ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

タグ:サビキ

IMG_3960


タチウオにリベンジできなかった9/22(土)、3連休なのを幸いに9/23(日)も通しで和田防に行ってやろうと目論んでおったが…。



いや、無理無理。体力が持たぬ。

30代前半は余裕でこなせたスケジュールもオヤジになると厳しくなるもの。
ましてや2日連続の徹夜なんて…体力の衰えを感じるお年頃…寂しいものよのぅ…。



という訳で9/23はぐっすりと休み、9/24(祝)の朝から釣行することにした。


青物好調の垂水一文字、アオリイカとあわよくばサヨリ狙いで林崎、夕方~夜限定で明石市役所裏のタチウオ、ちょっと足を伸ばして本荘人工島とどこに行こうか悩んだが、娘からの「私も付いていくかんね!」オーラに負けファミリーフィッシングとあいなった。




前回は大蔵海岸でサビキであったから↓




今回は久しぶりにアジュールへと向かう。



台風21号来襲の夕方に偵察したときはかなりの範囲で立入禁止の規制が張られておったが、それがどうなっているかの確認も兼ねよう。




例によって電車釣行なので舞子駅で下車し、改札を出てすぐの陸橋を渡ってそのまままっすぐ明石大橋の西側ベランダを目指す。



ベランダ到着は9時半頃。


大橋の真下はまだ規制中であったが、

IMG_3957


西側の規制はなく

IMG_3944

ベランダは使用可能であった。



しかも3連休だというのに比較的空いており余裕を持って竿だし可能。

IMG_3945

西端の南向き部分などガラガラである。



例年なら家族連れや常連でビッシリのはず。

やはり規制地区が広いことが影響しているのか、釣人の出足は非常に鈍いと感じた。



という訳で早速サビキをセッティング。


前回の大蔵海岸でウキを付けて投げないと釣れないと思い込んでいる娘、のっけからウキを付けろとうるさい。



仕方がないのでウキを付けて比較的近くに投げ込み様子を伺う。



IMG_3962


その竿の前で謎の踊りを披露する娘。


「もしもし、あなたは一体何をしておられるのですか?」と尋ねると、「私はたくさん釣れるようにお魚さんにお願いの踊りを見せているのです」との回答。平たく言えば必釣祈願の舞を披露しておられるそうな。

魚が見てくれておるのかどうかは全く謎だが、本人は非常に楽しそうなので良しとしよう。



その舞を魚が気に入ったのかどうかは分からぬが

IMG_3955

いきなり怒涛の入れ食いタイムに突入である。



分かりにくい画像で申し訳ないが、6本針にパーフェクトで釣れてくる。

しかも前回とは違い小アジが混じって釣れるのだ。



何が影響しているのか分からぬが、6本針全てイワシの場合もあれば、下3針がアジで上3針がイワシの時も。不思議なのはアジとイワシが交互に針掛かりしていたこともあった。


普段は群れや泳層が違うので混じって釣れることが少ないのだが、今日は一体どうしたことであろうか。


素針で返ってくることが無いものだからあっという間に50尾を超える。

こうなってくるといかにイワシを避けてアジを釣るか、という小生にあるまじき贅沢な悩みが出てくる。



おや、そういえばいつもギャーギャー何かしら騒いでいる娘が静かだ。


IMG_3951


コンニャロウメ、自分から連れていけと言い出したくせに、釣り飽きるのが早すぎるのではないか。



しょうがないので小生は出来るだけアジの数を増やすようひたすら試行錯誤である。



水面は

IMG_3963

これまた分かりにくくて申し訳ないが、イワシの大群で定期的にザワつく、というか半分ボイルのような感じになる。


こうなってくるとカゴにアミエビを詰めなくても、カゴが沈む前にイワシが食いついてしまうため6本針全てイワシになってしまう。



なのでボイルが起こるたびに投入をやめてボイルがおさまってから投入したりしていたのだが…。



待てよ、ボイル=青物ではないのか?


ハマチやメジロとは言わぬが、サゴシあたりが下から食いあげてきているのではないか?


と閃いてしまった小生。



早速サビキを投入し、魚が掛かってもしばらくそのままにしておった。



すると、ウキがスーッと沈んでいきそのまま急に横にズバッ!!



反射的に合わせて

IMG_3953

ほら、このとおり。ハマチゲット!!


む、ハマチか?ツバスではないのか?


いやいや、例えツバスであっても、ここはハマチにしておこうではないか。

という訳で35cmのツバスもといハマチを見事にキャッチである。




お隣さんもハマチを掛けられたが、これは惜しくもラインブレイク。

一瞬見えた魚体から考えても小生のツバスもといハマチよりも間違いなく大きかった。



ただ後が続かず、午前の釣りは終了。


娘と12時になったら昼ご飯と約束していたので一旦竿を置いて細君が持たせてくれたオニギリをほおばる。


ちなみに午前だけで

IMG_3956

アジとイワシ合わせて87尾であった。




午後からもアジ・イワシは順調に連れ続け、16時の納竿までに210尾をゲット。

IMG_3964


アジとイワシの割合は4:6ほどで、傾向としては岸寄りを深めの棚で探るとアジの確率が高かった。


アジとイワシが混ざって釣れていたのはおそらく青物に追い回されていた結果であろう。

早くに気づいておればもう2、3尾は青物を追加できていたやもしれぬ。



特筆すべきはその青物である。

掛かることは無かったが、定期的にボイルが起こりメジロクラスがジャンプする場面もあった。

これが竿2本分くらいの範囲で起こるのである。

上手い御仁であればかなりのアタリを出せていたと思われる。



週末の台風が残念で仕方ないが、アジュール舞子、まだまだ釣れそうである。





なお、釣ったツバスもといハマチは美味しく刺身でいただき、

IMG_3965

イワシは唐揚げとツミレに、小アジは翌日南蛮漬けになった。

IMG_3966


あぁ幸せ。






IMG_3822

台風一過の神明間であるが、21号襲来前の週末9/2に娘と大蔵海岸へと釣行したのでその記事でお茶を濁させていただこう。



その前の金曜日の朝から胃腸炎で唸っていた娘、夜には良くなっていたのであるが医者からは土曜日も安静にするようにとのお達しを喰らっており渋々家でじっとしておった。


日曜日は天気が崩れる可能性があるとの予報だったので和田防への電車釣行は諦め、垂水一文字への自転車釣行をするつもりだった小生なのだが、2日間もベッドにもぐらされておった娘が日曜の早朝から騒ぐ騒ぐ。


曰く「私も釣りに連れていけ!!」と。


どうやら元気が有り余って仕方がないらしい。
だがさすがに雨が降るやもしれぬ一文字に小2の女児を連れて行く訳にはいかぬ。


そこで思案した結果、大蔵海岸に電車釣行することにした。

大蔵海岸であれば最悪雨が降ったとてラムーなど逃げ込める場所はある。


さて当日、予報に反して雨は降らず若干の曇り空ではあるものの暑くもなく寒くもなく、風もそよ風程度で小2の娘とのファミリーフィッシングには絶好の日和であった。



今回の釣法はもちろんファミリーフィッシングの代名詞・サビキ釣り。
小2の娘でもお土産ぐらいは釣れるであろう。



という訳で娘と朝霧駅に降り立ったのが9時頃。
細君の仕事の関係でどうしてもこの時間になってしまうのである。

朝イチから釣りだせば色々釣れて面白いのは分かっているが、こればっかりは致し方ない。
まぁ、この時間からでもイワシぐらいは釣れるであろう。


まるは釣具で半解凍のレンガを仕入れ、朝霧川の東岸河口に落ち着いたのが10時頃か。
帰りは15時の仕事終わりに細君が車で迎えに来てくれるので正味5時間の釣りである。


朝イチの時合は完全に逃しているもののそこそこ混み合っており、柵にゴミ袋を設置してある場所しか空いておらぬ。

ここは皆さんがゴミを捨てにやってくる場所だから空けておくのがマナーとは思ったが、他に空いている場所がなく、仕方なく釣座を構えることにした。


隣に釣座を構えておられた老夫婦は朝イチから釣られているそうで、ガシラ・アジ・チャリコなど魚種豊富に釣れたそうだ。
しかしここ1時間ほどはアタリが止まっているらしい。

他の釣り人はチラホラとイワシを釣っているが連で掛かってはおらぬ。
若干食いが悪いようである。




とりあえずは投入してみねば分からぬので

IMG_3814

以前、エイト玉津で購入したサビキ竿セットの下カゴにアミエビを詰めて娘に渡し足元に落とさせてみた。

これで掛かってくれれば話は早いのだが、そうは問屋が卸さぬ。


何度か投入してみるのだが魚からのシグナルは全くない。

飽き性の娘は仕舞にカゴが底についてもリールを巻かぬようになってしまったので、カゴが根掛かりする始末。

サビキカゴが根掛かりするなんてことはそこそこ珍しいのではあるまいか。

我が娘、これを15分の間に2度もやりおった。
そこらの小坊主がやらかせば眉間に皺が寄るところであるが、我が娘である。可愛いので許して進ぜよう。


これでイワシは接岸しておらぬと判断。
であればウキを付けて沖目を狙うのみである。


小生用に持参した2号5.3mの磯竿に5本針のサビキ仕掛けを取り付け、飛ばしウキで川筋の真ん中ほどに投入してみた。


でしばらくすると

IMG_3818


1尾外れて落ちてしまったが、5本針にパーフェクトである。



これをみた我が娘、自分も飛ばしウキを使いたいのだが、いかんせん投げる技術がない。
そこで何やら閃いたらしい。


「父ちゃん投げる」→「私リール巻く」→「私が釣ったことにする」


これを細君が言い出したら「何を都合のいいことを」と一蹴するのであるが、可愛い娘である。父は喜んで投げてやるぞ。


でリールを巻く小2女子。

IMG_3819

なんであろうか、この玄人感。

まるで10本針仕掛けを5色ラインに投げ込み、竿尻を砂浜に付け片膝をついてキスを追い食いさせている眼光鋭いベテラン投げ釣り師のようなオーラである。
ダイワやシマノのキス釣り選手権に出場させてもいいところまで行くのではなかろうか。


というバカ話は置いておき、我が娘ながら追い食いさせることだけはうまい。

投げ込むのは私であるが次々とパーフェクトで釣りあげるので忙しくて敵わぬ。
ちなみに魚を外すのも小生の役割である…。


そのうち、自分が使っていたエイト玉津も投げ込めと言い出したため、2本竿で代わりばんこにリールを巻きだした。

もう大忙しである。



調子に乗った我が娘、どんどん釣りあげ、

IMG_3829

3時間ほどで70尾も釣りあげた。


途中で「アイスが食べたい」と言い出したので、トイレ休憩がてらラムーに行ったのと、最終的にアミエビが切れてしまって時間切れ前に竿を畳んだにも関わらずの釣果であるので、釣り続けていたら100尾は超えたやもしれぬ。


周りはポツポツとしか釣れていなかったが、勝因は単純に飛ばしウキと投げ込む距離と思われる。

何しろウキを付けて川筋の真ん中ほどまで投げ込んでいたのは小生達だけであったので、そこらに群れていたイワシを独占できたのだろう。


帰宅後は頭と内蔵だけをとり細君に任せた。

酒好きの細君、イソイソと素揚げにし

IMG_3830

立派なアテの出来上がり。

ちなみに素麺を添えれば、酒を嗜まぬ小生には立派な夕食となった。


台風通過によりアジやイワシの動向が変わってしまっておるやもしれぬが、釣り場自体は大丈夫だった大蔵海岸。

ファミリーフィッシングにもってこいなので飛ばしウキと長めの竿を持って釣行してみてはいかがか。




最後になってしまったが、台風21号及び北海道地震で犠牲になられた方々にお悔みを申し上げるとともに、被害にあわれた方々にもお見舞いを申し上げる。

台風や地震と同列に考えては不謹慎であるのは承知だが、釣りというのは自然が相手である。自然の猛威の前に人間の為す術は限られるのであり、それを肝に銘じて今後も釣りと向き合っていきたい。













このページのトップヘ