ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

2018年08月

IMG_3499


明日から盆休みである。



盆休みは例年家族サービスに充てるため釣行が出来ぬ。

まぁ暑い時期であるからそもそも昼間の釣りは腰が引けてしまう。
釣行は盆明けまで休むとしよう。




さて胴突き仕掛けである。




釣りをされるのであればおそらく初心者でも知っておられるであろう。

オモリを仕掛けの一番下に付け、その上の道糸に枝糸が数本出ているアレである。

オモリをカゴに変えて枝糸の針にハゲ皮などを付ければサビキ仕掛けになるので、そういった意味では胴突きは基本中の基本と言える仕掛けであろう。



私が和田防で使う胴突き仕掛けも当然同じ形をしている。

ただ、ちょっとした工夫で釣果が大きく変わってくる。

今回はそのちょっとした工夫をお伝えしたいと思う。



IMG_3704

仕掛け自体は特になんの変哲もない市販仕掛けである。

変哲があるとすればメバル専用ということと値段ぐらいか。



メバル専用ということだけありネムリの入った針がセットされている。
胴突きの場合は針が根掛かりすることが少ないので特にネムリを必要としないが、まぁあった方がよいであろう。
それよりも重要なのは針の大きさである。



以前の記事↓で「胴突きは手返しが悪い」と書いた。






なれば手返しがよくなるように工夫するのみである。

その工夫のひとつが針の大きさ。



手返しが悪くなる原因の2大要因が「針を飲まれる」「リリースサイズが掛かる」である。



針を飲まれれば当然ラジオペンチや針はずしで魚の喉を「オエッ」としなければならないし、何よりもリリースが不可能になってしまう。
小型が掛かったら掛かったでリリースするために一旦竿を置く必要が出るだろう。

手返し=水中にエサを滞空させる時間を長くする、であるから竿を置く時間はなるべく削りたいのである。



この両方を回避するためにチンタ針、カサゴ針、ムツ針などであれば10号以上をお勧めする。

置き竿にしない限り10号あればほぼ飲まれることはないし、小型も掛かりにくい。

実際に先日の通し釣りではジグヘッドで1尾飲まれたのにも関わらず、胴突き10号針では1尾も飲まれていなかった。
20cmクラスのガシラでも飲まれないので、メバルやグレでも飲まれる可能性が低い。



あとは値段の問題。



上記画像の仕掛けは値札の通りであれば3本針3セットで236円。
1セット約78円、1針約26円である。
うむ、安い。

実はヤフオクで大量に落札したのだが、実際は40袋で2,000円程度だった。
1袋50円、1セット約16円、1針約5.5円…。
ヤフオク万歳である。


上記のような内容であれば特にメバル専用にこだわる必要がないため

IMG_3706

このような仕掛けでも代用可能である。

こちらは2セット入りで160円だから若干割高か。


Amazonであれば


このあたりが妥当か。

値段よりも便利さを優先されるのであればAmazon利用も有効である。




さて、仕掛けで手返しの工夫をするのであれば竿や小物でも工夫したい。あいや待たれい。
実はエサでも工夫できるのである。
順を追って説明していこう。



・竿

IMG_3709

ノベ竿である。

沖堤での胴突きの探り釣りであればノベ竿をオススメしたい。


あくまで手返し優先の観点からであるが、
・ライントラブルが磯竿に比べて非常に少ない。
・仕掛けが非常にシンプル。
・探れる範囲が限られるため見切りをつけやすい。
等のメリットがある。


特に3番目のメリットは以外とデカい。


磯竿で探ると広範囲に探れてしまうため、次に移動するのが億劫になるのだ。



和田防は長い。

ある程度の範囲を探ってアタリがなければ次のポイントに移動すればよい。
その見切りを竿がつけてくれるのである。

小生のような優柔不断な釣り人には頼もしい相棒である。



小生は

IMG_3711

このように竿先が白くなったメバル竿を愛用している。

長さ違いで2本所有しており、

・硬中硬5.4m(18尺)…潮位が低い時間帯を狙う場合
・硬調7.1m(24尺)…潮位が高い時間帯を狙う場合

と使い分けている。


メバル、グレ以外にガシラも狙うため、底付近を探れる長さが必要なのだ。


ちなみに和田防では上記の長さがあれば十分である。
ただし上記より短い竿しかない場合は素直に磯竿を使おう。

硬さは適当である。
上記の硬さでオモリ2~3号が十分使えている。



・小物
ウキ釣りであれば電気ウキを付ければ仕掛けの場所を視認できるが、胴突きはそうはいかない。
そこで

IMG_3708

このような物を使う。

左は皆さまご存知ケミホタルである。


右は貧乏アングラー御用達、ダイソーのケミカルライト。


これも小生は使いわけておる。


さすがルミカのケミホタルは非常に明るい。反対にダイソーは少々弱弱しい明るさである。

道糸の出来るだけ竿側、リリアンとの結合部分近くに設置する関係上、水面近くにこのケミ~が接近することになる。


魚というのは水中で発せられた光には興味を持つのに、水面近くに急に出来た明かりは非常に警戒する。ヘッドライトで水面を照らすのは厳禁だが同じ理由であろう。


つまり
・月明りが明るい夜…ケミホタル
・月明りが弱い、もしくは闇夜…ケミカルライト
と使い分けている。

なお、ダイソーの商品の方が発光時間は短い。通し釣りだと3回は交換するので多めに持参されたし。



・エサ
これも手返しがよくなる付け方がある。

ちなみに月明りの明るい夜はたいして意味がない。

月が細い、もしくは曇りがちな夜のみ有効な方法である。



一部では有名な話しかもしれぬが、3本針であれば上2本に虫エサを付け、一番下針にはイカの短冊を付けるのだ。


ガシラはイカが大好きなのだろう。非常によく掛かってくる。
しかも当然白いので闇夜でも以外と視認できるのだ。



これで波止上に仕掛けを上げた時、どこに仕掛けの下部があるか判断できる。
いちいちヘッドライトを付けずとも確認できるので非常に便利で早いのだ。


ちなみに、なぜか大物はイカを付けた針の一つ上の虫エサに食いつくことが多い。
こればかりは理由が分からぬ。
どなたか理屈がお分かりであればご教授願いたい。




ジグヘッドよりもどうしても手返しが悪くなる胴突きであるが、工夫次第で効率を上げることはできる。

場合によっては結果的にジグヘッドよりも釣果が上がる場合もあるので、お土産対策のためにもお試しあれ。

IMG_3641


平日である。釣りには行けぬが頭の中は釣りのことばかり。

これでよく会社員が務まるなと自分でも思うが、浜崎伝助の例もあるからきっと大丈夫であろう。




さて、以前の記事で和田防の穴釣りは「穴」ではなく「ケーソン」を狙うと書いた。

「表題に穴と書いておるではないか!」とお叱りを受けそうであるが、穴釣りの記事である以上、「穴」と表記しないと誰も読んでくれないのである。


「釣れる穴」と「釣れるケーソン」


うん、やっぱり「穴」の方が分かりよい。


ただ、実際は「ケーソン」の話である。ご容赦くだされ。




さて、そのケーソン。以前の記事↓が少々不親切であったと思うので追加で情報をお伝えしておこう。







実は和田防ケーソンの構造は二重になっているらしく、簡単に言えば豆腐1丁の上に豆腐半丁が2つ乗っている形になっている。

もしくは豆腐2丁が重なっており、上の豆腐が半分に割れていると書いた方が分かりよいか。



釣り人は普段歩いている場所はこの半丁の部分で、

IMG_3689


例外を除き、これこのとおりしっかりと合わさっている。隙間から仕掛けを入れる余地はない。

例外とは和田防中央の通称「出っ張り」のようにケーソン同士のサイズの違う場所や、赤灯すぐのケーソンのように地震か何かでズレたと思われる場所のみ比較的隙間が開いている。

が、ガシラの20cmクラスを引き上げられるほどの隙間はないため、掛かった後のことを考えて狙うのはよした方がよろしかろう。




ではどこを狙えばよいのか。




実は下部の豆腐1丁同士はきっちりと合わさっておらず隙間(スリット)が出来ている。

わざと開けているのかどうかは分からぬが、大型のガシラを引っ張りだすのには十分なスリットである。

ここに根魚が入り込んでいるのだ。




では、どの継ぎ目にスリットがあるかの判別方法だが、

IMG_3690

これがスリットのある継ぎ目で

IMG_3689

これがスリットのない継ぎ目である。



うむ、分からぬな。上から見ただけでは小生も分からぬ。




では少しテトラ際に寄って見てみよう。



IMG_3691

これがスリットありの継ぎ目で、

IMG_3692

これがスリットなしの継ぎ目。



お分かりだろうか。


上の画像は一段下にスリットが見え、下の画像はスリットが見えない。




釣れる継ぎ目は上の継ぎ目なのだ。




上部の継ぎ目だけを見て仕掛けを落としても釣れる確率は半分に減ってしまう。

この「スリットのある継ぎ目」を狙って仕掛けを落とすのが釣果を伸ばすコツなのだ。




このスリットは継ぎ目1本おきにある。

中には木やロープが詰まって釣るに釣れないスリットもあるが、大概は波が出入りしており、どのスリットも慣れれば仕掛けの投入が可能である。



和田防はこういったケーソンが東西約1.2kmの長さで設置されている。

数を数えたことはないが、かなりの数があるはずである。

テトラに乗って危険な穴釣りをするよりもよっぽど安全で効率的なので一度お試しあれ。



なお、沖堤によってケーソンの形状は様々なので、ご自分の通われている沖堤があれば一度ご確認を。

もしかしたら自分だけの秘密のスリットを見つけられるやもしれぬ。


IMG_3697

さて、徹夜戦の開始である。



17時から21時までの間、花火と警戒艇とレジャーボート軍団に阻止され、アコウどころかガシラからも見放されたことは前回述べた通り。
決して小生の腕が悪い訳ではない。花火が悪いのである。



朝の迎えは5時。時間は十分ある。気を取り直して再開しようではないか。




花火が終わり湾内の喧騒もおさまっているのでそろそろお魚様方も寝ぐらから出てくるころである。
先ほどまでは全くアタリのなかったジグヘッドが炸裂してもおかしくないのだ。




と思ったら根掛かりである。沖提では横に動ける関係上、ナナメにキャストした場合は反対側から引っ張ると根掛かりが外れる場合が多い。

今回もその対処で根掛かりしたポイントを中心として90度動いた場所から引っ張ってみた。




ズズッ。




む、動く。根掛かりが外れたのではない。引っ張れば引っ張った分だけ「動く」のである。



この動きは経験上間違いなく「ヤツ」である。

IMG_3677

そう、タコだ!!




なんと通しでの釣果1発目は500gほどのタコ。しかもジグヘッド+ワームでの釣果である。

ただ、「釣った」ではなく「釣れた」のだから面白くない。

面白くはないがもちろん持って帰る。500gをリリースするほど人間が出来ておらぬ。




釣った当初はマダコと思っておったが、帰って茹でる段になって気づいた。

手長ダコである。あまりにも足が長いのでおかしいとは思ったのだ。

しかし、このタコも美味である。なんでも韓国では高級な部類になるそうだ。
さすが小生である。わざわざ高級タコを選んで釣るなんてなかなかできる技ではなかろう。



すまん、たまたまである。




さて、ここからがスゴかった。




ガシラの入れ当たりである。

ジグヘッドを駆け上がりの肩から少し沖側に着底させて、シャクる時にはもう掛かっておる。

おそらく初めのフォールですでに食ってきておるのであろう。

それはもう面白いように釣れた。
途中から面倒になって数えなんだが、潮どまりの1時くらいまでにおそらく50尾ほどは釣りあげたと思う。




が、写真はない。




小さいのである。「出っ張り」と赤灯の真ん中ぐらいから白灯まで投げながら釣っていったが、およそ1kmほど釣り歩いてキープしたのはたった1尾。

ちなみに小生、18cm以下はリリースという自己ルールを引いておる。針を飲まれて仕方なくキープする以外はリリースである。

つまり、キープした1尾も針を飲まれた1尾であって15cmほどしかなかった…。




お土産がタコ1杯と15cmのガシラ1尾…。

これは細君より次回以降の釣行に制限をかけられるに十分な成績である。




我が細君は非常に人間が出来ており、小生が週末ごとに釣りに出掛けても文句ひとつ言わぬ。




が、何事にも裏はある。




ウワバミのように酒が飲める細君は、小生が釣りに出掛けることにより酒のアテが確保できるのだ。

つまりWinWinの関係なのである。




ということは酒のアテが確保できないとなればこの関係は破綻である。

釣れぬ以上は釣行する度にお小言を頂くこと必定である。

非常にマズい…。
なんとしてでもお土産を増やさねばならぬ。




仕方がない、手返しが悪いので出番が少ないのだが、最終兵器を登場させねばなるまい。




なんのことはない、ただの胴突きである。

市販のメバル3本針胴突き仕掛けを使うだけであるが、これが効果テキメンであった。

IMG_3684

撮り方が悪くて分かりにくいが、20cm前後ばかりが掛かってくる。

それこそ2~3ブロックごとに1尾の割合で当たりがあった。

1か所で釣れるのは大概1尾もしくは釣れてもサイズダウンするのが普通なのだが、この日は1か所で3尾釣れて、しかも後のほうが大型という珍しい現象が2か所であった。

やはり花火の影響で魚もおかしな具合になっていたのであろう。




最終的に白灯から赤灯まで探り歩いて22尾確保できた。

IMG_3699

ガシラ15~22cm23尾+タコ。

お土産としては十分であろう。

これで細君とのWinWinな関係をなんとかキープできた。
嬉しい限りである。



IMG_3702

ガシラとタコは細君の手によりしっかりアテになり

IMG_3703

我がワンコにもお裾分けできて嬉しい限りである。




さて、件の胴突き、少々工夫がある。

今回は長くなるので割愛するが、そのうち紹介させていただこう。

簡単な工夫なので誰にでもできる。



ちなみに、アコウは釣れなんだ。

仕方がない。次回まで釣り部長のアコウ自慢に付き合うとしよう。













IMG_3662


例によってどうせ釣行しておらぬのであろう、という声が聞こえてきそうであるが、ご安心を、ちゃ~んと釣行記事である。



毎年8月の第一土曜日はみなとこうべの花火大会である。
なんでも今年は市政150周年ということで、例年1万発のところ大盤振る舞いの1万5千発だったそうだ。



打ち上げ場所がモザイク・オリエンタルホテル・和田防に囲まれた海上ということであったから、この日ばかりは和田防への渡船はないであろうと諦めておった。


前回アコウを釣った釣り部長から、事あるごとにアコウ自慢をされていたものだから小生もアコウを釣りたいとウズウズしておったのだが和田防に渡れぬのであれば仕方がない。

とはいえ聞いてみねば分からぬと河内渡船に電話してみると、なんと出るというではないか。

ただ、人が多い場合は帰りを2便に分けるから迎えの船が22時を回るかもしれない、との回答であった。



なおさら好都合である。



通常であれば21時の迎えであるから神戸駅に着いた時には丁度花火客の帰宅ラッシュにかち合ってしまう。

浴衣で着飾ったギャル達にまじって魚臭い釣り道具を持ったオヤジがただでさえ狭い肩身をさらに狭くして満員電車に揺られている図を想像するだけでも悲しくなってくる。

22時の迎えであれば神戸駅到着が23時前、神戸駅の混雑もいくぶん緩和されているであろう。




という訳で当日、17時の渡船に乗るべく16時頃に河内渡船の店舗に到着。オヤジに話しを聞くと、なんと通し釣りもできるとのこと。なんでも他にも通しの客がいるそうだ。

前回通し釣りを諦めていたこともあるしこの時点で急遽通し釣りに変更。朝の5時までのロングラン釣行となった。ついでに浴衣ギャルに迷惑をかける心配もなくなったのである。



渡船場所に向かうとすでに乗船客が15人ほど。いつもの17時の渡船に比べるとかなり多い数である。
中にはカメラと三脚しか持っておらぬ御仁もおり、完全に花火目的の方もおるようだ。



定時の17時に出船。

船着き場そばの跳ね橋がなぜかあがっておった。
上がっておるところを見たことがないので思わずパチリ。

IMG_3637

花火のための通行規制の一環であろうか。


出船後、すぐのモザイク観覧車そばも

IMG_3638

ご覧の人出である。

17時の時点でこれであるから、花火開始の19時半にはもっとすごいことになっておったのではあるまいか。

波止の上もこのような人出ならば釣りどころではないな、と思いながらも和田防へと向かう。



いつもどおり西の赤灯で降ろしてもらおうと思ったのだが、すでに人でいっぱい。明らかに花火見物の客でテントまで張っておる。

船長判断で赤灯を断念し、真ん中の梯子、通称「出っ張り」で降ろしてもらった。ここで降りたのは3人のみ。他の方々は全員白灯もしくは新波止、ポーアイの赤灯ということになろう。



一緒におりた2人はすぐに白灯方面に向かわれた。小生はもとより赤灯で釣るつもりであったので赤灯方面に釣りながら歩いていくつもりで準備を始める。
今回の目的はアコウであるので穴釣りは封印。いきなり沖を探ることにした。



と左右を見てみると…

IMG_3642

赤灯側も

IMG_3641

白灯側も見渡す限り人がおらぬ。
花火客は広さのある灯台下に集中しており、少々危険な波止上には来なかったということか。

先ほどの2人組も白灯寄りに釣座を構えられたのであろう。
長い和田防を独占状態にできた訳である。

これは探り放題釣り放題、パラダイスと同義である。
花火万歳である。



喜々として以前より試してみようと考えていた秘密兵器を投入する。




ひとつテンヤ。
結果を勘案して画像は公開せぬ。作られたメーカーさんに申し訳なさすぎるのだ。




波止からのキャストになるので少し軽めの3号テンヤを使用した。

エサは

IMG_3646

甘エビとキビナゴである。



本来のテンヤであればウタセエビを使うのであろうが、MAXに売っていたのがこのエビだったので代打出場をお願いした。
キビナゴは手元にあったので試しに使ってみただけである。



早速テンヤにエビをセットして沖にキャストを繰りかえす。

底についたら少しシャクってテンションフォール、着地して数秒待ってからシャクッてテンションフォールを繰り返せば、いつかはアコウが応えてくれるはず。



ただ、誤算であった…持っていったシーバスロッドでは固すぎてテンヤが飛ばぬのである。

少し先のかけあがり途中までしか飛ばぬ上にテンヤの形状が根掛かりしてくれと言わんばかりなので根掛かり大爆発…6キャスト4ロストで心が折れてしまった…。

手前の駆け上がりで根掛かり必至である以上、3号程度のテンヤで駆け上がりの向こうまで投げて駆け上がりに沿って一定速度で巻き上げてくるか、重めのテンヤで大遠投して手前の駆け上がりを諦める必要がある。

次回はもう少し柔らかいエギングロッドもしくは長めの磯竿で駆け上がり攻略をしてみよう。




夕暮れまではアコウ狙いの予定だったため穴釣りの用意をしておらぬ。仕方なく夕暮れ用に用意していたジグヘッド+ワームで駆け上がりを狙うことにした。

前回は大当たりだったジグヘッドであるが、今回は全くアタリがない。



それもそのはずである。



日暮れが迫るにつれ和田防の両端から大量のボートが港内に入ってくる。警備艇が「港内はスローで」と叫びまくっているにも関わらず、すごいスピードでの進入である。フェリーや観光船が警笛を鳴らしまくっておりすごい騒動であった。

そりゃお魚様たちも警戒してしまって目の前に落ちてくる釣りエサを吟味する気にもならんのであろう。

おまけに日が落ちたら落ちたで警戒艇がサーチライトで海面を照らすものだから釣れる魚も全く釣れんようになってしもうた。

こりゃ日が悪かったとしか思えぬ。

誰だ花火万歳とか言っておったのは。

仕方がない。気を取り直して花火見物と洒落こもうではないか。


IMG_3648
IMG_3654
IMG_3668


これを独り占めである。
たまには釣りを頭から外して風情を楽しむのも一興。

目の届く範囲に誰もおらぬのであるから「玉屋~鍵屋~!!」と叫び放題であった。



それにしても何という穴場であろうか。
釣りではなく花火見物のみであればこれ以上ない場所である。
花火の上から下まで、左から右まで全て見渡せる非常によい見物であった。
(帰宅後、細君に自慢したら「自分ばっかり」と拗ねられた。ヤブヘビであった)



さて、ここまでの釣果であるが、なんと丸ボーズである。

21時までで引き上げておったらエラいことになっておった。

アコウどころかガシラも釣れておらぬのだ。



花火も終わってプレジャーボート群が続々と港外へと去る中、こちらは気合を入れなおして徹夜戦へと突入である。


と、少々長すぎなので本日はここまで。

通し釣りの模様は次回のご報告としよう。

しばしお待ちあれい。


このページのトップヘ