ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

カテゴリ: 道具

IMG_4965


長かったGWもやっと明け、子守から解放されて大手を振って釣りにいける。

GW中は釣行できぬことは分かっていたので(実際は行ったけど…)、GW明け1発目の土曜日は何があっても釣りに行ってやろうと、4月中旬頃から名田屋さんにガシラ狙いの予約を入れていた。


釣行日は5/11だが、その1か月も前からの予約なので乗船順はかなり早いはず。
あわよくば大ドモも可能かも!!などと心の中でウハウハしておったら……
釣行3日前に名田屋さんから何やら電話が…


「すみません、ガシラ狙いが終わっちゃって……タコなら出るんですが…」


ガーンッ!! まさかのガシラシーズン終了!!!
前回貧果で終わったリベンジを果たしたかったのに…。


う~ん…キャンセルすべきか…な~んてことは微塵も考えず、瞬殺でマダコ狙いにチェンジである。



でチェンジしてから頭を抱えた。


小生、マダコ狙いは15年以上前に何度か手釣りでやったっきりである。
それこそ名田屋さんにも何度かお世話になったが全て手釣り。

昨今は竿釣り客ばかりとは聞いていたので行くならばイチからタックルを揃えねばならん。



むむ、最悪レンタルタックルを借りねばならんか、と思いつつもネットで調べるとジギングタックルでもいける、とあるではないか。
しかも昔ながらのテンヤではなく、なにやらエギを使った釣法も流行っているそうな。


ならば!!


タコエギ初体験者が1人で乗合船に乗ってタコは釣れるのか!? を我が身をもって実験するとしようではないか。


この記事がタコ釣りを始めようとしている諸兄の参考になれば、小生のドM気質も大満足というものである。



とりあえずであるが竿とリールは昔使っていたジギング用を流用することにした。

IMG_5007
かなり古いタックルになるが
ソルティガ コーストラル 55B-3/4+ソルティガZ20である。

もちろん現行機ではないので、スペックが近いものを紹介すると


うわぁ、当時は結婚してなかったから買えたものの、今買ったら間違いなく細君から離縁状を叩きつけられる金額である。


ラインは朧気であるが確かPE3号を巻いてあったのでとりあえずこのまま使うことにしたが何せ10年以上使っていないリールなのでラインも当然10年以上前のままである。高切れした場合や使い物にならない場合のことを考えて、

IMG_5009
こちらも持っていくことにした。



プロトラストの激安リールであるが、中古用品店の2ndストリートで竿付きで1,800円という超破格値で買った品。
買った時に巻いてあったPEそのままであるが、おそらく2号程度と思われる。


嗚呼、独身貴族の時とは買い物のレベルが違いすぎるぞ…




あとはエギであるが、2回目があるかどうか分からんのでタックルベリーでお安くまとめることにした。

タコエギ Let's Ride(レッツライド)


確かこのエギであったと思うのだがイエローとオレンジを買い、その横にあった1まわりお高いエギも購入、ついでに

タコ抱くスッテ 2本セット


これのタイプ2を買った。


もひとつついでに中古の集寄を購入。

タコ抱くスッテと集寄については完全に「なんとな~く」である。



オモリは60号とのことだったが、テンヤの号数であろうと思うので、エギのオモリ分を引いてガシラ用の50号を流用。一応、家にあった60号も数個持っていくことにしよう。

むむ、なんとこれで道具は揃ったのではあるまいか。


新しく購入した物の総額はタックルベリー価格で2,000円ほど。
意外や意外、新しい釣りを始めるには非常に安い投資となったぞ。



という訳で長くなりそうなので実釣編は次回にて!!




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_4599


2019年2月17日、明石海峡では初めてのガシラ胴突きに行ってきた小生、何とか船中2番目の釣果を出すことができたが、改善すべき点も色々と見つかった釣行であった。




備忘録的な意味も込めて「ココがこうなればもう少しアタリを拾えただろうに」という事項をまとめておきたい。

明石海峡ガシラ初挑戦の諸兄の参考にもなれば幸いである。

ちなみに明石海峡の胴突きはたかだか1回行っただけである。
その1回の経験だけで書いているので、実際と少々違っても苦情は入れないように。
あくまで備忘録なのである。



①ロッド

小生は
IMG_4616
こちらを使用した。


シマノ 海明 50-210



これの旧型である。

amazonで20,000円を超えている代物であるが、小生はヤフオクでゲットしており数本の竿をセットで落とした中の1本だったので実際の購入代金は不明である。
小生のことなので数本セットで5,000円はしていないハズであるから非常にお得にゲットしていると思われる。

…というか、今回の釣行で適当な竿を探している時に出てきたので存在すら忘れておった…。
つい先日片づけたばっかりなんだけどなぁ…。



そんなことはさておき、海明というのはいわゆるオールマイティロッドである。
逆に言えばどんな釣りでも可もなく不可もなく、という感じ。
若干胴調子気味に設定されており、7:3が魚が掛かると6:4に変化する。


ただ、残念ながら胴突きにはモッタリ感が顕著に出てしまう。
50号負荷で竿がきれいなベントカーブを描くので魚を掛けるというよりも「乗せる」という感じになってしまうのだ。
さらに竿の操作よりもワンテンポ遅れて仕掛けが動く感じがするので、根が深い場所ではどうしてもオモリを引きずってしまう。針が飛ぶ原因になってしまうのである。

逆に底の形状を感知する能力は非常に高かった。
潮が若干緩い中で50号オモリを使ったから、という理由もあるが、単純に胴調子の感度の良さはアドバンテージになる。
実際に根を攻めた結果での根掛かりは一度もなく、オマツリしたときに仕掛けを緩めたせいで根掛かりしオモリをロストしたのが1回あったのみであった。

「掛ける釣り」をするのであれば、欲を言えば8:2ぐらいのバットがしっかりした先調子の竿が望ましいが、小生のようにまだまだ初心者であれば感度がよい胴調子の方が良いやもしれん。


さて、ここで「?」と思った御仁、さすがである。

世間一般の常識では「先調子」の方が感度がよい、とされている。
そりゃそうである。バットが固いということはより振動が伝わりやすいはずだから。

ただ、なぜか小生は胴調子の方が感度がよいと感じてしまう。
これはシーバスやエギングの時もそう感じてしまうので船竿に限った話でもなさそうである。

先日ブログにもした胴調子のトラウトロッドと先調子のメバリングロッドの関係性と同じ理屈である。




ちなみに竿の素材違いによる感度の差はまた別の話。
そりゃ高カーボンロッドの先調子とグラスロッドの胴調子であれば、高カーボンロッドの方が感度が良いに決まっているのである。


ガシラさえ動きを鈍らせる低水温時であれば胴調子で「乗せる」釣りでも楽しめるし仕掛けやオモリのロストも少ないであろうが、水温が上がってくると釣果があがるのは間違いなく「掛ける」釣りである。


小生の感覚に限って言えばコスパの胴調子か、釣果の先調子か、う~ん、悩みどころである。

諸兄が悩んでいる場合は迷いなく先調子を買われたし。



②リール

これはソルト対応の小型両軸リールであれば特にこだわる必要はないと思われる。

小生は
IMG_4619
グローブライドのSKハリケーンを使用した。



少々形が違うがおそらくこちらの商品の仲間であろうと思われる。

例によってヤフオクで落札したので詳細は分からぬが、メーカー名からダイワの別ラインと思われる。


というぐらいリールにこだわる必要はない。PE2号を100mくらい巻けて、50号オモリでドラグが滑らなければそれでいいのだ。


欲を言えば、50mほどの水深から巻き上げることもあるのでハイギア仕様であればよかったのだが、はて、このハリケーンがハイギア仕様なのかどうかすら分からん。

要はなんでもよいのである。



③仕掛け

おそらくこれが一番の肝である。

瀬戸内では初めての釣りだったので船頭オススメの仕掛けを購入しようと釣具店にGO。

目的は


ササメ針のカサゴガシラ仕掛け12号針・ハリス3号バージョンである。
パッケージに「堤防」と書いてあるが、これで間違いない。
なるほど、180cm前後のショートロッドを使うのであれば船用のロング仕掛けよりも全長の短い防波堤用を使うのもアリである。

ただ、amazonにもなければマックス三宮にもない…。9号以下は比較的置いてあるのだが12号がないのだ。

仕方がないので



こちらをエイト玉津で見つけたので購入した。
10号針・2.5号ハリスであるが何とかなるであろう。

苦労して仕掛けを揃えて臨んだ当日……なんだリタックルさんで売ってるじゃねぇか…。
まぁ、せっかく買ったんだし10号でやってみよう。


…この小生の相変わらずのいい加減さが、今回ばかりはどうやら大正解だったようである。



小生の背中に陣取っておられた常連さんは自作仕掛けだったので詳細は不明だが、他のお客さんは皆12号針仕掛けを使っておられたようす。

有利なトモのお客さんより、圧倒的に不利なミヨシの小生の方が釣果がよかった訳は単純に針掛かりの差だと思われる。

根にトモから入っていく以上、トモから魚にアタックしていくことになるが、トモから順に「あれ!?」とか「うわっ」とか聞こえてきて最終的に小生の竿が「ググググッ」というパターンが少なからずあった。

要は活性が低い低水温時なので針まで口に入れずエサだけ咥えている状況が多発していたと思われるのだが、小生が一回り小さい10号を使っていたため思わず針まで一緒に飲み込んだものと想像している。

実際は違う要因かもしれぬが、トモ側のお客さんと小生の違いがそこだけだったので、おそらくこれが原因のはずなのである。


ちなみに…市販仕掛けの悲しさで、12号は3号ハリスなのだが10号は2.5号ハリスに落ちる。

2.5号ハリスでも強度自体は十分なのだが、問題は「ハリ」。
針ではない「ハリ」である。

細いがゆえに柔らかすぎて明石海峡のような潮の速い海では幹糸の回転よりもハリスの回転が速く、結果、幹糸に巻き付いてしまうのだ。

もしくは仕掛けを海底に降ろす際、オモリが回転してしまい、追随してハリスも回転し、結果仕掛けが海底に届いたときには幹糸とハリスが合体、なんてことになっているのやもしれぬ。

こればっかりは海中の状況を見ていないのでなんともいえぬ。



どちらにせよ、ハリスの長さがゼロになってしまい刺し餌が幹糸にくっついてしまう状況が起こる。

こうなればアタリもクソもない。単純に釣れなくなってしまうのだ。

3号ハリスであれば各段にハリが出るためある程度抑制できると思うのだが…。


という訳で次回釣行用に用意したのがこちら。

IMG_4622

IMG_4623

いわゆる「からまんビーズ」である。



要は幹糸の回転とハリスの回転をお互い干渉しないようにすればいいだけなので、間に回転ビーズを噛ませばよいのである。

しかも自分で作ればハリスの硬さも調整できる。
針とラインのバランスはさておき、10号針に3号ハリスどころか4号ハリスあたりを巻くこともできる。


ふふふ、これで次の釣行は竿頭確定である。



④オモリ

IMG_4621

根を攻める釣りでは画像のような棒オモリを愛用している小生、今回も棒オモリを投入した。

経験上、六角オモリよりも根掛かりが少ないように感じるからである。

ただ、同船していた常連さんは六角オモリであった。

う~ん、単純に腕の差やもしれん。

なんせ50号であれば問題ないので好みで使い分けるがよろしかろう。




という訳で以上が小生なりのタックル検証である。

人それぞれ拘りがあるのは当然なので、乗る船の最低限のルールは守りつつ、遊べるところは遊ぶのも面白いぞ。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_4363

2019年2月2日(土)、フィッシングショー開催初日は混雑必至なのでわざと2日目に行くことにして、空いた体を持て余す訳もなく当然のように半夜の沖堤へと出勤である。


2月は河内渡船が休業に入っているので和田防ではなくポーアイ東側の神戸沖堤群への出動とあいなった。
利用渡船は前回同様さつま渡船改め松村渡船さん。




前回は7防で潮どまりの憂き目にあい、あえなく撃沈となってしまったが、今回はそのリベンジも兼ねておる。
狙いは当然のごとくガシラ。和田防のようにメバリングメインの組み立てではないのだ。あくまでガシラ一筋に攻める男らしい釣行なのである。



さてさて、和田防とポーアイ東側の違いを考えるとおのずと攻め方が変わるのであるが、違いとは何か。

「駆け上がり」の有無である。


和田防に行かれたことがある方はお分かりと思うが、外も内も5~7m沖に急激な駆け上がりを備えている。この駆け上がりが魚をストックする絶好のストラクチャーになっており、必然的にジグヘッドを使うのであれば「縦の釣り」で魚を拾っていくことになる。

底が取れない=秒殺で根掛かり=ジグヘッドのロストがハンパない…というガシラハンター泣かせのやっかいなポイントなのである。

ウキ釣りや探り釣りであればこの駆け上がりのラインに沿って釣る「横の釣り」もしくは「点の釣り」になろう。


対してポーアイ東側の沖堤については全てがそうとは言い切れないが、比較的起伏が少ないもしくは緩やかな海底状況であると想像できる。

海底をズル引きしようものなら瞬殺で根掛かりする和田防とは違い、ポーアイ東側の場合はたまに障害物に当たるくらいで滅多に根掛かりなどしないからである。

ということはほぼ「面の釣り」になり、いかにジグを浮き上がらせずに横に動かすか、が釣果を分けることになる。
うん、お財布に優しい素晴らしい釣り場である。


その面の釣りに対応すべく投入したのがこちら。

IMG_4369

バリバリのバスロッドである「GlassWay makimono」。
かなりマニアックではあるが非常に優秀な竿である。

IMG_4368

1/12~1/3OZ対応であるのでだいたい2~9gぐらいのジグヘッドに対応できる。

以前の和田防でのトラウトロッド投入に続き、異種釣具からの参戦とあいなった。






当日は大潮前日の急激な下げのタイミングだったので想定されるジグヘッドの重さは5g、おそらく竿を設計された方が一番想定した重さのはず。


さらに名前のとおりグラスロッドで巻物(=クランクやバイブレーション)をする場合の専用ロッドであるので、少々使い方は違うが広く面を探るには適切なロッドなはずなのである。

難点を言えばそもそも底をとる竿ではないので小さな「コツン」という着底の感触を感じにくい。
でも周りは根掛かりリスクの少ない海底である。全く問題ないはずなのだ。



という訳で8防へと上陸。8防を選んだ理由は特にない。前回は7防でなぜか潮が止まり悲惨だったのと、フラットな場所で360度投げてみたかっただけである。

IMG_4366

水道側は2人が陣取られていたので、南側へと目を向けると

IMG_4365

ちょっと分かりにくいのだが先端が水没しており、途中から立入禁止になっておる。

果て、10年前はこんな感じじゃなかったはずだが…小生の記憶違いであろうか…。



記憶を手繰っていても埒があかんので早速調査開始である。

15時便で渡って満潮の潮どまりは16時半。そこから迎えの時間までずっと下げっぱなしである。
渡ってすぐは潮止まりゆえ、ゆっくりと道具をセッティング。
まずは5gのジグヘッドに適当なワームをつけて投入。
底をとってからゆっくりとスイミングさせてくる。

和田防の場合は底を取った瞬間に根掛かり防止のためすぐに跳ね上げるのであるが、ここでは着底後竿先を下げてゆっくりリーリングが正解のはずなのである。


時折コツコツと石かなにかに当たるが、それ以外はほぼ障害物なし。しかもわりかしフラットな海底状況とみた。



潮が動き始めて暫くした頃、ようやく当たりである。

IMG_4371

ちっちぇぇ…
10cmにも満たないガシラ様…
よくグラスロッドでアタリを拾えたものである。


さてここからが本番。潮が大きく動き出すタイミングと夕マズメが重なる最高のコンディション。
ここで釣ってもボーズの神様も怒りはしないのである。


さてさて、和田防のように入れ当たりと行きましょうか。



……
………



ピクリともしねぇ!!!!



何をどうしてもアタリがない…。


面だ縦だとそんなゴタクは横に置いといて、和田防並みの着底即しゃくり上げでも当たらぬ。

必殺「潮に任せてゴロゴロ」作戦も効き目なし。





迎えの20時半まで……

完全ノーバイトである…。


先ほどのチビラが無ければノーヒットノーラン…。



同時に8防に上がられていたエビ撒きの方やイソメでスリットを狙われていた方もノーヒットの様子であったから、これは小生の腕のせいではないのである。
きっと潮が悪かっただけなのである。
きっと…。


それにしても前回の7防に続き今回の8防…リベンジできるのはいつになるのであろうか…。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_4339

意外にも使えることが判明したトラウトロッド、調査日が小潮でしかも時間帯的には潮が極端に緩い状況の中での調査であった。




むむ、潮が緩けりゃそりゃ底もとりやすいだろう、潮が速い日にも調査を行ってこその実験ではあるまいか、などという理由をつけ、2019年1月19日も和田防へ渡堤である。
実験にかこつけて釣行したいだけ、と細君に揶揄されようが実地検証あってこそなのである。
なお、当日は月齢カレンダーでは中潮とあるが大潮直前であり、17時過ぎの満潮から一気に下げに転じる動きは調査対象としては不足なしの状況であった。


17時便で渡り、とり急ぎトラウトロッドに1gのジグヘッドを付けて投入。
ふむふむ、まだ潮が下げ始めたばかりの時間なので余裕で底が取れる。

1投目で15cmほどのガシラ、2投目でも同等のガシラである。
トラウトロッドの感度が良すぎて小さなアタリもかなり大きく感じてしまい、どれほど大きな魚が掛かったのか、とビックリしてしまう。

3投目でクンッとものすごく小さなアタリ。
やや、トラウトロッドでもこんなに小さなアタリだとよほど小さな魚だろう、と合わせてビックリ、いきなり竿の根本から曲がる。

IMG_4341

あいや、メバルであった。

IMG_4349

22.8cmだから和田防ではまずまず良い型だ。

これぐらいのメバルがかかるとトラウトロッドではパワー負けしてしまうのだが、そこがまた面白い。足場の高い沖堤でこその楽しみ方だと思われる。



さて、ここからが難儀だった。

本格的に潮が流れ始めると1gのジグヘッドでは底が取れないのである。
おそらく潮に押されて若干流されてしまい、底に軟着陸しているため着底の瞬間が分からないのであろう。
プラス、どうやら底に海苔が付き始めているようだ。何度か針に引っかかってきたが、これがクッションの役割をして余計に着底のショックを和らげているように思われる。


1gで底が取れないのであれば致し方ない、1.5g、1.8gと重さを上げていきやっと2gで底が分かるようになった。



こうなるとトラウトロッドでは厳しい…0.5~2gが適正負荷のロッドであるので2gのジグヘッドはMAXである。
ここにワームの重量と潮がラインやリグを押す力が掛かるので正直スペックオーバーな負荷がかかることになる。
着底してジグヘッドをダートさせるにしても途中でスイミングさせるにしても竿の胴が曲がりすぎてしまい、アタリもくそも分からなくなってしまった…。


これは釣りにならぬので、いつも使用しているメバリングロッドに変更すると…あら不思議、使い心地満点である。
底は取れるし、ダートはできるしスイミングも思いのまま。


こうなってくると正直なもので、

IMG_4343

IMG_4346

IMG_4348

ぽぽぽぽ~ん、と良型を上げることができた。


圧巻はこちら

IMG_4344

何やらいつもよりイカついお顔のこちら、

IMG_4347

なななんと27.7cmである。

いやぁ、久方ぶりの25cmアップ。引きごたえも抜群であった。



という訳で終わってみればメバル1尾とガシラ35尾の計36尾。
ガシラチャレンジを行った産卵前には及ばないが、1月にしては楽しめた釣行となった。





さてトラウトロッドの最終的な評価だが、潮が緩い日もしくは潮どまりの時間帯に細かいアタリを拾っていくロッドとしては非常に優秀である。
2g以上のジグヘッドを使うには厳しいので必然的に1g前後の軽いジグヘッドになり、その関係で潮が緩い時にしか使えない、という方が正しいやもしれん。

逆にメバリングロッドは胴に張りがある先調子なため潮が速くてもジグヘッドを重くして対応できる。
あまりに軽いジグヘッドをキャストするのは難しいため、潮が緩い日には持て余すスペックになってしまっている。

つまり、
潮が緩い→トラウトロッド
潮が速い→メバリングロッド
で使い分ければ、ガシラとメバルに関してはかなり面白い釣りを展開できるのではあるまいか。


当初の「メバリング入門者がとりあえずトラウトロッドを使用しても大丈夫か」という疑問については、「ある条件下では非常に有効だが、別の条件下では全く使えない」との回答になった。


さて、トラウトロッドの結果はでた。お次は……




ところで、和田防に渡って早速違和感。

IMG_4337

何かの調査施設が和田防の目の前に3つ立っているのである。
1/14に渡った時には無かったはず。
わずか1週間足らずで3つも調査施設!?



調べてみると気になる記事が…


うわぁ、和田防の白灯より少し西側の真上を通るじゃないか!!


あくまで概略図なので実際はどこを通るのかわからんが、和田防の間近を通すことは間違いなさそうである。

問題は橋脚の形と和田防周辺の環境の変化。


春のチヌ、夏~秋のタチウオ、秋の青物、冬のメバル、周年通してガシラと何を釣っても面白かった和田防、今後の魚の動きの変化が気になるところである…。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村




前々から欲しかったのである。
欲しかったのになかなか購入に至らなかったのは、無くても困らないうえに買うにしては少々お高いような気がしていたから。
しかし、いよいよ必要になってきた。
細君だけならまだしも、最近では娘からも「パパの部屋、汚い…」と言われる始末。
愛娘からの指摘であれば重い腰を上げるのも仕方のないこと。



ロッドスタンドの話である。



小生、物持ちは良い方で釣りを始めた25年以上前の竿やリールを今だに所持していたりする。

なんだかんだ自分や細君に言い訳して新しいタックルを買ってしまうものだから年を追うごとに数が増えるのは必然。
ここらあたりは太公望であればご賛同頂けるであろう。


それにしても部屋中に散乱しているものだから一体何本あるのであろう?と数えてみたら…
なんと75本もあった…。

昔のバスロッドやフライロッドなどの淡水系ロッドは省いての本数だから、もしやすると大台を超えておるやもしれぬ。

これが高級ロッドばかりだと「何を自慢しおって!」と思われようが、ご安心めされい、貧乏アングラーゆえに数だけあって単価はお安い。


で、75本も収納できるロッドスタンドなど当然販売されておらず、冒頭の19本用であれば4セット必要になり諭吉様3人分ほどの出費になってしまうのである。



小生が諭吉様3人とお別れすることなどできる訳もなく、なれば選択肢は1択である。



DIYである。



元来適当な性格の小生、DIYは好きなのだが設計図など書いたためしがない。
今回も他のブロガー様のブログを参考にして完成図を頭に描いたのみで近所のダイキに行き、適当に板を買ってきて、適当にネジで止めてみた。
わずか30分弱で完成である。


それがこちら。

IMG_4214

我ながらなかなかの出来栄えである。
これは商品化できるレベルではあるまいか。
もはや貧果ばかりの釣りブログなどやめてDIYブログに鞍替えすべきである。

ちなみにネジは家にあったものを使ったのだが、それ以外の材料全てで2,500円以下であった。
うん、納得できるお安さ。



同じ長さの板と棒を買ってきたので一切ノコギリを使っておらぬ。
なので部屋の中で作ってしもうた。
30分で完成することも含め、かなり手軽な工作ではなかろうか。


それでは細部を紹介していこう。


まずは上部から。

IMG_4217

グレーのウレタンフォームのような波型のものは



「波板フォームパッキン」と呼ばれるもので、本来はトタン屋根などの隙間を埋めるために使うもののようであるが、これが竿受けとしてピッタリなのである。
ちなみに波のサイズが色々あり、一番小さなサイズがおすすめ。

IMG_4212

途中まで使ってしまった画像で申し訳ないが、本来は6本入りで売っておる。

このパッキンを4か所に設置し、1か所1.5本分弱使うので6本入りで丁度なのである。
ちなみにこのパッキン、さらに便利なことに裏側に両面テープが予め貼られており、開封してすぐに板に貼り付けられるのである。
うん、素晴らしいぞ。


この波の凹み1つに1本ロッドを置けるのだが、要はこの凹みがいくつあるかでロッドスタンドの収納能力が決まるという訳だ。

ちなみに買ってきた板の長さに合わせると、凹みが28か所になったので両側で56か所、つまり56本のロッドを収納可能ということになる。


むむむ、75本にはならなんだか。
まぁ、もう1セット作ればよいだけの話である。



さて肝心の下部。

IMG_4218

このように一番下の板を斜めに付けるのがミソである。

これによりロッドが内側に倒れるようになり、一番上のパッキンに受けられて固定されるという寸法。
なんとよく考えられたスタンドであろうか。


ロッドを立てかけてみると

IMG_4221

この通り。


ちなみに小生が持っている中で一番太いロッドは画像の一番左のロッドで



これの旧バージョン。
パームスのサーフスターである。
現行バージョンは分からぬが、旧式は太くて重いロッドとして有名であった。
その重さゆえに叩き売りされた時代があり、現行品ほどの高級ロッドではない。なんせ小生でも購入できたレベルである。


その右どなりが一番細いブランクになり



メジャークラフトのフィンティルである。
ちょっと圧をかければ折れてしまいそうな細さ。

ご覧のとおり太いロッドも細いロッドも問題なく立てかけることができた。


ん、まてよ、振出しならまだしも2ピースロッドは2か所占有してしまうではないか!

いや、盲点であった。これでは58本収まらぬ。2ピースならば29本が限界か…。


それではどれぐらいの長さのロッドなら1本で置けるのであろうか。

IMG_4224

天井ギリギリで置けたロッドがこちら。

IMG_4223




メジャークラフトのジャイアントキリング。
全く同じ物がAmazonにはなかったが、7フィート6インチまではなんとか1本で置くことが可能であった。


さて、全部ロッドで埋めてみると…

IMG_4225

IMG_4226

これこの通り。

なかなかの壮観で余は満足である。

というか…我ながら節操のない…釣りならばなんでもいいぞ、という浜崎伝助師匠のような品揃えである。


とは言え、これだけ整理できれば釣行前になってお目当てのロッドが見つからず慌てることや、釣り場についてからバット側とティップ側が違うことに気付いて後の祭り…なんてことも無くなりそうである。



さてお次は…

IMG_4227

これまた散乱しておるコヤツらをどうしてやろうか…。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ