフーであろうアタリだったので無視してサビいたが、中にはキス独特の子気味よいアタリが混じる。
ピンギスではあるが飽きない程度に釣れてくれて非常に楽しい。



IMG_3570

まさかの20cm!!


真夏の海水浴ビーチでこのサイズはあまり出ないのではあるまいか。
うん出ない。出るはずがない。きっと小生の腕のなせる業であろう。


このあたりで朝8時を回り、子供たちも泳ぎ始めたので納竿とした。


いやぁ、この弁天浜、オススメである。キャンプをやる諸兄は是非とも釣り竿を持参されたし。


ちなみに使った仕掛けはこれのみ。

IMG_3573

超初心者向けだがしっかり釣れる。
実際にカレイとキスが釣れたのだからよい商品であろう。
左下に値札が貼ってあるが、たまたまタックルベリーで100円で購入した。
コスパ最強である。


【使った道具】
竿:ゼナック アソートショア アキュラ(10年以上前の竿なので価格不明)
リール:バイオマスター2500Mgs(これも10年以上前のリールなので価格不明)
ライン:PE0.8号+リーダー1.5号1ヒロ
仕掛け:画像のとおり(108円)
エサ:石ゴカイ500円(竹野海岸にエサ屋あり。閉店が早いらしいので注意)

【釣果】
カレイ…10cm
キス…10~20cm×10尾ほど
フグ…数え切れず
ガシラ…15cm

【追記】
先日修理したエアベッドの検証も兼ねたキャンプであったが、写真をとるのをしっかり忘れておった。
結論のみの報告となるが、全くエア漏れなく朝を迎えることができた。
つまり「成功」である。
瞬間接着剤+グルー+それをカバーするシールでエアベッドは直ることが実証された。
我が細君のうれしそうな顔が何よりである。

このページのトップヘ