ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

タグ:台風

IMG_3960


タチウオにリベンジできなかった9/22(土)、3連休なのを幸いに9/23(日)も通しで和田防に行ってやろうと目論んでおったが…。



いや、無理無理。体力が持たぬ。

30代前半は余裕でこなせたスケジュールもオヤジになると厳しくなるもの。
ましてや2日連続の徹夜なんて…体力の衰えを感じるお年頃…寂しいものよのぅ…。



という訳で9/23はぐっすりと休み、9/24(祝)の朝から釣行することにした。


青物好調の垂水一文字、アオリイカとあわよくばサヨリ狙いで林崎、夕方~夜限定で明石市役所裏のタチウオ、ちょっと足を伸ばして本荘人工島とどこに行こうか悩んだが、娘からの「私も付いていくかんね!」オーラに負けファミリーフィッシングとあいなった。




前回は大蔵海岸でサビキであったから↓




今回は久しぶりにアジュールへと向かう。



台風21号来襲の夕方に偵察したときはかなりの範囲で立入禁止の規制が張られておったが、それがどうなっているかの確認も兼ねよう。




例によって電車釣行なので舞子駅で下車し、改札を出てすぐの陸橋を渡ってそのまままっすぐ明石大橋の西側ベランダを目指す。



ベランダ到着は9時半頃。


大橋の真下はまだ規制中であったが、

IMG_3957


西側の規制はなく

IMG_3944

ベランダは使用可能であった。



しかも3連休だというのに比較的空いており余裕を持って竿だし可能。

IMG_3945

西端の南向き部分などガラガラである。



例年なら家族連れや常連でビッシリのはず。

やはり規制地区が広いことが影響しているのか、釣人の出足は非常に鈍いと感じた。



という訳で早速サビキをセッティング。


前回の大蔵海岸でウキを付けて投げないと釣れないと思い込んでいる娘、のっけからウキを付けろとうるさい。



仕方がないのでウキを付けて比較的近くに投げ込み様子を伺う。



IMG_3962


その竿の前で謎の踊りを披露する娘。


「もしもし、あなたは一体何をしておられるのですか?」と尋ねると、「私はたくさん釣れるようにお魚さんにお願いの踊りを見せているのです」との回答。平たく言えば必釣祈願の舞を披露しておられるそうな。

魚が見てくれておるのかどうかは全く謎だが、本人は非常に楽しそうなので良しとしよう。



その舞を魚が気に入ったのかどうかは分からぬが

IMG_3955

いきなり怒涛の入れ食いタイムに突入である。



分かりにくい画像で申し訳ないが、6本針にパーフェクトで釣れてくる。

しかも前回とは違い小アジが混じって釣れるのだ。



何が影響しているのか分からぬが、6本針全てイワシの場合もあれば、下3針がアジで上3針がイワシの時も。不思議なのはアジとイワシが交互に針掛かりしていたこともあった。


普段は群れや泳層が違うので混じって釣れることが少ないのだが、今日は一体どうしたことであろうか。


素針で返ってくることが無いものだからあっという間に50尾を超える。

こうなってくるといかにイワシを避けてアジを釣るか、という小生にあるまじき贅沢な悩みが出てくる。



おや、そういえばいつもギャーギャー何かしら騒いでいる娘が静かだ。


IMG_3951


コンニャロウメ、自分から連れていけと言い出したくせに、釣り飽きるのが早すぎるのではないか。



しょうがないので小生は出来るだけアジの数を増やすようひたすら試行錯誤である。



水面は

IMG_3963

これまた分かりにくくて申し訳ないが、イワシの大群で定期的にザワつく、というか半分ボイルのような感じになる。


こうなってくるとカゴにアミエビを詰めなくても、カゴが沈む前にイワシが食いついてしまうため6本針全てイワシになってしまう。



なのでボイルが起こるたびに投入をやめてボイルがおさまってから投入したりしていたのだが…。



待てよ、ボイル=青物ではないのか?


ハマチやメジロとは言わぬが、サゴシあたりが下から食いあげてきているのではないか?


と閃いてしまった小生。



早速サビキを投入し、魚が掛かってもしばらくそのままにしておった。



すると、ウキがスーッと沈んでいきそのまま急に横にズバッ!!



反射的に合わせて

IMG_3953

ほら、このとおり。ハマチゲット!!


む、ハマチか?ツバスではないのか?


いやいや、例えツバスであっても、ここはハマチにしておこうではないか。

という訳で35cmのツバスもといハマチを見事にキャッチである。




お隣さんもハマチを掛けられたが、これは惜しくもラインブレイク。

一瞬見えた魚体から考えても小生のツバスもといハマチよりも間違いなく大きかった。



ただ後が続かず、午前の釣りは終了。


娘と12時になったら昼ご飯と約束していたので一旦竿を置いて細君が持たせてくれたオニギリをほおばる。


ちなみに午前だけで

IMG_3956

アジとイワシ合わせて87尾であった。




午後からもアジ・イワシは順調に連れ続け、16時の納竿までに210尾をゲット。

IMG_3964


アジとイワシの割合は4:6ほどで、傾向としては岸寄りを深めの棚で探るとアジの確率が高かった。


アジとイワシが混ざって釣れていたのはおそらく青物に追い回されていた結果であろう。

早くに気づいておればもう2、3尾は青物を追加できていたやもしれぬ。



特筆すべきはその青物である。

掛かることは無かったが、定期的にボイルが起こりメジロクラスがジャンプする場面もあった。

これが竿2本分くらいの範囲で起こるのである。

上手い御仁であればかなりのアタリを出せていたと思われる。



週末の台風が残念で仕方ないが、アジュール舞子、まだまだ釣れそうである。





なお、釣ったツバスもといハマチは美味しく刺身でいただき、

IMG_3965

イワシは唐揚げとツミレに、小アジは翌日南蛮漬けになった。

IMG_3966


あぁ幸せ。






IMG_3793


いやぁ、すごい風雨であった。
読者諸兄に被害が無かったことを祈るばかりであるが、今回の台風20号、すさまじいばかりの爪痕を神明間に刻んでいきおった。


拙宅も少々の被害を被った。

木の枝が数本折れ自転車がなぎ倒されていたのはまだ想定内だったが、ウッドデッキがズレて数センチ動いていたり隣宅との境界のフェンスが吹っ飛んでいたのには驚いた。

近所でも家から歩いて数分のビニールハウスはごっそり倒されており、その近くの倉庫などはシャッターが巻くれあがって穴が空いておった。
フェンスが吹っ飛んだりシャッターに穴が空くほどの強烈な突風なぞはここ15年程経験しておらぬ。
さもあらん、ニュースによると観測史上最大の風速であったらしい。



和田防周辺もさぞや大変なことになっておったであろうことは容易に想像できたが、想像のはるか上をいく被害状況であった。


淡路島の風車?風力発電機?が根こそぎ倒されたのはニュースで頻繁に流れておったが、台風後の和田防調査にと8/26に渡った時何やら違和感が…。



冒頭の画像の通り、西の赤灯の向かいにある白灯(和田防の白灯ではない。和田岬側の白灯)の頭がないのである。



IMG_3798

和田防常連の諸兄にとってはこちらの風景の方が馴染み深いか。
手前の赤灯に比べて奥の白灯(潜水艦が航行している向こう側)が明らかに低くなっているのである。


調べてみるとちゃ~んとlivedoorニュースにも載っておった。



灯台先端のLED灯器“消失”台風の影響か



いやぁ、キレイさっぱり無くなっておる。

昼間だから潜水艦なぞも悠々と波止間を航行していくが、夜はどうするのであろうか。
いらぬ心配とはいえ、通し釣りもやる身としては少々気にかかるところである。



さて、肝心の釣り。



小生の経験上、台風後の釣果は2つに分かれる。


・パターンが掴めないが偶発的なアタリが散発する
・台風前に比べると極端に釣果が下がる


である。


台風が直撃もしくはポイントの左側を通過した場合、台風の勢力にもよるが大概は風雨が強まるのはご存知のとおり。


では海中はどうなっているのであろうか。


今回の大型台風のような場合は水深100mあたりまで洗濯機のような状況になり、比較的水深の浅い湾内などは底から土や堆積物が巻き上がってとてもじゃないが魚達が平常の行動をとることが不可能になってしまうのだ。


この平常心を失った魚達を狙うことになるのだが、それが凶と出るか吉と出るかはその時次第なのである。



台風後に釣りをするメリット・デメリットであるが

メリット
・数日間エサを食べていないであろう魚達を狙うことができる。
・群が分断されているため普段は釣れない魚が釣れない時間帯に意外な場所で釣れてしまう。
・外海にウネリが残っている場合、魚が湾内に逃げ込んできている可能性がある。

デメリット
・大雨をともなった場合は水潮になっており、特に河口部を抱える湾は汽水系の魚狙いに限定される。
・底から堆積物が巻き上がっており呼吸がしにくいうえに視界が悪いため魚達の動きが鈍い。
・群が分断されているため通常のパターンが通用しない。

というのが大きなところであろう。


例えばタチウオ。


幽霊とアダ名されるほど居場所の掴みにくい魚であるが、ほとんどの場合は群れをなして行動している。時合が発生するのはこの群れる習性所以である。
時合が長いか短いかは色々な要因があるものの、大概は群れが大きいか小さいかによる。


この「群れ」が台風直後は分断されてしまいチリヂリになってしまうのだ。
このため、「群れ」という指標を失ったタチウオは個々の判断で行動せざるをえなくなり、普段とは違う行動に出てしまうのである。


その結果、朝でも夕方でも夜でもない真昼間に波止際でタチウオが掛かってしまうことも珍しくない。
しかも洗濯機状態になってグルグル回された結果かどうかは分からぬが、散発的ではあるものの延々釣れ続くことだってあるのだ。


台風前にサゴシが少数ながらも釣れていた和田防。
サゴシが釣れだせば、お次はタチウオの出番のはずである。

台風直後の8/25、昼まで所用があったのだが夕方からは予定が無かったため「もしや」を狙って渡ろうとしたところ、河内渡船のオヤジに「朝イチはまだ波がかぶっていたから途中で引きあげになるかもしれんよ。渡せたとしても出っ張りか白灯、ポーアイだけ」と言われてしまった。

う~ん、風はまだしも波がかぶってる状況はたまらん。
幸い8/26は朝から出るとのことだったので潔く日曜の朝から出かけることにした。



ちなみに、このブログの副題にもある通り、小生は電車・もしくは自転車での釣行をモットーとしておる。
なので始発の関係で河内渡船の1番船である5時便には乗船できぬ。
なので毎回割り切って半夜の1番船である10時便で渡ることにしているのだ。
よって小生の言う「朝イチ」とは10時便のことである。



さて、10時に渡提した小生。

IMG_3796

やっと1尾目をキープできたのは12時…しかもガシラ…。

その後、13時に下げどまりで出っ張り付近は

IMG_3797

ご覧の水深…。


お次に釣れたのは

IMG_3804

なんと16時…。またもやガシラ…。


要所要所でジグを投げてみるもタチウオもサゴシも掛からず仕舞であった…。

どうやら今回の台風、和田防にとってはデメリットでしかなかったようである。



あまりの釣れなさ具合と19時に上げどまりを迎えることもあり17時便で引き揚げたが、
当日の釣果は

IMG_3810

ガシラをわずかに6尾…。

和田防最低釣果を記録してしもうた…。



当日はほとんどの人がアジ狙いであったと思うが、小アジはそこそこ釣れていたものの大アジの姿は見かけなかった。

代わりにサヨリが大量に沸いていたのでサヨリ狙いで出かけていたら大漁になったやもしれぬ。


あと、参考になるかどうか分からぬが、かなりの数のエイが入り込んでいると思われる。
小生が見ただけでも10尾をくだらぬエイが回遊しておった。



台風直後の和田防、タチウオフィーバーは海が落ち着いてからになりそうである。


このページのトップヘ