ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車釣行・自転車釣行をメインとしたブログです。いかに安く釣るか、時間と手間を度外視したドM釣行をご覧あれ!!

タグ:垂水一文字

IMG_4073



2週続けての垂水一文字である。


前回5cmクラスのミニラばかり釣って危うくロリコンの汚名を着せらせそうになった釣り部長は「垂水は合わん!和田防がいい!!」と謎の主張しておったのだが、すでに河内渡船の通し釣りは終了しておる。
つまり和田防のメバルは半夜の4時間程度がメインとなってしまうので今回は却下した。


まだ夜中の寒さに耐えられるこの時期に通しで渡らずなんとするか。

よって選択肢はただひとつ、垂水一文字の通しである。



いつもは暇な時間が出来ないようにタチウオやアオリなども狙えるような道具立てでいくのだが、今回はシンプルである。
狙いは「メバル」、朝マズメに「青物」、以上。


色気を出していろんな魚を狙わない男の釣行なのである。



という訳で

IMG_4065

先週と同じポイントへ。


沖側のカーブしている場所に入るが、先週と違い少々潮が速い。
際でも3gのジグヘッドがどんどん流されていく。


さもあらん、内側が

IMG_4063

このような状況だったので丁度潮が飛ぶ時間帯にブチ当たったのだろう。
中潮だったのでこれでも緩い方か。



ここはあえて1.5gのジグヘッドに変更し、根掛かり覚悟でテトラスレスレを流していくと

IMG_4067

アナハゼ…

IMG_4068

ベラ…

IMG_4069

ネンブツダイ…


この他にもチャリコと小さなセイゴが釣れたので、メバルと出会う前に外道五目達成である。

色気を出さずとも色んな魚が釣れてしまう場合はどうすればいいのだろう。




悪戦苦闘していると同じ沖側カーブで竿を出していたタチウオのウキ釣り師のウキが頻繁に沈む。

なんとこの潮の速さでタチウオが入れ当たりである。

さすがに乗せるのは難しそうであったが、それでも2流しに1回ぐらいは銀太刀がキラメきながら抜き上げられている。



…しまった…今日はタチウオであったか…。

男の潔さが裏目に出ているではないか…。

色気を出した方が正解だったか。
やはり小生のダンディズムは隠しきれるものではない、と確信しながらそれでもメバル狙いに勤しむ。



陽も沈みきった19時半頃、ようやくガツンッときた。

IMG_4070

ガッシーである…。


ここからはもう怒涛のガシララッシュであった。

何をどうしてもガシラガシラガシラ。

ガシラ狙いの人であればここは地上の楽園か、と思えるほどの魚影である。


少し食いが落ちても横のテトラに移ればまたガシラ。

う~ん、表層から根掛かりスレスレの底まで全てガシラの棚である。



これはたまらん、と内側に移ってまたもやノベ竿のウキ釣りにスイッチ。

前回は内側の方がメバルの反応が良かったので期待がもてる。



いきなりウキが勢いよく消し込み、竿を弓なりにしてくれたのは

IMG_4071

25cmほどのグレである。

硬調のメバル竿でも少し心配な重さであったのでタモを使った。



前回ボラにやられてポチャンとしたタモ枠、急遽新調したので何気にこれが初めてのウロコ付けである。

うんうん、幸先よろし。



ちなみにこのウキ釣り、実はウキの消耗が激しい。

和田防はまだマシなのだが垂水の場合は流れが速いため仕掛けが波止の壁に当たることも多く、根掛かりならぬ壁掛かりすることも珍しくない。


ノベ竿はリールが付いておらぬし無理に煽るとリリアンが抜けてしまうので糸を手で持って引っ張ることになる。


たいがい針は外れるのだが、この外れた時の勢いでウキが壁に当たり破損してしまうケースやウキ止めから抜けて飛んで行ってしまうケースがあるのだ。

電気ウキを使うと壊れた場合や失くした場合のショックがデカい。貧乏アングラーにとって電気ウキは消耗品ではないのだ。



そこで小生がたどりついたのがこれ。





がまかつの「波止ウキワンタッチ」である。

道糸が5mついているのと2本針のハリスがセットになっているのでそもそも便利なのだが、それよりも何よりも一緒に付いているウキが秀逸なのである。


このウキ、25mmのケミホタルを差し込むことができるので電気ウキの代わりに使うことができるのだ。電気ウキよりも格安で使うことができるため専らこのセットを愛用しておる。


さらに





このあたりを用意しとけばハリスが無くなっても交換するだけですむ。


ウキも含めたコスパでは小生の中では十分満足できるレベルなのだ。




この調子でドンドン行こうと思いきや、この日は凄まじかった。

何がスゴいってセイゴである。


どこに落としても2本針両方にセイゴがかかるのである。

そこそこの大きさであればうれしいのだが、20cmにも満たないものだから上げるたびに仕掛けがグチャグチャ…。

いくらコスパがよくても、ここまで仕掛けを消耗させられると懐が痛いぞ…。
というか、そもそも仕掛けが足りぬようになるではないか…。



内側を東から西にかけて探っていったのだが、真ん中の船着きあたりから様相が変わってきた。

セイゴが減って代わって掛かってくるようになったのは…

またもやガシラ…。


釣り部長のように5cmほどのロリではないが、15cm以下ばかりなので全てリリースである…。

う~ん、これも困ったものだ。



西の船着きあたりまできてテトラ側に移りようやく

IMG_4072

IMG_4073

2尾キャッチ。

これが夜中の2時の出来事である。


むむ、難しすぎるであろう。



この後、なんとか1尾をキャッチしたがメバルは3尾に終わってしまった…。



ちなみにこのあとの朝マズメの青物、前回の帰りに若船頭が「西より真ん中の方が釣れてるよ」と言っていたので真ん中でジグを投げまくったが…

玉砕であった…



IMG_4075


お天道様も登り切った朝8時、空しく撤収である…

そして当日の釣果

IMG_4076

またガシラかよ!!!


ゴールどころか釣れる糸口さえ見えぬメバル道、今期の間に答えを見つけられるのか!?



IMG_4016


いやぁ、久々の垂水一文字である。

長らくこのブログ画面の背景を飾っておった明石大橋の画像であるが、これは垂水一文字から撮影したものである。


思えば初めて沖一文字で釣りをしたのが垂水一文字であった。
その時はガシラの穴釣りで随分と良い思いをしたものである。



今回はガシラ君に浮気せず、メバル狙い&朝マズメの青物狙いで勝負である。




垂水一文字も和田防には劣るものの長大な波止であるがメバル狙いとなれば一級ポイントは中央東寄りの「く」の字に曲がった沖側テトラになる。

ここは潮がよれる場合が多く魚が溜まりやすいのだ。



という訳で10/13(土)の17時、最終便で渡りいきなりこのポイントに入った。

IMG_4017

これは内側の風景だが、丁度この反対側テトラがポイントである。




最終便で渡ったのは小生と釣り部長を含めて5人、その全員がメバル狙い。




まずは1gのジグヘッドでご機嫌伺いを。

これで釣れてくれると楽なのだが……釣れぬ…。



しばらくフォールで誘ってみて釣れたのは

IMG_4022

やはりガシラ君である。


このサイズであれば無限に釣れてくる。

その代わり根掛かりも激しく、ジグヘッドを計25個も無くした…。


少し太めのラインに軽めのジグヘッドだったとはいえ、これは下手すぎである。

もう少しジグの動きを感知できるようにしないと…。



と考えながら試行錯誤すること5時間…

IMG_4023

!?5時間!!!


そう、待望のメバルちゃんに出会えるまでに5時間もかかったのである…。

なんというレベルの低さであろう。



同行した釣り部長などは5cmくらいのベビーガシラが無限に釣れる、と肩を落としながら最終的にふて寝し始めたほどである。

大人しくふて寝しておいてくれればいいものを「寒いから眠れない」などと小学生並みのダダをこねる。



眠れないものだから他の釣り人に話しかけまくっていたのでさぞかし迷惑だったことであろう。

その釣り部長が仕入れた情報によると、同時に波止に上がった御仁は30cmほどの良型を頭にポンポンと釣りあげられていたそうだ。
やはり腕の差なのか…。



ちなみに私が釣ったメバル、最終兵器ともいえるこちらを使った。

IMG_4024

ガルプである。




こいつは非常によく釣れるのだが、どうしてもガシラを拾ってしまうのとワームが漬かっている液が漏れてクサい。

使用する際は別の密閉容器に移すことをオススメする。


あまりにもガシラばかりが食ってくるので内向きに移動、得意のノベ竿で際を狙っていく。


IMG_4026

もしかしたらこの日は内側の際狙いが正解だったのかもしれぬ。

あれほど苦労したメバルが3尾、ポポンと上がってきた。



ただ、後が続かず小さなセイゴやガシラばかり釣れてタイムアップ。

朝マズメの時間である。


IMG_4027

垂水の青物狙いといえば一文字西側のテトラが切れたポイント。

水面まで垂直で5mある少々怖い場所だが、6時の一番船が来るとこのポイントにルアーマン達が大挙して押しかけてくる。


通しの良いところはこの1番船より前にポイントを確保できるところ。


最先端の一級ポイントは釣り部長に譲り、小生はテトラ寄りのポイントに陣取った。


80gのジグをブン投げて底をとってからシャクリあげてくる。

当日は潮の速さ的に60gのジグでも大丈夫そうであったが、激流になると100gのジグでも底をとれなくなるので、80~120gほどのジグとそれを投げられるタックルを用意しておいた方がよかろう。



数投した時にガツンときた。

さかんに底にもぐろうとする。
来た!!青物だ!!!
引きの重さ的にメジロクラスは固い。


タモ入れをしてもらおうと釣り部長を呼ぶが声が届かん。

しょうがないので自分でタモ入れを試みるが、なんせ5mの高さである。

小生のタモも5mなのでギリギリの長さ。



なんとかもう少しでタモに入る、というところで




ポチャン…



いやぁ、もう何というか…このタイミングで何故?ということが平気で起こるんだから怖い。

なんとタモ枠とジョイントだけ抜け落ちたのである。


手にはタモの柄だけ…。

IMG_4029




これはマズい…5mの高さをズリあげるライン強度はない。


仕方ない、水面に魚を浮かせたまま釣り部長のもとまで波止を移動することに。



このころには1番船も到着し、ルアーマン達が着々と用意をし始めた頃。


そのルアーマン達に謝りながらもなんとか釣り部長にタモ入れしてもらって何とかひと息。




……

………



ボラじゃねぇか!!!!!


なんでボラの口にキレイに針掛かりしてんだよ~!!!!!!




という訳で…恥ずかしすぎて写真すら撮っておりません…。


スゴスゴと釣座に戻る時に「うわぁ立派なボラ…」なんて言われる始末…。


現場にいた皆さま、ご迷惑をおかけしました…。



当日はこれで終了…。


IMG_4028


帰る頃にはご覧の通りの人出。

さすが人気の垂水一文字である。




結局は青物に恵まれず、メバルも4尾のみ…あとはガシラが盛りだくさんという釣果でした。

IMG_4033

結局ガシラか~い!!!




このページのトップヘ