ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車・自転車釣行をメインとしたブログです。でも最近は船釣りメインに移行気味!?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

タグ:釣り

IMG_6118


ああ、ようやくフィッシングショーの記事が書ける。


小生が娘と一緒にインテックスに向かったのは一般初日の2月8日。
神戸を9時頃に出発しているので到着したのは11時前である。
あぁ遠いぞコンニャロウ。


事前の予習どおり
IMG_6119
6号館Aゾーンを目指してズンズン突き進む。


Aゾーンは子連れアングラーにとっての目玉が集中しており、何はともあれ急いで突入しなければならないゾーンなのである。



突入後、すぐに向かったのは「魚拓体験」コーナー。

昨年はあえなく整理券ゲットは出来なんだが、果たして今年は…
IMG_6122
アカンのか~い!!


う~ん、やはり11時到着では厳しいのか…。
これ以上早くは子連れだと厳しいんだよなぁ…。



気を取り直して、
IMG_6120
ルミカさんのブースに突撃し、オリジナルタオルをゲットしつつ、子供向けの「ボールプール」に娘を放り込もうとしたところ…


「お父様、私は来年4年生です。もうこのようなところで遊ぶ年ではございません」


といっちょ前なことをのたまう。

まぁ、遊んでいるのは幼稚園ぐらいの子達だし、我が娘はまだ小3のクセして中学生に間違われるのような巨躯の持ち主である。
そりゃ嫌がるわな。
娘も成長したということか。



気を取り直してルミカさんの真向かいを見ると
IMG_6121
「mazume」さんのブース。


ここではなんと、500円のパンフレットを購入するとキャッププレゼントとのこと。

「そんなこと言って、どうせショボいキャップなんでしょ?」

と思っていたら
IMG_6188 - コピー
マジか…すんげぇ立派なキャップじゃねぇか。


ホクホクしながら会場中央方面に進むと
IMG_6125
良い子の味方、「ハヤブサ」さんブースである。

こちらは毎年子供向けのイベントが充実しているが、今年は
IMG_6124
砂やオーナメントを瓶詰してお守りにしてくれるという、なんだか太っ腹な企画。

IMG_6126
娘も興味津々である。

IMG_6127
こんな綺麗なポーチに入れてプレゼントしてくれました。

相変わらずハヤブサさんは子供心を捕まえるのがウマいなぁ。



とりあえず娘のご機嫌がよくなったところで
IMG_6128
「VARIVAS」さんへ。

昨年は出展が無かったので2年ぶりの訪問である。

こちらではSNS登録してタオルをゲット。
さらに小生はファンクラブ会員なので、その話をすると専用の青いタオルをくださった。
う~ん、相変わらずの素晴らしいファンサービス。


その後は
IMG_6130
「Valleyhill」さんでステッカーをゲットしたり
IMG_6135
「シマノ」さんで子供用のキャップを美しいお姉さまからもらったり、
IMG_6137
「YAMASHITA」さんで
IMG_6138
ステッカーと立派なバックをもらったり、うろちょろと徘徊。


色々なタックルを見たりスタッフさんの話を聞きながら進んでいくので、6号館Aゾーンだけでかなりの時間を使ってしまった。


でも、Aゾーンのオオトリはこちら
IMG_6131
「がまかつ」さんのウキマロクイズラリーである。

娘はこれを毎年楽しみにしているのであるが、クイズに答えて受付に持っていくと
IMG_6133
みんな大好き、ガラガラタイムである。

まぁ、いつもどおりの白玉でシールをもらったに過ぎないが、娘は大満足の様子。




この後も他の会場の色々なブースを回ったが、あまりに多すぎるのでメインどころだけ紹介すると

IMG_6145
「ジャッカル」さんでは
IMG_6151
帽子にお絵描き。


「ダイワ」さんではDYFCの特典をもらったのだが、しまった画像を撮り忘れた。
ちなみにダイワさんではSNS投稿でソルティガのステッカーもゲット。




もちろん最後には4号館のウキウキイベントホールで遊び倒して、娘的には満足した1日だったらしい。



なお、今回ゲットしたお宝たちは
IMG_6188
キャップ3つと
IMG_6185
ノベルティ無数と
IMG_6182
ステッカー無数に
IMG_6186
カタログ達である。


これだけ貰えて、かかったお金は入場料前売り1,300円と有料パンフ購入代1,000円、娘のうきうきイベントホールでの遊戯代400円のみである。



新しいタックルを見て触れてスタッフさんの話を聞けて、かつ子供も遊べてお土産たくさん…ああ、なんて素晴らしいイベントなんだ。


ズラッと床に並べたお土産を眺めながら、来年も是非とも行こうと心を新たにする父娘であった。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_6196

本来ならば「フィッシングショーOSAKA 2020」のレポートをお届けする予定だったのであるが…、2/11の昼からぽっかりと予定が空いてしまい、なんとはなしにリタックルさんのHPを見ていると午後便でジギング出船するとの情報。


まさか2月中旬にジギングで青物が釣れるとは思わぬが、昔やっていたジギングを春から再開しようなどと画策していたこともあり、思わず電話して予約。



結果からいうと
IMG_6203
ハマチ12匹の大爆釣である!!


いやぁ、もう笑いが止まらんぞ。
なんせ小生のタックルは10年以上前の物。
今回加えたものといえば、タチウオジギングをしようとヤフオクで落としていたタチウオ用の竿のみ。
そんな道具で釣れちゃうんだから、今シーズンの明石はどうなってるんだか。






昼便なのでリタックルさんの店舗集合はゆっくりの12時。
IMG_6204
それから船に移動して荷物を積み込み、鹿の瀬の20~30mラインで竿を出したのが12時半頃。
いやぁ、ポイントが近くってうれしいなぁ。


IMG_6198
とりあえずジグケースに入っていた名前も忘れてしまったジグを落とす。

う~ん、いつ買ったのか、なんていうジグなのか全く思い出せん…。



ちなみにフックは

こちらでいただいた試供品のフックを自分で巻いたもの。
つまりタダである。



日本海に比べると水深が異常に浅いのでチョイ投げして斜めに引いてくる感じ。

久しぶりなもんでシャクり方をすっかり忘れておったが、不思議と30分もすれば体が慣れてきた。



慣れてくれば正直なもんで
IMG_6199
ハマチ君の登場である。



まさか2月中旬にこんなに簡単に釣れるとは。


その後も船長が水深の変化をアナウンスする度に船中のどこかでハマチが上ってくる。
もちろん小生のジグにもアタックがあるので非常に面白い。


どうやらカタクチイワシがベイトのようで、たまたま小生が使ったジグがアタリカラーだったようである。
ジグに当たってくるハマチを全て掛けることができていたら、おそらく30匹は超えていたであろうが、そこは小生のウデ、半分も掛けることができなんだ。
まぁ自然保護っていうことでお天道様も笑って見てくれているであろう。



そうこうしている内に、小生のジグには反応が少なくなり、お隣のオジサマのジグが当たりだした。
使われているジグを横目でチラチラ見ると、ギンピカのロングジグである。


こういう時は釣れている人を真似るのが鉄則。
小生の辞書にプライドなんて文字はない。
この間マジックで消しておいたのである。


おそらくタチウオパターンというやつなのであろうが、ロングジグは小生がジギングをやっていた最後らへんにようやく登場したくらい。
残念ながら手持ちには無い。
あらどうしよう。真似たくても真似が出来ないではないか。


しょうがないので
IMG_6200
色だけ合わせてみた。


あいや懐かしい、ツルジグ。まだ売ってるのかなぁ。


これも大当たりで
IMG_6197
このとおり。

この日のハマチさん、どうやら色だけ合っていれば形はどうでもよかったようす。


その後も順調に数を伸ばして、最終は冒頭の画像のとおり。



時間は17時をまわり、最後まで当たりが出続けたが、
IMG_6201
海上からはあまり見る機会のない明石の夕焼けを見ながらの帰港となった。



さて、サイズはというと
IMG_6205
ん、少々小ぶりか。

IMG_6206
45cmでいわゆる「ハマチ」サイズであった。


他のお客さんも皆はかったように同じサイズだったので、今の鹿の瀬でジグに反応するのはこのサイズなのであろう。


名田屋さんの釣果画像ではもう一回り大きそうだったので、おそらくノマセポイントに行けばメジロクラスが狙えるのではないかと思う。


なにわともあれ久々のジギングでの爆釣、いやぁこれだから釣りはやめられねぇんだな。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_6100
本来ならばフィッシングショーの予習編第3弾をお送りすべきなのであるが、青物好調との情報に堪らず釣り堀・水宝さんへ。


水温が異常に高い今冬、明石海峡のノマセでも青物が釣れ続いているが、ガシラ狙いとの合わせ技なので少々行きづらいのだ。
なんせ、細君と娘より「ガシラはもういらん!!」と宣言されているため、釣ってきても消化ができぬ。


という訳で2020年2月2日、姫路港から船に乗って家島・坊勢の釣り堀へ。



後で知ったのだが、翌週8日から全員に大ブリプレゼントキャンペーンが始まるとかで、この日の釣り客は滅多に見ないほどの少人数。
IMG_6110
晴天無風の釣り日和なのに閑散としておりますなぁ。
そりゃ皆さん大ブリを貰える日に行くわな。



小生は前回の釣行で

なんと
IMG_6102
ちゃっかり割引券を貰っていたのでお安く竿を出せた。
いやぁ、水宝さん、太っ腹だねぇ。


この日もタナはベタ底と予想し、タナ取りで水深をきっちり測ってから底から10cm程度の極端なセッティングに。
これが当たったのか、開始1時間で
IMG_6106
タイを4匹ゲット。
前回もそうだったが、最初が良いと途中から失速するんだよなぁ。


IMG_6105
放流直後にタイを2匹追加してから暫くまったりタイムに突入。

エサをシラサにしようが青虫にしようが、必殺ニンニク漬けササミにしようがウンともスンとも言わぬ。


潮がスケスケで底まで見えようかといういうような透明度だったのが良くなかったのか、タイや青物、シマアジ、ソイが泳いでいるのが丸見えである。
釣り堀ってのはこんなに魚が入ってるのか、とビックリするほどの魚影であるが…口を使ってくれなきゃ意味がないのよ…。


そうこうしている間に青物放流タイム。

前回は冷凍イワシで掛けたものの無念のラインブレイクだった。
今回もイワシで事足りるのではないか、と生きアジを購入せずに挑戦。


同じイケスのお客さんも皆さんイワシやらカツオの切り身などで挑戦しておられる。


一向に青物コールが掛からぬなか、隣のイケスで連続して青物コール。


どうやら生けアジでラッシュのようす。


これはイカン。見誤ったか、とすぐにアジを買いに受付へ。



戻ってすぐの1投げ目。


いやぁ、やっぱりアジですな。


あっという間にウキがスコーンである。



で、
IMG_6107
なんとか丸々太ったハマチをゲット。


こっからはまた沈黙タイムに突入…。

対面のお客さんはタイやソイを定期的に掛けておられるが、小生が陣取った面では反応がない。
う~ん、どうやら釣座を間違えてしまったか。




イケスの隣には青物の養殖イケスが連結されていて
IMG_6111
大量のメジロさんやハマチさんがグルグル…。
こっちで釣りたいなぁ…。


という訳で、この日の釣果はハマチ1匹、タイ6匹。
うん、真冬にしては納得できる釣果だったのではないか。


隣のイケスでは青物3匹なんて人もいたので、普通の冬に比べるとずいぶんと活性が高いように思う。

今冬にもう1回ぐらい行ってもよいかしらん。



帰ってハマチを捌こうとまな板に乗せると
IMG_6114
あら!?以外とデカイぞ。


IMG_6113
測ってみると63cm。
なんと立派なメジロさんであった。


この日の晩飯は
IMG_6115
刺身&ブリしゃぶ・タイしゃぶで細君も娘も大満足だったようである。


さていよいよ今週末はフィッシングショー。
本来ならば予習編を全てブログアップしてから臨むはずであったが…こりゃ無理っぽいな…。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



前回のブログはフィッシングショー予習のイントロで終わってしまったが、今回より本格的な学習に入っていくので、読者諸兄はそのつもりでお付き合いいただきたい。


さて、子連れでフィッシングショーに立ち向かう時の心得その①は

「心得その①…まずは子供の喜ぶイベントで満足度を高めよう!!」

である。



釣り人たるもの、そこにお目当ての釣具が並んでいれば人を押しのけてでも突き進むのが性であろうが、我々もいい大人である。まずは子供の「遊びたい!」という欲望を満足させてからゆっくりと釣具をこねくりまわすのが宜しかろう。


という訳で、まず向かうべきは「6号館Aゾーン」である。


ここでは真っ先にやっておくべきイベントが。

毎度大人気、「体験魚拓教室」の整理券ゲット。


1日3回行われるイベントであるが、朝の10時時点では1日分全ての整理券が無くなっているほど。
まずはこの整理券を確保しないと何事も始まらないのである。


その次に向かうは

毎年子供向けイベントを開催してくれる「ハヤブサ」ブース内の「ハヤブサキッズ」コーナー。

昨年は娘がお絵描きした魚をスキャナで取り込むと画面の中そのイラストが動き出すという面白いイベントだったが、今年は何やら「お守り」を作れるそうな。
うんうん、女の子向けイベントで願ったりかなったり。


お次は

毎年面白いイベントを展開される「マルキュー」。
昨年は確かブース内のクイズラリーだったと記憶しているが、はて、今年はどんなイベントが待っているのであろうか。


さらに

「ルミカ」。
昨年、一昨年と大き目のブースで子供向けの面白いイベントをされていたが、果たして今年は…。


この3つのイベントをこなせば、ある程度子供も満足しているはずである。


ここで初めてオヤジの興味の赴くままに行動するとしよう。




小生の行動予定としては

おっといきなり松田さんのお顔が厳しい「がまかつ」。
久しぶりにディープな徳島弁を聴けるかと思うとワクワクすっぞ。

がまかつさんの良いところは「うきまろ」というキャラクターのイベントをブース全体で展開しておられるところ。
娘が遊ぶのを横目にソルト関係や船関係の製品を無理なくチェックできるところがうれしい。


お次の注目は「VARIVAS」なのであるが…ググッても該当ページが出てこぬ。
言わずと知れたラインの有名メーカーであるが、実は主にフライ関係でフックやロッドも有名なのである。「モーリス」という名前で知っておられる方も多いのではあるまいか。
昨年の出展はなかったが、一昨年は大き目のブースを出しておられ、フックの試供品はもとより、小型ケースやタオルを配られていた太っ腹メーカー。
さて今年はどういった出店であろうか。


最後は大御所「SHIMANO」。

特段子供向けのイベントを行っている訳ではないが、毎年色々なカラーの子供用キャップを配っておられる。
かなりの量を用意されているようで、時間によってはコンパニオンのお姉さまが配り歩かれているほど。
カラーは選べる時もあれば1色限定の時もある。こればっかりは行ってみないと分からない。
キャップをもらえて娘がご機嫌になってくれれば、ブース内もゆっくり見れるというものである。



他ブースで気になるところは

・バレーヒル…ジギングフェスティバル同様のノベルティあり?
・TICT…ロックフィッシュ系のグッズが豊富
・ヤマガブランクス…憧れのロッドメーカー。高くて手が出んけど見てみたい…
・救命胴衣無料点検…娘のライジャケチェック

といったところか。


とりま、今回は6号館Aゾーンのみご紹介。
さて他ゾーンのご紹介はいつになることやら。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_4464


2月の8日・9日は待ちに待ったビッグイベントの日。

そう「フィッシングショーOSAKA 2020」がインテックス大阪にて開催されるのである。



釣り物が少ないこの季節、釣り人にとっては一大事と言っていいほどの重要イベントなのだ。



昨年は

 


このように娘と存分に楽しんだ訳だが、今年も娘と連れ立って会場に向かう予定である。

ただ、小3の娘に飽きさせず1日中会場をまわるためにはそれなりの予習が必要。



という訳で今回は現時点で出ている各メーカーのブース情報をもとに、どのような作戦でイベントに臨むかを検証していこうと思う。

子連れであの人混みの中に突入しようという勇気ある御仁がいらっしゃれば参考にしていただけると幸いである。




さて、フィッシングショーには人が異常に集まるイベントというのがある。
すなわち
①マス釣り体験
②各ブースのトークショー
③即売会
の3つ。

子連れである以上、人混みというのは出来るだけ避けたい。
当然ながら小生も上記3イベントには細心の注意を払うのである。


①は

 毎年開かれる女性・子供限定のイベント。

手軽に釣り体験ができるものだから毎年ものすごい人気で、朝7時頃には整理券ゲットのために並び始めないとかなり遅い時間の回になってしまうか、ヘタすると整理券すらゲットできずなんてことになりかねない。

朝7時に現地着とすれば神戸あたりを6時前には出発せねばならず、子連れにとっては現実的ではない。
という訳で毎年却下。
なにもこういった会場で釣らずとも、実際に釣りに連れていけばよい話である。

それにしても、もうちょっとうまく運営できないものかなぁ。
釣り人の裾野を広げるのが目的であろうが、長時間待ったあげくにやる気のない魚では逆効果だと思うぞ。



②は各メーカーブースで行われるトークショー後のじゃんけん大会が目的で…ある訳がなく、ましてや勝てば手に入るレア物や高額賞品が欲しい…というケチな気持ちなど微塵もなく、プロや名人達の軽妙なトークを聞きに通路に溢れんばかりの人が集まる。

小生もできることならばじゃんけんに勝ちた…名人の技を伝授してもらいたいのであるが、1回のトークショーがだいたい45分くらいと、子供が我慢できる長さではないのが悲しいところ。
毎回泣く泣くスルーしてしまうのである。
今回も子供優先でスルー予定。いやぁ、じゃんけんしたいなぁ。



③については時間をズラせば子連れでも可能。
ねらい目は最終日の閉館間近の時間帯である。

確かにめぼしい商品は売れてしまっているものの、逆に売れ残っている商品がさらに値引きされるケースもある。
小生のようにハナから高額商品を狙っていない者は、潔く売れ残り激安商品狙いに絞るとよろしかろう。



さて回避すべきポイントを踏まえたうえで、子連れで回るべきブースをピックアップしていこう。

まず会場MAPは

ご覧のとおり。


まずは子連れ目線で訪れるべきブースをピックアップしていこう。

6号館Aゾーン
・体験魚拓教室
・ルミカ
・ハヤブサ
・がまかつ
・VARIVAS
・SHIMANO
・マルキュー
といったところ。
子供向けイベントが充実している「ハヤブサ」「マルキュー」の2大巨頭が同じ館で展示という至極便利な配置である。


6号館Bゾーン
・エバーグリーン
・ジャッカル
・オリムピック
と少々少なめ。
「ジャッカル」がどのようなイベントを行ってくれるかに注目。


3号館
・プロックス
・ダイワ
と2つしかないが、「ダイワ」はDYFCのイベントで相当時間をかける予想なので滞在時間は4館中一番長くなる見通し。


4号館
・即売会
・お祭り広場


以上のようにはなるが、ここに小生が見たいブースを所々で織り交ぜていくことになる。

という訳で長くなりそうなので各ブースの見どころは次回ブログにて。


うん、今年も存分に楽しめそうな気がしてきたぞ。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ