ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車・自転車釣行をメインとしたブログです。でも最近は船釣りメインに移行気味!?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

タグ:ステッカー

IMG_6118


ああ、ようやくフィッシングショーの記事が書ける。


小生が娘と一緒にインテックスに向かったのは一般初日の2月8日。
神戸を9時頃に出発しているので到着したのは11時前である。
あぁ遠いぞコンニャロウ。


事前の予習どおり
IMG_6119
6号館Aゾーンを目指してズンズン突き進む。


Aゾーンは子連れアングラーにとっての目玉が集中しており、何はともあれ急いで突入しなければならないゾーンなのである。



突入後、すぐに向かったのは「魚拓体験」コーナー。

昨年はあえなく整理券ゲットは出来なんだが、果たして今年は…
IMG_6122
アカンのか~い!!


う~ん、やはり11時到着では厳しいのか…。
これ以上早くは子連れだと厳しいんだよなぁ…。



気を取り直して、
IMG_6120
ルミカさんのブースに突撃し、オリジナルタオルをゲットしつつ、子供向けの「ボールプール」に娘を放り込もうとしたところ…


「お父様、私は来年4年生です。もうこのようなところで遊ぶ年ではございません」


といっちょ前なことをのたまう。

まぁ、遊んでいるのは幼稚園ぐらいの子達だし、我が娘はまだ小3のクセして中学生に間違われるのような巨躯の持ち主である。
そりゃ嫌がるわな。
娘も成長したということか。



気を取り直してルミカさんの真向かいを見ると
IMG_6121
「mazume」さんのブース。


ここではなんと、500円のパンフレットを購入するとキャッププレゼントとのこと。

「そんなこと言って、どうせショボいキャップなんでしょ?」

と思っていたら
IMG_6188 - コピー
マジか…すんげぇ立派なキャップじゃねぇか。


ホクホクしながら会場中央方面に進むと
IMG_6125
良い子の味方、「ハヤブサ」さんブースである。

こちらは毎年子供向けのイベントが充実しているが、今年は
IMG_6124
砂やオーナメントを瓶詰してお守りにしてくれるという、なんだか太っ腹な企画。

IMG_6126
娘も興味津々である。

IMG_6127
こんな綺麗なポーチに入れてプレゼントしてくれました。

相変わらずハヤブサさんは子供心を捕まえるのがウマいなぁ。



とりあえず娘のご機嫌がよくなったところで
IMG_6128
「VARIVAS」さんへ。

昨年は出展が無かったので2年ぶりの訪問である。

こちらではSNS登録してタオルをゲット。
さらに小生はファンクラブ会員なので、その話をすると専用の青いタオルをくださった。
う~ん、相変わらずの素晴らしいファンサービス。


その後は
IMG_6130
「Valleyhill」さんでステッカーをゲットしたり
IMG_6135
「シマノ」さんで子供用のキャップを美しいお姉さまからもらったり、
IMG_6137
「YAMASHITA」さんで
IMG_6138
ステッカーと立派なバックをもらったり、うろちょろと徘徊。


色々なタックルを見たりスタッフさんの話を聞きながら進んでいくので、6号館Aゾーンだけでかなりの時間を使ってしまった。


でも、Aゾーンのオオトリはこちら
IMG_6131
「がまかつ」さんのウキマロクイズラリーである。

娘はこれを毎年楽しみにしているのであるが、クイズに答えて受付に持っていくと
IMG_6133
みんな大好き、ガラガラタイムである。

まぁ、いつもどおりの白玉でシールをもらったに過ぎないが、娘は大満足の様子。




この後も他の会場の色々なブースを回ったが、あまりに多すぎるのでメインどころだけ紹介すると

IMG_6145
「ジャッカル」さんでは
IMG_6151
帽子にお絵描き。


「ダイワ」さんではDYFCの特典をもらったのだが、しまった画像を撮り忘れた。
ちなみにダイワさんではSNS投稿でソルティガのステッカーもゲット。




もちろん最後には4号館のウキウキイベントホールで遊び倒して、娘的には満足した1日だったらしい。



なお、今回ゲットしたお宝たちは
IMG_6188
キャップ3つと
IMG_6185
ノベルティ無数と
IMG_6182
ステッカー無数に
IMG_6186
カタログ達である。


これだけ貰えて、かかったお金は入場料前売り1,300円と有料パンフ購入代1,000円、娘のうきうきイベントホールでの遊戯代400円のみである。



新しいタックルを見て触れてスタッフさんの話を聞けて、かつ子供も遊べてお土産たくさん…ああ、なんて素晴らしいイベントなんだ。


ズラッと床に並べたお土産を眺めながら、来年も是非とも行こうと心を新たにする父娘であった。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5144


週末は娘をプールに連れて行ってやる約束をしてしまい釣行せずじまい。

どちらにせよ強風でどこも釣果は悪かったようだから、結果的には良かったか。


ただ釣行しないとブログが書けない。困ったものである。

しょうがないので、例のごとく道具ネタでお茶を濁すとしよう。




ガシラ狙いで釣人家さんやリタックルさん、名田屋さんに乗り始めた頃から思っていたのだが、船釣りになると完全防水の大きなタックルケースがどうしても必要になる。

船上では完全に乾いている場所が意外に少ないのだ。



波止釣りであれば上着や食事などは波止の上に置いておけばよいので



この大きさで十分なのであるが、船釣りの場合は荷物が「濡れる」前提になるため全部どこかにしまい込んでおくことになる。



今まではクーラーボックスに逃がすなどして凌いできたが、本格的にタコ釣りにノメリ込んでいることだし、この後の季節はジギングやタチウオが控えていることもあり、少し大きめのボックスを買うことにした。


冒頭画像の「ドカット」である。



DRESSと比べてみると

IMG_5146
大きさの違いは一目瞭然。

容積でいえばほぼ倍なのではあるまいか。

その反面、

IMG_5145
価格は半分である。

うん、とても小生向きだぞ。

ありゃ、Amazonの方が安いではないか…。





実は明邦のバケットマウスととても迷ったのだが、価格優先でドカットをチョイス。



「何を迷うことがあるか。貧乏アングラーなら1円でも安い方を選ぶことこそ善である」と聞こえてきそうだが、このドカットにはロッドホルダーの拡張機能がないのだ。


いや、正確には



のようなサードパーティ商品があるのだが、う~ん、イマイチ格好が良くないのだ。

しかも高い。本体の倍以上とはどういうことだ。


バケットマウスなら



のような商品があるので、ロッドホルダーをセットと考えればバケットマウスの方が安くなる。


ただ、ここまで立派なのはいらないんだ。

船上で予備ロッドを1本立てておければそれでいいんだよ…。



という訳でロッドホルダーをDIYすることを決意。
めでたくドカットの購入とあいなったのである。


ちなみにググッてみると、いやぁ実に色々なカスタマイズが出てくる。

どのブロガーさんも素晴らしい出来ばかり。

ただ、ほとんどがドカット本体に穴をあけパイプなどをネジで固定するスタイル。


う~ん、この固定スタイルはできるだけ避けたいのだ。

船釣りされる方はお分かりだと思うが、釣行後は潮まみれになっているため水洗いが必須。
汚れやヌメリが付いていることがあり、場合によってはゴシゴシ洗うケースも出てくる。

なので出来るだけ穴は開けたくないし、凹凸も作りたくはない。
バケットマウスではなくドカットを選択したのはこれも一因なのである。
要は後始末が楽だということ。


となれば取り外し可能なロッドホルダーを作成する必要があるが…はて、どうしてやろうか。



とりあえず、一回釣行してみて他の方がどうされているか観察しつつ、他のカスタム点も洗い出したのちにDIYすることにしよう。


という訳で今回はステッカーチューンのみで遊ぶことにする。

過去のフィッシングショーやイベントなどでゲットしたステッカーをここぞとばかりにベタベタと。


蓋の純正ステッカーは
IMG_5148
いかにも道具箱的なので、以前のフィッシングショーでゲットした

IMG_5154
黒いステッカーに張り替え。


正面や裏は
IMG_5152

IMG_5150
少し控えめにして、今後ステッカーが増えた時のためにスペースを空けておこう。



その代わり

IMG_5153

IMG_5151

横はベタベタと。


まだまだステッカーはあるのだが、これ以上貼ると下品になるので、これぐらいにしておこうか。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ