ボーズが怖くて釣りができるかっ!!

神明間を拠点として電車・自転車釣行をメインとしたブログです。でも最近は船釣りメインに移行気味!?何はともあれドM釣行をご覧あれ!!

タグ:釣り

IMG_5984


今年から始めたタチウオテンヤであるが、これほど「去年から始めときゃよかった!!」と悔しい思いをした釣りはないのではなかろうか。


昨年の同時期は1人40~50匹なんて珍しくもなかったし、船によっては竿頭3ケタなんて、「そんなに釣ってどうすんの」と反対に心配になるような釣果も出ていた。


それがだ。


小生がいざ挑戦してみよう、と思った年に限って調子が悪い。

調子が悪いどころか、タチウオの船釣りでボーズの人もチラホラなんてことがあり得るのか!?と叫びたくなるような絶不調。


なんせ前回行った洲本沖なんて

指2本が1匹だったんだもの…。


まぁ、原因は青物が異常に多いだとか、エサのアジやイワシが少ないだとか、小生が興味を持ち始めただとか色々あるのだろうが、それにしたってヒドい仕打ちなのである。


そんなタチウオだが、12月に入ってようやく復調の兆しが見えてきた。
水温も17度を割りだし、このままシーズンも終わってしまうのかと思っていたら、竿頭20匹だとか30匹だとか数は上向いてきたのである。



これならば小生にだって少しくらい釣れるはず。


という訳で2019年12月8日、
IMG_5976
いつもの名田屋さんへ。



名田屋さんは船着き目の前の立体駐車場のほかに数か所の駐車場があるのだが、この日は1時間前の到着にも関わらず、立体駐車場がまだ空いている。
いつもなら満杯で少し離れた駐車場に行くのだが…。


船に乗ってみると
IMG_5977
ガラ空きである。

うん?タチウオ向けの潮で日曜日なんだが…。


小生はミヨシ側に座ったので3席分を1人で使ってよいことに。
こりゃ広くていい感じじゃわい。


6時過ぎの出船で
IMG_5979
洲本沖に向けてひた走る。


明石周辺は凪だったのだが、洲本沖は少々波立っており立って釣りをすると時折よろけてしまうくらい。


周りを見ると
IMG_5984
大船団である。


明石はもとより、林崎・須磨・泉南・泉佐野・加太などなど大阪湾のタチウオ狙いの船が集結している。




船長の合図でテンヤおろす。
水深は100~120m。


いきなり隣の御仁が1匹釣りあげた。
当たったのは底ベタで10mくらい誘いあげて掛けたとのこと。


小生も真似して底をネチクリまわすが何の音沙汰もない。


あーでもないこーでもないと色々試すが結果がついてこぬ。
う~ん、これはいつものパターンか、と思い始めた9時頃、その時はついにきた。



ドンッ!!!



と明らかにタチウオのアタリである。


それも間違いなく針掛かりしている引き。

慌ててリールを巻き上げる。
その間も魚の小気味よい引きが竿を通じて伝わってくる。



あ~、久しぶりだぁ、こんなタチウオの引きを味わったのは数か月ぶりだぁ。


残り6mまで巻き上げたところでフッと竿先が軽くなる。




いやいや、まさかでしょ。
タチウオのいつもの泳ぎ方で、上に向かって泳いでるんでしょ…。



………。



まさかのフックアウト…。



ボロボロになったイワシだけが水面に…。




一瞬放心してしまったが、気を取りなおしてテンヤを再投入。

バラしてはしまったがタチウオは間違いなくいる。


と自分を鼓舞しながら底付近を攻める。


するとすぐにアタリが。



そのままゆっくり誘いあげるがなかなか本アタリが出ない。


我慢しきれなくなて「ままよだっ!!」と合わせると
IMG_5981
こんな感じ…。


お前はサバか、というぐらい見事に尻尾だけ食っていきやがった。


以降はテンヤを下すたびにアタリが出るものの、全て同じようなアタリ方で半分も掛けることができなかった。



という訳で
IMG_5985 (2)
釣果はこんな感じ。大小合わせてツ抜けの10匹。


拾ったアタリを全て掛けることができていたら、この3倍弱は釣れていたはず…。


釣りに「たられば」はないが、このアタリを掛けることができるかどうかが腕の差なんだろうなぁ、と痛感した1日になった。


ちなみにサイズは
IMG_5986
指3.5本80cmを頭に小さいのはベルト以下といった感じ。


でも同船された方はメーターオーバーも釣られていたし、数ではトモの方が余裕の20匹オーバー。


毎度毎度の締め方だが、釣るひとは釣るんだよなぁ…。



ともあれ今年から始めた小生でもツ抜けできたほどである。

これはタチウオ回復!!と宣言しても良いのではあるまいか。責任は持てんけど。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5974

タコは夏盆過ぎで終わりだ、とすっかり思い込んでおったのだが、なんと「秋タコ」なるカテゴリーがあるそうな。

なんでもノリ棚周辺の禁漁域が解禁になる日以降を「秋タコ狙い」と呼ぶそうで、夏が数狙いならば秋は型狙いなんだとか。



この秋タコが好調と聞きつけて2019年12月1日、早速遊びに行ってきた。

タチウオや青物から見放されているからタコに浮気した、という本音は内緒である。



ともあれ、いつもの名田屋さん。
朝6時過ぎに出港だが、
IMG_5967
船着きはご覧のとおりの暗さ。

そういや12月である。
そりゃ日も短くなるわな。


ちなみにノマセの船にはギャル大勢いてキャピキャピしていた。
タコ狙いはオッサンばっかりの上に、口が悪い大船頭の操船。
ん?狙い物を間違えたか?



二見沖に向けて走っている途中も
IMG_5968
まだ暗い。


二見沖に近づいて
IMG_5969
やっとこさの明るさである。


この日はノリ棚かカキ棚かよく分からんが、そのブイの外側を東から西に向けて流していく。

潮は中潮で午前中はずっと上げ潮。



実はタコとともに好調なノマセと迷ったのだが、この日は潮が小さいと判断してタコ狙いをチョイス。
これが裏目に出まくりだった。


なんとも潮が速いのである。
しまった、これはノマセの方がよかったか…、なんて思ってしまうほどの潮の速さ。



大船頭もマイクでしきりに「潮が速い」とボヤきながら何度も潮上に船を付けなおす。

小生はミヨシに陣取っていたため難を逃れていたが、時間帯によっては胴やトモではお祭り多発で大変だったようす。


それでもなんとか底をネチネチ攻めて「グーン」というあの感触。
あがってきたのはキロ前後の大型(小生のなかでは…)である。


その後すぐに同じような大きさを追加したが後が続かない。


それでは伝家の宝刀、「タコ串+イワシ」を投入である。
IMG_5966
一緒にセットしたタコエギには豚の背油を背負わせて、もう何がなんやら分からない物体に仕立て上げる。

こんなのを大船頭に見られたらドヤしつけられるのであるが、隠れてコソコソと海中へ投入。



答えはすぐに出てタコが抱き着いてくれるのだが…小さいのだ。

エギのみだとチャンスは少ないものの大型がかかってくる。
エサを付けるとノリはよくなるが型が小さい…。



秋は型狙いである。
漢は黙ってキロアップ狙い。


潔くエサを外してタコエギのみの勝負に戻す小生。
この男らしさに細君も惚れ直すことであろう。




………


この後はな~んにも釣れずに終了…。

IMG_5975

この日は6匹のみの釣果だったが、なんと重さは4.2キロ!!
大型の2匹がともに1キロほどで他の4匹が500gほどであった。


これを見た細君と娘、「なんだ、少ないじゃないの」…。
惚れ直すどころか呆れかえり、なぜだかチビワンコもクゥーンと情けない声を出す。



とはいえ、型については今期最大サイズをゲットである。


ちなみに、ギャルが乗っていたノマセの方は爆釣だったようである。
そりゃ、ギャルだらけなうえにあんなに潮が動いたら青物の活性もあがるわなぁ…。








にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5951


性懲りもなく青物狙いで渡堤である。

前回は青物を掛けるも

無念のラインブレイクで本命ボーズ。
たまたま群れていたサヨリでお茶を濁したが、今回こそはきっちり青物を釣って帰りたい。



という訳で2019年11月23日に渡ったのは我がホームの和田防である。


ここで釣れなかったらもう青物と縁が無かったと割り切るしかない。



当日の下げいっぱいは10時半頃。
本来ならば1番船で渡るのがセオリーであろうが、下げのタイミングで良い思いをしたことがないので上げに転じる10時便で渡り、半夜の最終まで釣ろうという作戦。
なんと久々の11時間耐久マッチである。


IMG_5952
和田防に渡るとほぼ無風でとてもいい天気。
この日は10月初旬の陽気だったらしく、防寒は一切必要なし。



この日は久々に我が社の釣り部長と同道。


本命はもちろん青物。
日暮れからはタチウオにスイッチする王道パターンである。

しかも青物はノマセとジグの2本立て。
むむっ、相変わらずスタート時点では釣れる気しかしてないのである。


まずはサビキでノマセ用のアジを確保、といくところだが前回の教訓を活かしMAXですでに購入済み。


ただアジがなかったのでウグイを仕入れる。
確か東北の方では銀兵やら銀平やらいう名前でわりかしポピュラーなエサなはずである。


渡堤してすぐにウグイを泳がせ、その横でジグを投げまくる。



ブンッ!

ブンッ!

ブンッ!


……
………



釣れねぇ…。



ノマセの方もウキがプカプカ。時折ピコピコするがウグイ君が遊んでいるだけ…。





あまりにも気配がないので…
IMG_5954
思わずガシラさんに浮気…。



このまま、なんと16時まで全くのアタリなしである…。



ココロのあたりから「ポキッ」と折れる音がして、一気に眠気が襲ってきた。



ダメだ…半夜は諦めて17時便で帰ろう、と釣り部長に提案すると、どうやら彼は諦めがつかないらしく、1人でも残るという。


じゃぁ頑張んなさいよ、と言いながら竿をしまっているとテトラ側で釣り部長が叫ぶ!


「来た!来たでー!!デカいで~!!」



釣り部長、なんでも「デカい!!」と叫ぶクセがあるのでいつもなら相手にしないのであるが、この日はここまで2人して本命ボーズである。


さすがの小生も興奮してそばに駆け寄る。



……

ホンマにデカい!!



片付け終わっていたタモを再び組み立て慌ててテトラを降りていく。




「サワラや…」


しかも80cm近い。




釣り部長、かなり慌てていてリールを巻きすぎている。


このままでは歯で切れるかテトラに潜られる、と思った瞬間にフッと魚が消えていった。



崩れ落ちる釣り部長。




なんだか最近、こんなシーンばっかり見るのは気のせいだろうか…。




ここまで大きな魚を見てしまうと眠気も一気に吹き飛び、ポキッと折れていたココロもいつのまにやら回復して、当然のように半夜へ突入である。





夕日が沈んでいき少しずつ暗くなってくる頃合い、またもや釣り部長が叫ぶ。



「来た!来たでー!!デカいで~!!」



イカナゴエサでウキを流していた釣り部長の竿が大きく曲がっている。


「ここまで引き込むんはサワラやろ!さっきのヤツちゃうか~!!」

と大騒ぎである。



今回も大きそうなのでタモを持ってテトラを移動。



……


マジか。


すごいデカいタチウオじゃないか。



なんとか切られることなくネットイン。


サイズを測ると
IMG_5957
113cm…。デ、デカイやないですか。



釣り部長が「ドラゴンドラゴン」と叫ぶので、「ドラゴンは120cmからですよ…」というと

「違うがな、これ、ちゃんとメジャーで測ると120cm超えとんで」





ホンマや…実測で121cm…


マジでドラゴンやないですか…。



小生も慌てて打ち返す。



するとウキがスーッと動いて消えた!



IMG_5958
ベルトか~い!!!!



このまま時合が到来せず、
IMG_5962
相変わらず相手してくれるのはガシラ君のみ…。




そのまま迎えの船が来て納竿となった。





最近の釣果を見ていても青物は相当厳しくなってきたようす。


ショアから狙う青物、お次に会えるのは春以降になりそうである。



ああ、結局今シーズンも撃沈しちまったなぁ…。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5941


2019年11月17日、またもや青物狙いで沖波止へ。

この日は神戸マラソンの日なので河内渡船周辺道路は14時まで封鎖。
帰宅時にドンピシャはまってしまう。

同じ理由で須磨も垂水も渋滞が目に見えている。
それならば、とたまには目を西に向けて本荘ケーソンに渡ってきた。


正確には沖波止ではなく地続きなのだが、根本が私有地であるため渡船利用でしか渡れない波止。


当日はくさべ渡船さんの始発で渡ったので波止到着は5時過ぎ。
まだ夜明け前でヘッドライト必須である。
うかうかしている間にもうすぐ冬じゃないか。


うまいこと波止先端の白灯に釣座を構えることができたのだが…。
いやぁ、なんというか…ゴミだらけである。

船着きから白灯までは綺麗だったのだが、灯台根本だけゴミだらけ。
風で飛ばされそうなゴミが残っていたので最近竿を出された方のゴミだと思うが、自分が出したゴミくらい持って帰りなさいよ…。



気を取り直して、この日はいつものジギングに加えてノマセも用意。
朝イチにサビキでアジを釣って、それをエサにドデカいヤツを釣りあげようという魂胆である。

着いて早々ウキウキとサビキの用意。
滅多に買わないアミエビをカゴに詰めて足元へ投げ入れる。


な~んの反応もないな。
そりゃそうか、まだ夜が明けてないもんな。

夜が明けるまでジグでも投げとくか、とタチウオ狙い兼用でゼブラカラーの40gにリアフックを付けてブン投げる。

いやぁ、やっぱり気持ち良い飛びですな、ジグパラジェット。



全く釣れる気配がないけれど、あんまり気持ちいいので投げまくっていると波止の根本側からレジャーボートが。


目の前を通過すると同時にリールがギューン!!


ま、まさか…。



ここで魚のアタリと思うほど小生も落ちぶれちゃぁいません。

ええ、持っていかれましたとも、ジグとPEを50mほど…。


っていうか、そんな近距離通るなよ…。
ペラに巻かれると面倒でしょうよ…。




リーダーを結びなおしている間に夜が明けてきたのでサビキに戻る。



アミエビ詰め詰め、ポチャン…。

アミエビ詰め詰め、ポチャン…。

アミエビ詰め詰め、ポチャン…。



釣れねぇ…。



マズいぞ…。

アジが釣れないとノマセが出来ない…。



IMG_5943
潮が目の前でヨレていて、ここにいなきゃどこに魚がいるの、っていうぐらいの状況だが、どんなにアミエビを撒いても無反応。


しょうがないのでジグに戻る。



ブンッ!底まで沈めてジャカジャカジャカ。

ブンッ!底まで沈めてジャカジャカジャカ。

ブンッ!底まで沈めてジャカジャカジャカ。


釣れねぇ…。



IMG_5944
他のお客さんも釣れている気配がない…。



足元はボラの大群…時折大きなエイが悠々と…。



むっ、よく見るとサヨリが大群で泳いでいるじゃないか。
アミエビもあるし、コイツらを釣って暇をつぶそうじゃないか。


ワインドロッドにサビキのウキを付けて、持ってきていた中で一番小さな針を結ぶ。
アミエビでもしっかりしたやつを針先につけてサヨリの進行方向に流してやると、いやぁ、これが面白いように釣れる。


小生の隣で竿を出されていたお兄さんもマネをしだし、一緒になって釣りまくっていたら、瞬く間に30匹ほどになった。



バッカンの中のサヨリを見てお兄さんが一言。

「これを泳がせたら釣れるんじゃないっすか?」


小生、サヨリの泳がせなんぞ聞いたことがない。

まさか、それでは釣れんでしょう、と適当に返したら、

「ちょっとやってみましょう」とお兄さんが自分の竿の針にサヨリを背掛けにして足元に放りこむ。


途端にリールがギューン!!!!



え、まさかのサヨリで!?




お兄さん、手慣れた感じで糸を送り、十分飲ませた頃合いで竿先を上げる。


乗った!!!!


お兄さんのルアーロッドがグンッと曲がる。



グリグリと巻き上げてきて水面に浮かんだのは…シーバスっ!!!!



タモ入れを手伝うべくお兄さんのそばで構えるが、シーバスが急に反転し潜る。

プチンッ! 無念のラインブレイク。

あー、と崩れ落ちるお兄さん。




相当くやしそうだったが、それでもサヨリをエサに魚が釣れることが分かった。


となれば小生もマネするのみである。



バッカンの中から元気なサヨリを選んで背掛けで放りこむ。



ウキがスーッ…。


……まさか…小生もすぐに答えが出たよ。



ただ、お兄さんの時とは魚の引き方が違う。
リール巻いてもすぐに出されてしまう。



これはなんだ?


小生、今までボラだのエイだの散々外道を釣ってきたが、そのどれとも違う。

シーバスに至ってはルアーでもエビ撒きでも釣ってきたが、やはりその引きでもない。

そもそも小生の使っているのは磯竿3号、シーバスであれば1.5号でも上げる自信があるが今回は竿をノサれてしまい立てるのも難しい。



10分ほどやりとりしてやっとウキが見えてきた。
そのまま見せた姿は…あ、青物!!!!




ウキが波止際ギリギリまで走ってきてこのままではラインが擦れてしまう。

急に緊張する小生、思わず竿を立ててスプールを押さえてしまった。


その途端にプチンッ!!!



まさかのラインブレイク…。



急いで仕掛けを作り直し、サヨリを放り込むが…その後は・・・残念ながらアタリなしであった。




逃がした魚は大きいと言うが…アレはホントに大きかったなぁ。



という訳でまたもや本命ボーズである。



悲しきボーズ道、どこまで続くのやら…。



ちなみに、お土産になったサヨリは
IMG_5947
28cmぐらいの良型サイズ。

背開きにして天婦羅にしたが非常に美味で細君も娘も大喜びであった。


家族の喜ぶ顔を見れただけで良しとしようか。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

IMG_5929


前回、信じられないトラブルに見舞われながらも

なんとかハマチをゲットできた小生、
好調なうちに再度あの引きを楽しみたいと、再び沖堤に渡堤。


ただ、どうしても土曜の夕方以降しか時間が空かず、しかも和田防・河内渡船の最終便にはギリギリ間に合わないような時間…。

どうしても釣りたい小生、それならば、と須磨の沖一文字に渡ることにした。


こちらは「須磨丸」という渡船屋さんが渡してくれていて半夜は16~22時。
16時以降であれば随時渡してくれるというサービス精神あふれた渡船屋さん。
なんせ、一文字が目の前なので片道わずか1分ほどの船旅だから渡しやすいのであろう。


そんな須磨沖一文字に2019年11月10日の半夜便で渡ってきた。


以前に朝便で渡った時は盛況で2便に分けて渡堤したのだが、半夜便は人気薄なのか小生を含めて4名のみの渡堤である。


小生が渡った場所は一番東よりのテトラ。
IMG_5900
白灯の真下である。
IMG_5897


実は10月27日の朝便で同じ場所に渡っており、
IMG_5894
IMG_5895
この時はタチウオと小鯛のみの釣果。


さて、今回こそは青物を釣ってやろう、と和田防と同じく40gのジグをブン投げる。

あわよくばタチウオも、とリアフックをセットしているが…。



ウンともスンとも言やしねぇ…。



そのまま日が暮れてジグでは厳しい光量になったので、タチウオ狙いのみに切り替えてワインドで底から探ってくる。


おかしい…ウンともスンとも…。



こうなりゃ最後の手段、キビナゴのウキ釣りを投入。


まさかの…ウンとも…。





22時の迎え寸前にスッとウキが走って釣りあげたのは
IMG_5932
おなじみのサバ君…。



大きいので冬場のガシラの胴突き用のエサにはもってこいだが…


君じゃないのよ釣りたいのは…。



結局、この日のアタリはこれ1尾のみ…。


またもや青物迷宮に入り始めた小生…、この週末は急に冷え込むというし水温が下がり始めてるので今のうちになんとか1尾釣っておきたいのだが…。



さてさて、どうなることやら。
先は厳しいボーズ道、ボーズの神髄を極めるのだけは嫌だなぁ…。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ