ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車・自転車釣行をメインとしたブログです。でも最近は船釣りメインに移行気味!?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

2019年06月

IMG_5194


2週間ぶりのタコ釣りである。

たかだか2週間の空きなのだが、タコに嵌まった身としては待ちに待った2週間であった。



船はいつもの名田屋さん。

タコ釣り人気はシーズンが深まるにつれて加速するようで、前回は4時に到着すれば一番近い駐車場だったのに、今回は4時前に到着したにも関わらずなんと2番目に遠い駐車場…。
皆さん早すぎるよ…。


という訳で、今回も満船状態で出船。
IMG_5185
船は港を出てすぐのポイントへ。



前回の強風とはうって代わり、


無風とは言わないものの船はほとんど揺れない状況。

最初から立って釣れるなんて、それだけで幸せである。



で、最初のポイントであっさりと1匹目をゲット。

今回も
IMG_5190
そう、ワンナックのデビルスッテ。

前回の釣行で荒れ模様の中でもその性能を遺憾なく発揮し、すぐさま一軍登録された優秀な選手である。


そして下のスッテはというと



ヨーヅリのタコやん船スッテ。


説明書を見るとキビナゴなどを巻くのだそうだが、小生は豚の背油を巻いた。
単純に名田屋さんでタダで配っているからである。


今回の1匹目は両方に抱き着いていたので、どちらが有効だったのか分からぬが、この「タコやん」も一軍登録確定。
今後の小生の爆釣人生に大いに貢献してくれることであろう。
もはやこの2種があれば他はいらぬのではないか。


と思ってしまったのが地獄の入り口…。
小生のこの思い込みのせいで、当日の4/5の時間を棒に振るのである…。





これから入れ乗りウハウハかと思われた矢先、船全体ではポツポツという感じだったのか、わずかな時間で移動に。



「30分くらい走るよ~」というアナウンスとともに向かったのは

IMG_5194
二見沖。

本州側を見るとこんな感じで、沖側を見ると
IMG_5193
船団の向こう側に家島諸島が見える。


画像では分かりにくいが男鹿島の採石場がくっきりと見える距離だったので、二見というよりも飾磨寄りだったのかもしれん。


ともあれ2つ目のポイントはこの周辺。

水深わずか8mである。


前々回は50m付近を狙っていたのにエラい違い。

ともあれ初心者の小生にはありがたいばかりの水深である。

さてさて、ここでもデビルスッテとタコやんで爆釣しますか、と気合をいれて底をトントン。



が…ここからが地獄だった…。

何がスゴいっつて、ワカメである。


ワカメはワカメでも和田防や垂水一文字の壁に生えているような軟弱者ではない。

もうそれはブットいワカメの茎ばかり釣れてくるのだ。



始めは「トントン」が「グーッ」となり、竿を煽ると「ベリー」と底を剥がれる感触。
ドラグ5kgのリールでスプールが滑る。

これはかなりの大ダコに違いない、とグリグリ巻くこと数秒。

上がってくるのはワカメ…。


コレが何回繰り返されたことか。

しかもこのワカメ、茶色いので姿が見えた時に一瞬タコかっ!と喜んでしまうのだ…。



小生、この日だけで30本ほどは釣っただろうか。

そのうち先のデビルスッテとタコやんを根掛かりで失い、代打で出した



デビルクラッカーも高確率でワカメを刈り取ってきてしまう。



当日は左舷胴の間ミヨシ寄りで竿を出していたのだが、周りと比べても小生のワカメ率はかなりの物である。
周りがタコ2匹とワカメ1本釣る間に小生はワカメばかり3本釣る感じ。
もはやタコ釣りではなくワカメ狩りに来たと言った方がよいくらいだ。


うん?待てよ…


なぜに周りはタコを掛けているのに小生はワカメばかり?





はっ!!!


まさか……
そんな………


IMG_5071

犯人はオマエ達だったのか…!!!



正確にはコイツ達が犯人ではない。

コイツ達が装備している「全傘」が犯人だったのである。


「エギ」と「スッテ」の違いは多々あれど、一番分かりやすい違いは「針」。


IMG_5138
上がエギで下がスッテであるが、当然ながら360度に針がついているスッテの方が物を掛けやすい。


ちなみに針の形状だけでエギとスッテを区別できるものではない。
タコエギの元になったアオリイカ用のエギは元々は漁のための漁具であり、釣り用に市場に出始めた頃は「全傘」と「半傘」があった。
皆さんご存知のとおり、昨今の「エギ」と呼ばれるルアーはほぼ全傘なので、針の形状だけで言えばどちらかというとスッテに近い。
スッテは船の大型集魚灯で小魚を集めて釣る「ウキスッテ」が元だと思うが、どちらかというとタコ用のスッテはコウイカ狙いに使う「トトスッテ」に形状が近いと思う。

オモリに焦点を当てるならば、エギは前方にオモリを備えておりスッテにはオモリがない。
つまりエギはシンキングでスッテはフローティングなのだ。
だから冒頭の「タコやん」のようにオモリを備えているものはスッテではないのだが…。
最近はやりのイカメタルに使われるスッテなどはオモリの代わりに使われるほどだから、もはやスッテがスッテたる所以を外見や機能だけで語ること自体が無駄なのやもしれん。

ではデビルクラッカーやタコの恋人はスッテなのか、と言えば違う。
あれらはどちらかと言うと「串」と呼ばれるカテゴリーであろう。

このように何をもってエギとスッテを区別するかは非常に難しい問題なのだが、タコ狙いに限って言えばとても簡単。カギ形状の針がエギで串以外の全傘がスッテ。
今後新しいタイプが出てきた場合のことは知らぬ。



ともあれ、スッテの全傘はタコを掛ける確率を高めることに役立っているので、小生のような初心者には非常にありがたいのだが、反面異物を掛ける確率も高めていたのだ。



周りのお客さんを見ると…皆さんエギを装着…しかも良くタコを掛けている人はひと回り小さなエギを使っているではないか…。


これに気付いたのはもう納竿までさほどの時間も残っていない11時半頃…。


この段階では
IMG_5195

なんとわずか5匹の釣果…。



帰港時間を考えると納竿まであと1時間ほど…。


小生もエギに変更して挽回を試みる。


IMG_5197
とりあえず小生の持っている中で一番小さなエギ



船匠「タコの天敵」の後ろのスッテを外したものと

以前にタックルベリーで買った激安エギをセット。


ここからの小生がスゴかった。

怒涛の入れノリで5連発!!!


さらにギリギリまで追加して、終わってみれば
IMG_5198
う~ん、分からん…。

スミを吐きやがったな…。



帰って数えてみると
IMG_5200
なんと過去最高の14匹である!!!


ほとんどの時間をワカメ狩りに費やしたことを考えると、もうこれは上出来と言っていいのではないか。



今回の教訓は2つ。

・ワカメ狩りが始まったら素直にエギメインのシンプル仕掛けにすること。
・釣れない時は周りを観察すること。

である。


周りの常連さんは慣れたもので小生がワカメを狩っている間にもキチンとタコを釣っておられた。
特に右隣りの方はスゴくて30匹は余裕で超えていたのではあるまいか。


やはりシーズン通して狙ってみて、攻め方の引き出しを増やしていかないといけぬ。

まぁ、これが釣りの醍醐味か。



ちなみに当日は14匹で4.4kg、平均315gほど。

あちゃ、また下がってしもうた…。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5181


前回の記事で一応の完成をみたはずのドカット・ロッドホルダーカスタムであるが、


一夜にして改善点が出てしまった。


さらにカスタムが必要になったため追記を掲載しておく。


問題点は
IMG_5159
このセーフティロックの粘着力にあった。

白い丸型のロックの裏に結構な粘着力の両面テープが貼られているのだが、惜しいことにドカット本体のプラが微妙に凸凹しており、せっかくの粘着力が活かされなかった。

つまるところ、しばらく放置していると剥がれてしまうのだ。


う~ん、これが100均の悲しさか…。
もしかしたらアカチャン本舗などで売られている少々お高い商品だときっちり接着する可能性はあるが、今回は100均カスタムなのであくまで100均で売られている商品のみで対処を試みる。


粘着力を活かされない理由は、ドカット本体の凸凹によるものだが、合わせて
IMG_5179
このように90度曲げて使用していたことも理由のひとつ。
つまり本来引っ張る力がかかっているはずの箇所に押し上げる力が発生してしまっているのだ。

う~ん、困った。
スペース的にこのような設置しかできぬのだが…。


という訳で潔く丸いロック部分の使用を諦め、別の方法を模索する。


まず、シリコン部分のみをドカット本体に設置。
IMG_5182
両面テープでも瞬間接着剤でも固定できないので、仕方なくビニールテープで固定…。
う~ん、ブサイクだなぁ…。


ロッドホルダーの裏に
IMG_5183
このようにフックを付ける。

このフックはチェーンカスタムをした時の残り物。


そして
IMG_5184
シリコンの穴にフックを引っ掛けて

IMG_5181
ホルダー上部にもフックを追加してドカット本体に差し込めば一応固定することができる。



セーフティロックをそのまま使用している時よりも見た目はすっきりしたうえに、固定強度も上がったように思えるが、問題はホルダーを外した時のブサイクさ。


全て解決しようとすれば…う~ん、本体に穴を開けてネジで固定することしかないのか…。


とりあえずの改善は出来たので、暫く様子をみて、もう少し穴を開けずにすむ方法を模索してみよう。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5174


平日にポッカリと時間が空いてしまい、それならばと先日購入したドカットのカスタムグッズを物色すべくいそいそと三宮のダイソーへ。


今回のドカットカスタムポイントは

①上蓋を180度開きではなく90度開きに。
②上蓋にネットを設置。
③上蓋を開きやすいように取っ手を付ける。
④ロッドホルダーを設置。

の4点。

どれもこれも他のブロガー様がすでにやっておられるカスタムだが、小生は前回の記事に書いた通り、


ドカットに穴をあけることは避けたい。


という訳でどうにかこうにかしてドリルを使用することなく上記4点をDIYしていこうではないか。



まずは
①上蓋を180度開きではなく90度開きに。


使用するのは
IMG_5168
粘着ステンレスミニフック2個とキーリングのみ。
わずか200円の工作である。

IMG_5170
ドカット本体と上蓋の中央にそれぞれミニフックを貼り付け、そこにキーリングについていたチェーンを引っ掛けるだけ。

ミソは「中央に貼る」ことである。
こうすることによって上蓋をどちらから開いても、きちんと90度開いた状態で止めることができる。
これは船上では何気に便利なカスタム。
蓋を固定できないままだと、中から物を取り出す時に両手が必要になるが、これだと片手だけですむ。



お次は
②上蓋にネットを設置。


使用するのは
IMG_5165
またまた登場の粘着ステンレスミニフック4個とバスケットネット。

バスケットネットは自転車の前カゴに付ける防犯グッズ。
なので自転車用品コーナーに置いてある。


ミニフックを上蓋の4隅に貼り付けネットを引っ掛けるだけで、
IMG_5166
設置終了。

上着やタオルなどを引っ掛けておくのに使う。

この時期、出船後すぐは寒いのだが、沖に出て1時間もすれば汗が出てくる陽気。
上着を脱いでパッと押し込んでおけるのは非常に便利なのだ。

こちらもわずか200円の工作。
ステンレスではなくなってしまうが、プラ製のミニフックで9個入りもあったので、そちらを購入すれば①と共用でき100円に抑えることもできる。



さてさて先に進んで
③上蓋を開きやすいように取っ手を付ける。


ドカットの蓋には指をかける場所がなく、開閉が少し面倒くさい。
ましてや船上だと余計に開閉しづらいので他のブロガー様も取っ手を付けたりと涙ぐましいカスタムを施されている。

取っ手を付ける=固定のためにネジ穴を開ける、になってしまうため、小生は取っ手案を却下。
もっと簡単な方法でお手軽に済ませることにした。

IMG_5171
コードバンドである。

所謂タイラップであるが、こちらの商品はアイコンが付いており、それが抓みの代わりになる。
しかも通常のタイラップとは違い、嵌め殺しではないので何回も付けたり外したりができるのだ。

IMG_5172
出来上がりはこのとおり。

上蓋中央にもともと空いている穴に通すだけ。
これだけで持ち手に早変わりである。

こちらはわずか100円の材料費。
穴に通すだけなので工作と言えるレベルですらない。



さて、メインはこちらである。
④ロッドホルダーの設置。


前回のブログでも多いに悩んだ部分ではあるが、ダイソーに行ってみたら一気に解決。

IMG_5155
通路の脇にひっそりと置かれていたこの商品。
灯油をストーブの燃料缶に移し替えるポンプを仕舞っておけるストッカーである。


中身は
IMG_5156
こんな感じ。

むむっ、この形状…どこかでみたような…。



コイツだっ!!!


うまく加工すれば格安ロッドホルダーとして機能するはずである。


まずは
IMG_5160
余分な部分を切り離す。

そもそも100円だけあってかなり薄いプラ整形である。
簡単にハサミで切り取れる。


さて、コイツを本体に固定する方法であるが、今回はネジ等で止める方法はとらないので、

IMG_5159
こちらを投入。

何かというと、小さなお子さんをお持ちの方はご存知であろう、幼児が勝手に引き出しを開けて事故を起こさないように予防するストッパーである。


これを
IMG_5179
このように設置。

強力な粘着テープが付属しているので結構しっかり接着できる。


ロックを外せば
IMG_5178
このとおり。


IMG_5177
挟み込むだけ。

ロッドが当たりそうな部分には
IMG_5164
クッションテープを巻いて保護。

ホルダーは挟み込んでいるだけなので、もちろん取り外し可能。

取り外したホルダーは
IMG_5180
これこの通り、中にピッタリと納めることができる。


こちらの工作はクッションテープを含めて300円。
あら、お安い。


ちなみに、挟んでいるだけなのでロッドを差したままでの運搬には向かない。
あくまで船上で置きっぱなしにしているタックルボックス用のロッドホルダーである。
運搬用にするのであれば、やはりネジでの固定が必要であろうし、この薄いプラでは強度不足と思われる。


という訳で完成形がこちら。
IMG_5175
ロッドもキッチリ差さるし、上蓋のネットは少し厚めのタオルもしっかりホールド。


もちろん
IMG_5176
蓋の開け閉めにも干渉しない。


全て穴あけ加工無しでのカスタマイズなので、ステッカーも含めて全て外してしまえば購入した時の姿に戻すこともできる。
そうなわち、とても洗いやすいということになるし、違うカスタマイズをしたくなった場合も対応できるということ。


我ながら自分のDIY技能に驚くばかりであるが、全てダイソーさんのお陰であることはこの際隠しておく。


ちなみにこのカスタマイズ、全てやって総額800円(税抜)也!!!!


なんという圧倒的コストパフォーマンス!!

さすが世界のダイソーである。



ちなみに…先述しているが、100円だけあって強度はかなり低い。
明邦のロッドホルダーとは比べるべくもないし、そもそもダイソーさんのは専用品でもない。
各グッズの強度・粘着力など、本来は釣りの用途に使用することを想定されていないことを認識されたうえで、あくまで自己責任でカスタマイズするようお願い致しまする。


2019年6月22日 追記!!

ロッドホルダーカスタムに不具合があったため追記しました。
詳細は下記へ。





にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5144


週末は娘をプールに連れて行ってやる約束をしてしまい釣行せずじまい。

どちらにせよ強風でどこも釣果は悪かったようだから、結果的には良かったか。


ただ釣行しないとブログが書けない。困ったものである。

しょうがないので、例のごとく道具ネタでお茶を濁すとしよう。




ガシラ狙いで釣人家さんやリタックルさん、名田屋さんに乗り始めた頃から思っていたのだが、船釣りになると完全防水の大きなタックルケースがどうしても必要になる。

船上では完全に乾いている場所が意外に少ないのだ。



波止釣りであれば上着や食事などは波止の上に置いておけばよいので



この大きさで十分なのであるが、船釣りの場合は荷物が「濡れる」前提になるため全部どこかにしまい込んでおくことになる。



今まではクーラーボックスに逃がすなどして凌いできたが、本格的にタコ釣りにノメリ込んでいることだし、この後の季節はジギングやタチウオが控えていることもあり、少し大きめのボックスを買うことにした。


冒頭画像の「ドカット」である。



DRESSと比べてみると

IMG_5146
大きさの違いは一目瞭然。

容積でいえばほぼ倍なのではあるまいか。

その反面、

IMG_5145
価格は半分である。

うん、とても小生向きだぞ。

ありゃ、Amazonの方が安いではないか…。





実は明邦のバケットマウスととても迷ったのだが、価格優先でドカットをチョイス。



「何を迷うことがあるか。貧乏アングラーなら1円でも安い方を選ぶことこそ善である」と聞こえてきそうだが、このドカットにはロッドホルダーの拡張機能がないのだ。


いや、正確には



のようなサードパーティ商品があるのだが、う~ん、イマイチ格好が良くないのだ。

しかも高い。本体の倍以上とはどういうことだ。


バケットマウスなら



のような商品があるので、ロッドホルダーをセットと考えればバケットマウスの方が安くなる。


ただ、ここまで立派なのはいらないんだ。

船上で予備ロッドを1本立てておければそれでいいんだよ…。



という訳でロッドホルダーをDIYすることを決意。
めでたくドカットの購入とあいなったのである。


ちなみにググッてみると、いやぁ実に色々なカスタマイズが出てくる。

どのブロガーさんも素晴らしい出来ばかり。

ただ、ほとんどがドカット本体に穴をあけパイプなどをネジで固定するスタイル。


う~ん、この固定スタイルはできるだけ避けたいのだ。

船釣りされる方はお分かりだと思うが、釣行後は潮まみれになっているため水洗いが必須。
汚れやヌメリが付いていることがあり、場合によってはゴシゴシ洗うケースも出てくる。

なので出来るだけ穴は開けたくないし、凹凸も作りたくはない。
バケットマウスではなくドカットを選択したのはこれも一因なのである。
要は後始末が楽だということ。


となれば取り外し可能なロッドホルダーを作成する必要があるが…はて、どうしてやろうか。



とりあえず、一回釣行してみて他の方がどうされているか観察しつつ、他のカスタム点も洗い出したのちにDIYすることにしよう。


という訳で今回はステッカーチューンのみで遊ぶことにする。

過去のフィッシングショーやイベントなどでゲットしたステッカーをここぞとばかりにベタベタと。


蓋の純正ステッカーは
IMG_5148
いかにも道具箱的なので、以前のフィッシングショーでゲットした

IMG_5154
黒いステッカーに張り替え。


正面や裏は
IMG_5152

IMG_5150
少し控えめにして、今後ステッカーが増えた時のためにスペースを空けておこう。



その代わり

IMG_5153

IMG_5151

横はベタベタと。


まだまだステッカーはあるのだが、これ以上貼ると下品になるので、これぐらいにしておこうか。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5133


暴風・豪雨が襲った2019年6月7日(金)、名田屋さんを含めてほとんどの船が早上がりをしたようだ。

それもそのはず、広島の方では警戒レベル4の雨が降ったというし、仕事場のある三宮界隈でもマジか?というような雨が降った。


さてさて、小生が予約をとっていたのは翌日の6月8日(土)。

海上保安庁のHPでは


江埼信号所で風速14m…。

ウェザーニューズの予報では明石の市街地でさえ10m以上が昼過ぎまで続く予報…。

うわぁ、和田防なら体ごと持ってかれる風速だぜ…。



他の釣り船のHPやブログでは続々と欠航の情報が流れる中、おそるおそる名田屋の女将さんに電話をかけてみる。


もしもし、明日って出るんですかね?

「出るよ~。いつも通り5時には来といてよ~」


………

マジか!!

すんごい普通に出るって言われてしもうた。


風速14mですぜ…すんごい雨の翌日で水潮だらけのはずですぜ…各河川からのドロ水流入でドチャ濁りのはずですぜ…マジで出るんすか。


予約した船宿さんから「出る」と言われたからには仕方がない。
いっちょ覚悟を決めてマダコと勝負である。



とはいえ、まだタコエギ3回目の小生がこんな日に果たして釣果を出せるのか。
底の浅い引き出しを開けっぱなしにして対策を考えてみる。


まず考えられる条件を並べてみよう。

①水潮
②濁り
③高波
④風
⑤水温低下


うわぁ、五重苦じゃねぇか!!
良い条件がひとつもねぇぞ。
対策のたてようもねぇや。


全く釣れる気がしないが、ここはドMな小生である。

釣れないなら釣れないでとりあえず悪条件を経験してみて次の釣行の糧としようではないか。



という訳で当日。

IMG_5124
少し早めの4時頃に着いてみると、船の灯りはすでにこの通り。

なんとか目の前の一番近い駐車場に停めることが出来たが、小生が停めた10分後にはいっぱいに。


IMG_5126
うわぁ、名田屋さんの乗合3船とも満船…。

しかも仕立てなのかな?少し小さめの2船も出船してるよ…。


風速14mよ?水潮よ?他の船は欠航よ?


皆さん何を考えて釣りに来てんだか。


と、毎度ながら自分のことを棚に上げまくって6時前に出船である。




この日の釣座は左舷ミヨシ2番目。

結構早めに呼ばれたので胴の間のトモ寄りに席を構えることも可能だったが、この日は高波、まず間違いなくお祭りフィーバーになりそうだったので、釣果よりも低ストレスな席を選んだ。


これが出航してすぐに後悔…。

IMG_5127
画像では分かりにくいが、すんごい波と風である。

名田屋さんの大型船の船首が持ち上がったかと思えば、ドーンッと下がる。

立つことができないどころか、タックルボックスが転げ落ち、帽子が風に飛ばされる。


う~ん、座って釣りをすることに慣れていない小生、底取りだけはできるが波の上下を吸収するようなロッドワークが座っていては出来ぬ。
つまり船が波の上に乗ればそのままオモリが底を切ってしまう。

これは困ったぞ。

糸を張れば底を切る、糸をフケさせればお祭りしてしまう…。



ええぃままよ、と立ってみようとはしたが腰に爆弾を抱えている小生、恐怖心が勝ってしまい結局座っての釣りを続行。


通常なら「トントントン」とオモリを操作するのだが、この日は「トンスートンスースー」とオモリが底を切っている時間が長い…。

それでも3時間後には
IMG_5132
なんとか3匹をゲット。


う~ん、やはり今日は厳しいか…。


船長が船を流す場所も
IMG_5130
林崎や

IMG_5135
大蔵海岸など、陸が間近に見える場所ばかり。


そりゃそうだ、この波風じゃ沖を流したらエラいことになるわな。
それにしても明石川や朝霧川の水がドンドン入ってきていて、明らかな水潮である。
う~ん、これじゃマダコの活性は上がらなそうだぞ。



と思っていたら10時頃から若干風と波が収まってきた。



これなら立てる!!

と、クララのようにヨロけながらもミヨシのお立ち台横に立って釣り始めた小生。
ここからが面白かった。


さっきまでの座りながらの釣りが嘘のように底をキープできる。


底さえ掴めればこちらのもの。
わずか2時間ほどで10匹追加である!!


やっぱり底をキープするのが大事。
底を切る動作が入る時と底をキープしている時では雲泥の差である。


IMG_5131
立って釣っていればこんな小さな子ダコのアタリさえも拾える。
(こいつは当然リリース)


波が高いとか風が強いとかいうよりも、どうも立って釣りができるかどうか、という方が重要っぽいぞ。
だって、立ってさえいればある程度の波もロッドの上げ下げで吸収できるから。


ということは波が高い日はミヨシよりも、波の上下の影響が出にくい胴の間より後ろか。
うん、ひとつ勉強になった。
次回からはしっかり実践しようではないか。


という訳で
IMG_5137
今回はリリース含めて13匹!!

なんと悪条件の今回が今までで一番良い結果に!!


今回の当たりエギは
IMG_5138
こちら。



コイツの紫色とワンナックのデビルスッテ。


デビルスッテはなぜかAmazonで販売がない。う~ん、よく釣れるのになぁ。


ともあれ、悪条件が重なりまくりの当日であったが、なんとか釣果を出すことができて良かった良かった。


さて重量であるが…
IMG_5141
12匹で4.2kg。

1匹あたり350g…。

あちゃ、型は下がってしもうたか。



ちなみに、小生の右隣り、つまり一番ミヨシに座られていた御仁は波の高い間もコンスタントに釣りあげて20匹以上の釣果。

やっぱり上手い人は上手いなぁ。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ